SUPER JUNIORのシウォンが今度のカムバック活動に参加しないことになった。Label SJは31日、以下のようなコメントを公式に伝えた。 「久々となるSUPER...

ベラ・ソーン(20)が自身のインスタグラムにまたもや過激な写真を投稿しました。 Bella Thorne Instagram白の輪をつけて、タンクトップから黒の見せブラ、デニムのショーパンに白のブーツといういでたちのベラ。 もはや見せブラではなく、あまりにも見えすぎています。...

今年8月にFacebookで妊娠を発表したスウェーデンのマデレーン王女。イギリス人の投資銀行家の夫クリストファー・オニールとの間に、王女と王子をもうけており、第3子の誕生に期待が集まる。妊娠中でも国連の会議から、王室としての国家行事までをこなす王女は、TPOを完璧にマスター! お仕事ファッションから、パーティスタイルまでを網羅したマデレーン王女からスタイリングの極意を学んで。   親しみやすいワークスタイルは抜け感が肝! 大人の魅力がグッと引き立つレースドレスで勝負 スウェーデン王室親子のお仕事ファッション カラーリンクした小物で気品アップ お呼ばれコーデは引き算重視で...

歌手・女優のジェニファー・ロペスと元プロ野球選手のアレックス・ロドリゲスが、一緒に住む家を探しているそうだ。 ジェニファーとアレックスは今年3月に熱愛が明らかに。一緒にレッドカーペットに登場したり、チャリティーを行ったりと交際は真剣な様子である。 そして、ニューヨークの家を売りに出したジェニファーがアレックスとニューヨークで家を探しているとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えた。関係者は「以前、ジェンとアレックスが一緒に仕事をし、ビジネスを行う話がありました。しかし、アレックスは彼女と結婚したいと分かるまで待ちたかったのです」「今、アレックスは彼のビジネスでジェニファーに役割を与える準備ができて、明らかに真剣に結婚を考えています」と語っている。 ジェニファーは先日、インスタグラムにアレックスに抱きつく写真をアップし、「あなたが今日、いっぱい笑っているといいな。あなたは私の心と魂を笑顔にしてくれる。愛してる」と投稿していた。...

「X-メン」シリーズや『007/ゴールデンアイ』で知られるファムケ 写真:SPLASH/アフロ 『X-MEN』シリーズのジーン・グレイ役で知られるオランダ人女優のファムケ・ヤンセン(52)も、典型的なボトックス過剰顔になってしまったようだ。 【写真を見る】驚異の52歳!ボトックス疑惑が浮上したファムケ、最近のカットがこちら 皮膚がんのチャリティイベントに、ワンショルダーの超ミニスカートで出席したファムケは、モデル出身とあってスレンダーなスタイルは健在だ。しかしテカテカの顔は明らかに以前とは違って不自然で、ネットユーザーたちからは「ファムケだとは思ったけど、顔が変わってびっくり」 「ボトックスやフィラー過剰の典型的な顔になってしまった」「アメリカ人女優と違って、ヨーロッパ系の女優は実力勝負であまり顔をいじらないイメージがあったから驚いた」「シェールみたいになってきた」「いくらスタイルがよくても、この顔に超ミニスカは痛々しい」といった声が寄せられている。 ファムケはUsウィークリー誌のインタビューで『X-MEN』シリーズでジーン役をソフィア・ターナー(21)が演じていることについて「私が降板したのではなく、プロデューサーの意向で降板させられた」と男女差別を訴えており「この顔は、52歳というある種中途半端な年齢でハリウッドを生き抜いていくための厳しさを物語っているのかもしれない」。 「ジュリアン・ムーア(56)は例外。ヘレン・ミレンとかメリル・ストリープのように年齢が突き抜けて、かつ実力がないとハリウッドで生きていくのは厳しいから、顔を若く見せようとする気持ちはわからなくもない」といった同情の声も寄せられている。...

ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムにて来年2月4日に開催される『第52回NFLスーパーボウル』のハーフタイムショーに、ジャスティン・ティンバーレイク(36)の出演が正式に決定した。現地時間23日にNFL公式サイトが伝えた。 ジャスティン・ティンバーレイクは、2001年の第35回大会で「イン・シンク」(NSYNC)メンバーとして初パフォーマンスを披露。その3年後、2004年の第38回大会ではジャネット・ジャクソンと共演を果たしていた。 スーパーボウルのハーフタイムショーといえば、アメリカで最高視聴率を誇る音楽イベントだ。この栄えあるイベントにてパフォーマンス中にジャスティンがジャネットの衣装を掴み、胸が露わになってしまったハプニングも有名である。この模様は世界中に生放送され、ジャスティンはかなりのバッシングを浴びたものだ。 そして14年の時を経て、ジャスティンは同じ舞台に立とうとしている。過去の汚名を返上し素晴らしいステージを見せてくれるだろうと、周りの期待は膨らむばかりだ。 超人気ボーイバンド「イン・シンク」の活動を始めたのが14歳。当時は若い女の子を中心に爆発的な支持を受けていた。人気絶頂期にバンドは活動休止したが、ジャスティンはソロに転向後もシンガーや音楽プロデューサー、俳優として新しい道を切り開き、これまでにグラミー賞を10回、エミー賞を4回受賞している。セクシーな歌声やダンスだけでなく、お茶目なコメディアンとしてのセンスも抜群だ。結婚し父親になってからは大人の男の渋さと包容力も加わり、今や老若男女問わず国内外で大人気を誇る世界的エンターテイナーにまで成長した。 子役時代も含めると、およそ四半世紀をショービズ界で過ごしていることになるジャスティン・ティンバーレイク。自身の集大成ともいえるこの大きな舞台で、来年はどんなハーフタイムショーとなるのか、今から彼のステージが待ち遠しい。 ちなみに『ビルボード』誌の調べによれば、今年2月に開催された『第51回NFLスーパーボウル』でのレディー・ガガのステージは全世界の視聴者数がおよそ1億1750万人、3年前のケイティ・ペリーのハーフタイムショーは1億2070万人だったそうだ。米国内での平均視聴率は2010年以降、45~47%という驚異的な数字で、テレビをつけている家庭において昨年の視聴率は70%に上ったとも言われている。...

クリスティーナ・アギレラがナイトクラブ内でピンクをパンチしようとしたことがあったそうだ。クリスティーナ・アギレラがナイトクラブ内でピンクをパンチしようとしたことがあったそうだ。ヒット曲『レディ・マーマレイド』でコラボをしたこともある2人は2000年代に確執が取り沙汰されていたが、ピンクは当時互いに若く、あまりにも違った人間であったことが大きな理由だと語った。 現在38歳のピンクは当時をこう振り返る。「私たちはすごく若かったし、すべてが新しい経験だった。そして私も彼女もお互いに1番という感じだったのよ。私は当時、物理的にけんか、彼女の場合は口で(けんかするタイプ)だった。私たちはとにかくすごく違うタイプなの。それにあの頃は若くて、初めてのことばかりだったわ。人間って学ばなければいけないものでしょ。女性はお互いを支える方法を学ぶ必要がある。それって教わることじゃないから」。 『ウォッチ・ホワット・ハプンズ・ライブ』に出演した際、司会のアンディ・コーエンから2人の口論が暴力に発展しそうになったことはあるかと尋ねられたピンクは「そういえば、クラブで彼女に腕を振り上げられたことがあるわ。おもしろかった!...

ビリー・ジョエル(68)がThe Belfast Telegraphのインタビューで、妻アレクシス(35)が来月、第三子を出産予定であることを公表した。 2人は2009年から交際を始め、2015年にアレクシスの妊娠を機に結婚。当時ビリーが65歳、アレクシスが33歳という年の差婚で、ビリーにとっては4度目の結婚だった。同年8月に誕生した女児はデラ・ローズと名付けられた。ビリーには、2人目の妻クリスティ・ブリンクリーとの間に31歳になる長女アレクサ・レイ・ジョエルがいる。 ビリーはインタビューで「デラ・ローズはとてもいい子だよ。夜通し寝てくれるんだ。次の子もそうであってほしいね」と語っている。...

ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」のアリソン役で人気となったサーシャ・ピーターズ(21)。 Sasha Pieterse...

CELESYでもAmerica’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)については紹介してきたよね。今回は、今シーズンのAGTで活躍した最強girlsをご紹介!...