Lily

カート・コバーン50回目の誕生日に娘フランシスが手紙

カート・コバーンと娘のフランシス・ビーン・コバーン 写真: Rex Features/AFLO 2月20日はニルヴァーナの故カート・コバーンの誕生日。一人娘のフランシス・ビーン・コバーンが、亡き父へ宛てた手書きのメッセージをSNSに投稿した。 「今日は50回目の誕生日になるはずだったね。あなたは愛され、恋しがられている。私に命の贈り物をありがとう。永遠にあなたの娘、フランシス・ビーン・コバーン」 カート・コバーンは1967年2月20日にワシントン州アバディーンで生まれた。1987年にニルヴァーナを結成、91年に先行シングル「Smells Like Teen Spirit」とアルバム「Nevermind」のヒットでオルタナティヴ・ロックの一大ムーブメントを巻き起こした。メジャーシーンを牽引していく立場となり、全世界の若者から熱狂的な支持を集める一方で、カートのドラッグとアルコールへの依存が加速。1994年の4月5日に27歳で命を絶った。 死の1カ月前、カートはドラッグとアルコールの過剰摂取で病院へ運ばれ、リハビリ施設に入所。退院のわずか数日後に頭をショットガンで打ち抜いた。発見されたとき、彼の手首には施設のリストバンドが巻かれたままだった。 その当時、フランシスはわずか2歳。遺書には、妻であるコートニー・ラヴに「フランシスを頼む。俺がいなくなれば、あの子の人生はずっとよくなる」とあった。

ケンダル・ジェンナーのオフィシャルアプリ、『KENDALL』特集

ハリウッドのお騒がせセレブといえば、カーダシアン家! 彼女たちはただのセレブではなく、数々のビジネスでも成功していることは有名だよね! カーダシアン家の姉妹たち(キム、クロエ、コートニー、ケンダル、カイリー)はそれぞれセルフブランドをプロデュースしたりゲームアプリを開発したり。 そして姉妹たちはそれぞれに自分のアプリを持っているけれど、今回はその中でも、CELESY女子にオススメのケンダルのアプリを紹介するよ! ケンダルのアプリ、KENDALLは2015年の9月に配信され始めたよ!iPhoneでもAndroidでもダウンロード可能。 キムやカイリーと比べてPRをあまりしないケンダルのアプリのダウンロード数は少なめだけれど、実は姉妹たちのアプリに負けず劣らず内容がとても充実。 https://www.instagram.com/p/BMU07U1hVJ7/ アプリには ・LIFE ・MODEL ・STYLE ・TRAVEL の4つのコンテンツがあって、それぞれの中で様々なケンダルの世界観を覗くことができるよ! また、月$2.99(=約115円)で購読して会員になれば、より深くケンダルについて知ることができるからオススメ! もちろん有料会員でなくても、ケンダルの私生活についての短い日記や、ハマっている音楽、もちろん参考になるファッションのアドバイスやケンダル自身が実践している美容のための習慣などケンダルについて深く知ることができるような内容になっているよ! また、ケンダルが広告のモデルとなった時のシューティング映像や舞台裏、その他キャンペーンについての情報もいち早く配信されるからファンは必見のアプリ♡ みんなも気になったら今すぐダウンロードしてみよう♡ https://www.instagram.com/p/ro412trH4i/ 写真:Instagram & We Heart It

運転免許取得試験に落ちたセレブ

Netflixが、2017年独占配信予定のNetflixオリジナル映画『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』。世界配信に先駆け、現地時間2月18日、カンボジアのシェムリアップにあるアンコールワット寺院址にある“象のテラス”でプレミア上映が行われ、監督/製作を務めたアンジェリーナ・ジョリーが登場しました。 このイベントには、アンジェリーナ・ジョリー,に加えてロウン・ウン(原作者)、リティ・パニュ(プロデューサー)、ノロドム・シハモニ(国王)、ノロドム・モニニヤット・シハヌーク(国王の母親)が出席し、カンボジアにとっては国家を代表する特別なイベントとなりました。 象のテラスはカンボジアにある廃墟となった寺院複合体であるアンコール・トムの城壁を巡らした都の一部であり、アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世により12世紀末に築かれ、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われた遺跡です。 本作は多くの国民が虐殺などで死に追いやられたポル・ポト政権下の体験をつづった同名の本が原作。圧制下で生きるカンボジアの人々の愛やたくましさを描いており、アンジェリーナが2002年にカンボジアの孤児院から養子として迎えた長男マドックス(15)がプロダクションに関わっていることでも注目を浴びています。 プレミアには、15歳の長男マドックス、13歳のパックス、11歳のザハラ、10歳のシャイロ、8歳のノックスとヴィヴィアンというアンジェリーナの6人の子どもたちが揃ってレッドカーペットに登場。大きな喝采を浴びました。 アンジェリーナは本作について「この映画は、私のカンボジアへの感謝を表したものです。カンボジアがなければ私は母親になることもなかったでしょう。私の心の一部はいつでもこの国にありました。息子マドックスの両親が経験したかもしれないことを理解したいと思っていました。息子とこの国のことをもっと知りたかったからです」と感激した面持ちで語りました。 また彼女は本作を制作、監督するにあたってNetflixと組んだことについて「このような映画は向き合うことが難しく、思わず目を背けてしまいがちですが、観ることは非常に重要なのです。実際の製作も困難を極めます。これらを可能にするのがNetflixでした。彼らとの提携を通して本作を製作できること、また、彼らを通じて多くの視聴者に届けられることを大変楽しみにしています」と語っています。 Netflixオリジナル映画『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』 2017年独占配信予定

実写版『美女と野獣』、ルーク・エヴァンス演じる悪役ガストンらが「強いぞ、ガストン」を熱唱!【動画】

ディズニーアニメ不朽の名作『美女と野獣』の実写版から、新しい映像が公開された。ルーク・エヴァンスとジョッシュ・ギャッドが、本作品の中でも有名な曲を高らかに歌い上げる場面の映像はほんの短いものだが、映画が公開されたあかつきには観客を楽しませること間違いなしだろう。 https://www.youtube.com/watch?v=XCOVkjPoBqM 去る2月14日に米情報番組『グッドモーニング・アメリカ』の中で披露されたこの映像は、エヴァンス演じる自惚れ屋で傲慢な悪役ガストンと、ギャッドが扮する間抜けな子分ル・フウが、ガストンに媚びへつらいながらビールをあおる飲み客に囲まれて、男の中の男ガストンの賛歌を歌う酒場のシーン。20秒に満たない短いものだが、表情豊かなギャッドとエヴァンスのさりげなく自慢げな歌声から察するに、オリジナルのアニメに引けを取らない楽しい曲に仕上がっているようだ。 https://twitter.com/AlexisLoizon/status/831545789235208192 アレクシス・ロイゾン(Stanley役) 最高のガストンとその仲間たち 「Entertainment Weekly(EW)」は2015年に撮影現場でインタビュー行っているが、エヴァンスによると、新バージョンの「強いぞ、ガストン」には1991年のオリジナルではカットされた歌詞をいくつか復活させたそうである。同作の作詞家、故ハワード・アシュマンによるオリジナルの歌詞によって、今作の「強いぞ、ガストン」はエヴァンスが「EW」に語ったところによると「本当に本当に特別」なのだそうだ。 全編通してこの歌を聞けるまでは、もう少しの辛抱だ。実写版『美女と野獣』は米国では3月17日、日本では4月21日に公開となる。 ■参照リンク http://www.moviefone.com/

セレーナ・ゴメス、恋人ザ・ウィークエンドの誕生日会に340万円以上支払う

ザ・ウィークエンドと交際中のセレーナ・ゴメス 歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、恋人で歌手のザ・ウィークエンドの27歳の誕生日会に3万ドル(約342万円)を支払ったことが分かった。 先月から交際しているセレーナとザ・ウィークエンド。現地時間13日にゲームセンターやバーが融合したエンターテインメントレストラン「Dave & Buster’s」でザ・ウィークエンドの誕生日パーティーが行われたとゴシップサイト「TMZ」は伝えた。フレンチ・モンタナ、2チェインズ、ビッグ・ショーン、トラヴィス・スコット、ミーゴス、ブライソン・ティラーら豪華な友人が参加したという。セレーナはニューヨーク・ファッション・ウィークのために参加できなかったようだが、およそ3万ドルの支払いはセレーナのクレジットカードで支払われたそうだ。 ザ・ウィークエンドはとてもたのしんだようで、「Dave & Buster’s」でのパーティーの写真を複数インスタグラムにアップしている。 ザ・ウィークエンドの誕生日は16日で、当日はセレーナと一緒に過ごすのか気になるところだ。 文:馬場 かんな

トム・クルーズの母、80歳で死去 – 俳優になる夢を後押し

俳優トム・クルーズ(54)の母メアリー・リー・サウスさんが80歳で死去した。 葬儀は先週末、メアリーさんの暮らしていた地域にあるサイエントロジーの教会で行われたとピープル誌が報じている。葬儀にはトムをはじめ姉妹のリー・アン・デヴェッテ(57)、キャス・マポーザー(55)、マリアン・ヘンリー(52)、そして親しい友人や親族らが参列していたという。 メアリーさんは1974年にトムの実父トーマス・クルーズ・マポーザー3世と離婚し、トムが16歳であった1978年にジョン・"ジャック"・サウスさんと再婚した。 メアリーさんは以前、トムが高校時代にミュージカル『ガイズ&ドールズ』を演じた後、演劇に対する情熱をメアリーさんとジョンさんに語ったことから、俳優になる夢を応援したと語っていたことがあった。「その演劇の後、トムは家に帰ってきて私、そして夫と話がしたいと言い出したの」「そして私たちにショービジネス業界にチャレンジする時間を10年間くださいと言ってきたのよ」「トムは『僕が本当にやりたいことだって感じるんだ』って言ったの」「だから私たちは心の底から応援することにしたわ。神様から与えられた才能だと感じていたし、彼が夢中になることをやってみるべきだと思ったからね」「簡潔に話すと、私たちが応援したあとはみなさんのご存じの通りよ」 その後、メアリーさんとジョンさんは2012年に離婚し、ジョンさんは2015年に慢性閉塞性肺疾患でこの世を去っている。 また、ある関係者はトムとメアリーさんがとても親しい関係を築いていると以前明かしていたことがあった。「トムとメアリーさんはとても親しい関係ですよ。彼の人生の中でメアリーさんは大切な存在ですからね」

アデルがグラミー賞で5冠、主要3部門受賞。

12日(現地時間)に開催された第59回グラミー賞でアデルが主要3部門受賞を含む5冠を達成した。 12日(現地時間)に開催された第59回グラミー賞でアデルが主要3部門受賞を含む5冠を達成した。年間最優秀アルバム賞、年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞の主要3部門をはじめ、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞、最優秀ポップ・ボーカル・アルバムを獲得した。 とはいえ、年間最優秀アルバム賞においては、ビヨンセのビジュアルLP『レモネード』が受賞すると思っていため、アデルは自身に受賞する資格があるような気がせず、受賞スピーチで自身のアイドル、ビヨンセを絶賛した。 ロサンゼルスのステイプルズ・センターの壇上で涙しながら、アデルは「この賞を受け取ることはもしかしたらできないかもしれないです」「本当に光栄ですし、感謝していますが、私の生涯のアーティストはビヨンセであり、このアルバム、『レモネード』が私にとっては非常に大きなものなのです」「本当に途方もないほど素晴らしく、よく考えられていて、美しくて、ソウルが表現されています。あなたが私たちにいつも見せない部分をみせてくれ、それに感謝します。アーティスト全員があなたのことを敬愛しています。あなたは私たちの光です」と絶賛し、観客席にいたビヨンセは目に涙を浮かべながらその言葉を受けていた。 さらに、この受賞後にアデルは舞台裏で、「私の中の何かが死んだわ。今回はビヨンセが勝つ番だった気がするの。年間最優秀アルバム賞をとるために、彼女はいったい何をすればいいっていうの?」と話したという。 また、アデルは故ジョージ・マイケルの追悼パフォーマンスをした際には、再び気持ちが高ぶり、一旦パフォーマンスをスタートさせるもやり直しする場面があった。 一方、生前グラミー賞受賞を一度も達成したことがなかったデヴィッド・ボウイは今回、ノミネートされた全部門受賞という快挙を成し、アデルと同様5冠に輝いた。最優秀ロック・ソング、最優秀ロック・パフォーマンス、最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム、最優秀レコーディング・パッケージ、最優秀エンジニアド・アルバム(ノン・クラシカル)を受賞した。ボウイの息子ダンカン・ジョーンズがツイッターで「父さんを誇りに思う!永遠に父さんを称えてくれることになるね。グラミー2017」と喜びを伝えた。 そのほか、チャンス・ザ・ラッパーが最優秀新人賞、『カラリング・ブック』で最優秀ラップ・アルバム賞を受賞し、ビヨンセは『レモネード』で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞、『フォーメーション』で最優秀ミュージック・ビデオ賞を獲得し、2冠にとどまった。

63歳のスーパーモデル、娘と水着姿でSI誌の表紙を飾る

クリスティ・ブリンクリーのInstagramより @christiebrinkley 70〜90年代にPLAYBOYなど数々の雑誌でモデルを務めたクリスティ・ブリンクリー(63)が、2人の娘たちと共に米国最大のスポーツマガジン「スポーツ・イラストレイテッド(SI」)誌の2017年版水着特集号の表紙を飾ることがわかった。 ブリンクリーは1979年から81年の3年連続で水着特集号のカバーに起用され、SI誌のアイコンとしての地位を確立した。それまで編集部が同じモデルを2年続けて表紙に登場させた例はなく、それほどまでに彼女の人気は凄まじいものだった。 それから36年。彼女は2人目の夫ビリー・ジョエルとの間に生まれたアレクサ・レイ・ジョエル(31)、4人目の夫ピーター・クックの間に生まれたセイラー・ブリンクリー・クック(18)と共にSI誌に戻ってきた。 63歳とはとても思えない見事なボディラインを披露したブリンクリーは、撮影中に感涙を落としながら「私にとってもこんなに最高なことはない。本当に感慨深いわ。何年も前、私はまだ少女で、この雑誌に十分相応しい仕事ができるか不安でたまらなかった。そして今、同じようなことを思っている娘たちを目の前にして、私はあの時本当に素晴らしい体験をしていたんだと思い知ったわ」と感極まった様子で語ったという。 SI誌の水着特集号は毎号爆発的に売れる一方で、議論も巻き起こしてきた。昨年は3パターンの表紙が用意され、その内の一つにはSI誌史上初めてとなるプラスサイズモデルのアシュレイ・グラハムが起用された。豊満なボディを健康的だと好意的に受け止める声も多かったが、表紙モデルは細身であるべきだとの批判も噴出した。 編集部から「あなたと2人の娘を撮影したい」と電話が来たときは自分の耳が信じられなかったというブリンクリー。PEOPLE誌のインタビューでは、やはりネットの炎上を危惧したと語る。「私の年で? とんでもない! 30歳になったときに『これで水着を着てポーズを取るのは最後だわ』って思った。この号が出るとき、私は63歳になってるのよ。でも、若い時代は終わったけど、娘たちと一緒に仕事ができるこのチャンスを逃しちゃいけない、とも思った。最後にやっちゃえ!ってね」と決意した経緯を振り返った。