Lily

スピルバーグ監督のリメイク版「ウエスト・サイド物語」にコリー・ストールらが参加

コリー・ストール スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンを取るリメイク版「ウエスト・サイド物語」に、実力派俳優のコリー・ストールとブライアン・ダーシー・ジェームズの参加が決まったと、米Deadlineが報じている。 アーサー・ローレンツ原作、レナード・バーンスタイン作曲、スティーブン・ソンドハイム作曲の「ウエスト・サイド物語」は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたミュージカル劇で、1957年に米ブロードウェイで初演され大ヒットを記録。61年にロバート・ワイズ監督が映画化し、第34回アカデミー賞において作品賞を含む全10部門を制している。スピルバーグ監督によるリメイク版の主人公トニー役には、「ベイビー・ドライバー」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、ヒロインのマリア役には新人のレイチェル・セグラーが抜擢されている。 このたび、ニューヨーク市警のシュランク警部補役にコリー・ストール、クラプキ巡査役にブライアン・ダーシー・ジェームズが決定した。二人は非行少年の抗争に悩まされているウエスト・サイド署の警察官という設定だ。 Netflixのオリジナルドラマ「ハイス・オブ・カード 野望の階段」のピーター・ルッソ役でブレイクしたコリー・ストールは、テレビドラマ「ストレイン」の主役を務めたほか、「フライト・ゲーム」「アントマン」「カフェ・ソサエティ」など多彩な作品で活躍。最近は、「ファースト・マン」で、バズ・オルドリン役を演じている。 ブライアン・ダーシー・ジェームズはトニー賞3冠に輝く舞台俳優で、数々の舞台劇に出演する傍ら、「スポットライト 世紀のスクープ」や「モリーズ・ゲーム」などの映画作品に出演している。

『移動都市/モータル・エンジン』へスターとトムの新たな冒険が始まる本編映像解禁!

イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。 たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。 残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す―。 『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。 この度、へスターの素顔とヴァレンタインの正体を知ってしまったトムが、ヴァレンタインによってロンドンの外へ放り出されてしまう本編映像が到着致しました! 今回到着したのは、主人公ヘスター(ヘラ・ヒルマー)が、長年の復讐相手であるヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)に暗殺を試みるものの、ヴァレンタインを慕う青年トム(ロバート・シーアン)に邪魔され追われるワンシーン。 ロンドンから逃げ出すためにダストシュートに飛び込もうとするヘスターだが、トムに腕を掴まれた反動で、赤いマフラーで隠れていた顔の傷があらわに!驚くトムに対し、ヘスターは「見なよ!奴(ヴァレンタイン)は母さんを殺した!」と言い放ち、ダストシュートの底へと落ちて行く。信じがたい言葉に混乱状態のトムは、追いついたヴァレンタインにヘスターから衝撃的なことを伝えられたと打ち明けてみるも、その表情に違和感をみせるヴァレンタイン。嫌な予感を察し「もう行かないと…」とその場を去ろうとするトムだが、なんとヴァレンタインは「ああ、行きたまえ」と冷たい眼差しを見せながら、背面の手すりを蹴り破り、へスターが消えていったダストシュートへとトムを突き落としたのだった!果たして、ヘスターとサディアスの過去に一体何があったのか…?母を殺された復讐心だけを胸に生きるヘスターと、サディアスの裏の顔を知ってしまった事でロンドンから追放されたトムたちはどうなるのか!?

レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット、プライベートでの違い

レオナルド・ディカプリオ(44)とブラッド・ピット(55)が出演する映画『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』のポスターがレオのSNSで公開されました。 Leonardo DiCaprio Instagram レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット出演作『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』のポスター。

ロメオ・ベッカム、ミリー・ボビー・ブラウンと交際中!?

セレブ界で注目を集めるベッカムファミリー。長男ブルックリン・ベッカムとモデルのハンナ・クロスとの交際が話題になる中、弟のロメオ・ベッカムにも恋人ができたと報じられている。 ロメオ・ベッカム(Romeo Beckham) デヴィッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカムの愛息子でモデルとしてデビュー済みのロメオ・ベッカム。女優のミリー・ボビー・ブラウンとの交際報道が浮上している。ちなみにロメオは現在16歳、ミリーは15歳。 新聞「デイリーメール」によると2人が出会ったのは2016年12月に開催されたユニセフの70周年記念ガラ。ミリーはロメオの父デヴィッド・ベッカムに賞を手渡すプレゼンターを務めていた。このガラで友達になったというミリーとロメオ。ミリーは当時からロメオのファンで、レッドカーペットでレポーターに彼女が当時出演していたドラマ「ストレンジャー・シングス」について「あなたの演じるイレブンはこれからどんな運命をたどると思う?」と聞かれると「わからない。ロメオ・ベッカムと何かが起きるかも」と答えていたことも発掘されている。 ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)、デヴィッド・ベッカム(David...

カンバーバッチ激変で話題!「ブレグジット EU離脱」無料放送が決定

ベネディクト・カンバーバッチが「離脱派」を指揮したドミニク・カミングスに - (c) Nick WallChannel 4House Productions 「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズのベネディクト・カンバーバッチの変貌ぶりでも話題になったドラマ「ブレグジット EU離脱」が、BS10スターチャンネルで3月31日夜9時より無料放送されることが決まった。 「ブレグジット EU離脱」は今年1月に本国イギリスで放送された話題作で、今回が日本初放送。現在、イギリスはブレグジットをめぐってもめにもめているが、本作が描いたのは、一連の騒動の発端となったEU離脱の是非を問う2016年の国民投票、その背後で繰り広げられていた「離脱派」と「残留派」のせめぎ合いだ。カンバーバッチが演じたのは「離脱派」の投票キャンペーンを指揮した選挙参謀ドミニク・カミングスで、彼がいかにして国民投票を攻略したのか、その驚くべき真相が明かされる。 そのほかの出演は、『007』シリーズのロリー・キニアなど。「SHERLOCK(シャーロック)」シーズン2第3エピソードなどでメガホンを取ったトビー・ヘインズが監督を務めた。(編集部・市川遥)

エヴァ・グリーン、女性版ジェームズ・ボンド案に反対。

エヴァ・グリーンはジェームズ・ボンドがこれからも男性であるべきだと考えているようだ。 エヴァ・グリーン。 エヴァ・グリーンはジェームズ・ボンドがこれからも男性であるべきだと考えているようだ。2006年作『007 カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァは、ダニエル・クレイグがボンド役を引退した後も、男性が後任を務めるべきだとの見解を見せている。 コレット役を演じる新作『ダンボ』が今月29日から日本公開となるエヴァはヴァラエティ誌とのインタビューでこう話す。「私は女性支持派よ。でもジェームズ・ボンドは男性のままが良いと心から思ってる。彼が女性になったら意味がないもの」「女性は色々なタイプのキャラクターを演じられるわ。アクション映画でも、スーパーヒーローでもなんでもね。でもジェームズ・ボンドは常に男性であるべきで、ジェーン・ボンドになるべきじゃない」「このキャラクターの持つ歴史は受け継がれるべきだもの」 その一方で先日ドミニク・ウェストは、トランスジェンダーとしてイギリス軍隊最高階級を持つハンナ・グラフが次期ボンドになるべきだと話していた。

『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、またスゴイことに

映画『Escape from Pretoria!(原題)』を撮影中のダニエル・ラドクリフ(29)。 ダニエル・ラドクリフ。 オーストラリア・アデレードで撮影中のところをパパラッチされたダニエルはぴったりめのシャツに中途ハンパな挑発、そしてぱっちりした目が細ーくなっています。 映画の舞台は1970年代の南アフリカ共和国。反アパルトヘイト作戦に関与したために1978年に投獄された2人の白人政治囚 が描かれている、実話に基づいたストーリーだそう。役作りとはいえ、もはや別人レベルの変貌を遂げています。 https://www.instagram.com/p/Bu-acJUA8X2/?utm_source=ig_embed 昨年3月、俳優ビリー・クラダップがオフブロードウェイで行っていた舞台『Harry Clarke』のバックステージを訪れたダニエルは顔色が悪く、げっそりとしていたことから「大丈夫なのか!?」とネット上で話題に。

ジョージ・クルーニーとアマル・クルーニー、チャールズ皇太子の晩餐会に出席

ヘンリー王子とメーガン妃の結婚式に出席、2人の親友として知られるジョージ・クルーニーとアマル・クルーニー。チャールズ皇太子ともお近づきになっているもよう。 アマル・クルーニー(Amal Clooney)、ジョージ・クルーニー(George Clooney)、チャールズ皇太子(Prince Charles) 3月12日(火)にバッキンガム宮殿を訪れたジョージ・クルーニーとアマル・クルーニー。チャールズ皇太子のチャリティ組織「プリンスズトラスト」のための晩餐会に出席した。この組織はオーストラリアやバルバドス、カナダ、ギリシャ、インドなどの若者をサポートしている。晩餐会には寄付者や支援者たちが集まり、会場には多くのセレブの姿が! ベネディクト・カンバーバッチやキウェテル・イジョフォー、ルーク・エヴァンス、ジョシュ・ハートネットとタムシン・エガートン夫妻も出席していた。 キウェテル・イジョホー(Chiwetel Ejiofor)、ルーク・エヴァンス(Luke Evans)、タムシン・エガートン(Tamsin Egerton)、ジョシュ・ハートネット(Josh Hartnett)、ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict...