歌手のデミ・ロヴァートが、現地時間26日にカリフォルニア州サンディエゴで行ったコンサートでフロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件の生存者をステージに招待した。 今月14日にパークランドの高校で銃乱射事件が起き、17人が死亡。全米に大きなショックを与えた。そして、デミは現地時間26日に世界ツアー「Tell...

昨秋、歌手ファーギーとの8年間の結婚生活に終止符を打った俳優ジョシュ・デュアメルが、映画「ベイビー・ドライバー」でブレイクしたメキシコ人女優エイザ・ゴンザレスと交際していることがわかった。 2人は、2月3日に開催されたジェニファー・ロペスのコンサート後のパーティで出会い、デュアメルが共通の友人に連絡して、ゴンザレスの電話番号を手に入れたようだ。米ピープル誌によれば、デュアメルはすでにゴンザレスとの交際を友人たちに報告しているという。 45歳のデュアメルは、ファーギーと5年間交際した後、2009年1月に結婚したが、昨年9月に破局した。2人の間には、4歳の息子アクセル・ジャックがいる。一方、28歳のゴンザレスは、16年に音楽プロデューサー・DJのカルビン・ハリスと、13年に俳優のリアム・ヘムズワースと交際が噂された。 ファーギーは先日、NBAのオールスターゲームで披露したアメリカ国歌斉唱が酷評されたが、デュアメルはテレビ出演した際、「多分、彼女も最高の内容ではなかったことは認めると思う。でも、彼女はすごい才能の持ち主なんだ。本当に素晴らしい女性、人間なんだよ」と擁護。さらに、「自分が大切に思っている人が、こんな風にやり玉に挙げられるのは見ていて辛い。でもこれがビジネスだ。こういう世界で大勢の目に触れる仕事をしていれば、称賛も浴びることもあるし、そうはいかないこともある」と元妻を気づかった。...

レイチェル・マクアダムス(39)が第1子を妊娠していると報じられている。レイチェル・マクアダムス(39)が第1子を妊娠していると報じられている。「E!...

女スパイを演じている新作映画『Red Sparrow( 原題)』のプロモーションでイギリス・ロンドンに滞在していたジェニファー・ローレンス(27)。...

献身的で愛情あふれる夫であり父親となったウィリアム王子だが、以前はバイクに乗るのを趣味としていた。ただ、ジョージ王子が生まれてからは、この趣味は”おあずけ”となってしまった。理由は”妻を恐怖に陥れる”からだとか。しかし、この妻であるキャサリン妃の願いにウィリアム王子は逆らってしまった。去る2月20日、王子はトライアンフ・モーターサイクルの工場を訪れた際、同社の新型タイガー1200を試乗。全身をレザーに身を包んでいたが、妻に気をつかってか、しっかりヘルメットを着用して、安全対策は万全だった。 この未来の国王陛下は、2016年にスーパーバイク世界選手権チャンピオンのジョナサン・レイと会見した際に、この大好きな趣味をやめるに至った理由について話したという。 レイは「バイクの話になったとき、お子様たちのために一旦バイクに乗るのをやめたとおっしゃいました」と語っている。 ウィリアム王子はかつてドゥカティ製のオートバイを持っていたことがあるが、乗っていたのが最後に確認できたのは2011年の結婚式前夜だ。バイクの趣味は弟のハリー王子と共通のもので、両王子は2008年に南アフリカで開催された複数の慈善団体へ募金を集めるチャリティー・バイクレースに参加したこともある。 オートバイの夢はあきらめざるを得なかったウィリアム王子だが、第3子の誕生も控え、その他の公務もあり、やはりバイクどころではないだろう。...

歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、現地時間19日に恋人で歌手のジャスティン・ビーバーの父ジェレミーさんの結婚式に出席したことが分かった。 結婚式をする前のジェレミー・ビーバーさんとチェルシー・レベロさん セレーナとジャスティンは2010年から2012年まで交際し、その後は復縁と破局を繰り返していたが、セレーナが昨年1月に歌手のザ・ウィークエンドと交際をスタート。しかし、セレーナとジャスティンが昨年10月に復縁したと伝えられた。 そして、そんな2人が現地時間19日にジャマイカのモンテゴ・ベイで行われたジャスティンの父ジェレミーさんの結婚式に出席。ゴシップサイト「TMZ」によると、ジャスティンがセレーナを迎えに行くためにテキサスに飛び、その後一緒にジャマイカに行ったとのこと。ゲストは30人ほどで、ジャスティンはスピーチなどはしなかったそうだ。 また、関係者はゴシップサイト「ETオンライン」に「ジャスティンの家族はセレーナに何の恨みもありません」「彼女はジャスティンのお父さんを長年知っていて、彼は彼女をとても可愛がっています」と話している。 セレーナの母はジャスティンとの復縁に「嬉しくない」とコメントしていたが、セレーナはジャスティンの家族とは仲が良いようだ。  ...

エマ・ワトソンがセクハラ被害者の支援基金に約1億5000万円を寄付 (C)AFLO<画像を拡大する> 『ハリー・ポッター』シリーズで知られる英女優のエマ・ワトソンが、セクシャルハラスメントの被害者のために設立された基金に、100万ポンド(約1億5000万円)を寄付した。Daily...

ジェニファー・ローレンス(27)は新作『レッド・スパロー』の撮影でのヌードシーンは全く気にならなかったそうだ。ジェニファー・ローレンス(27)は新作『レッド・スパロー』の撮影でのヌードシーンは全く気にならなかったそうだ。日本で来月20日に公開となる同スリラー作品にて、スパイとして雇われたロシア人バレリーナを演じているジェニファーだが、当初はあるシーンで他のキャストやスタッフの前で裸になるのを躊躇していたことも明かし、『エンターテイメント・トゥナイト』にて同新作を振り返っている。「子供の頃の悪夢が現実になるようなシーンが一つあったの。たくさんの人がいる教室で裸になるっていう悪夢ね。それが現実になったけれど、実際のところそんなに嫌じゃなかったわ。みんなが私に気付かってくれたから、ある時から私の方がみんなを居心地悪くさせ始めたくらいよ。私は『ローブはいらない。暑いし、食事中だから』って言って、みんなは『ジェニファーは服を着るべきだ』という感じだったわ」。 そんな大胆なジェニファーだが、ロシア訛りの話し方には苦労したようで、公開後に批評家や観客がどのように反応するか不安だと続けた。「これまで外国語訛りで演技したことはないの。とても大変で怖かったけれど、うまくいったことを願うわ。映画が公開されるまでアクセントについては話したくない。だって、『私はいろいろやって、とっても簡単だった』なんて言った後で、酷評されるのは嫌だもの」。 また、ジェニファーは撮影が開始される前に4カ月にわたってバレエの練習もしたそうで、「4カ月間の練習前には、自分がバレリーナになるなんて笑っちゃうような考えだったわ。でも今はちょっと腕をうまく動かすことはできるのよ。つま先立ちはできなかったけれど、バレエに必要な精神面や身体的な規律なんかを学ぶことだけでも助けになったわ。動きの練習というより、役作りのためだったから」と話した。...

ジェニファー・アニストン(49)とジャスティン・セロー(46)が約2年半の結婚生活にピリオドを打つことを発表しました。AP通信によると、カップルは昨年末に破局。 「通常であれば、個人的に対処することですが、ゴシップ業界による推測や捏造などを避けることはできないことから、真実を直接伝えたいと思っていました」「私たちに関する出版物は、誰かが作り出した架空の話です。何よりも私たちはお互いに深い尊敬と愛を持ち続けたいと決意しています」と2人の声明が発表されました。 昨年8月、結婚記念日にはジャスティンがジェニファーとのラブラブな2ショットを自身のインスタグラムに投稿するなど順調な結婚生活を送っているように見えた2人。また、昨年末から新年にかけて友人らとメキシコでバカンスを楽しんでいるところをキャッチされています。...

ヘンリー・カヴィルは、『ジャスティス・リーグ』で黒のスーパーマンスーツを着て撮影を行ったとされているが、このシーンは劇場公開された同作品からカットされていた。『ジャスティス・リーグ』は、デジタル版が2月21日に配信開始となり、DVD&ブルーレイは3月21日に発売されるが、『エンターテインメント・ウィークリー』誌が劇場版からバッサリとカットされてしまった1シーンがどんなものだったのか映像を先行公開してくれた。 早速、そのシーンを見てみよう。これは、よみがえったスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)が宇宙船の中でスーパーマンスーツを調達するシーンだ。スーパーマンが船内を歩いて行くと様々なスーツが我々の目に入るが、そこには、DCコミックス・シリーズの『Death...