You Are Browsing ‘有名人’ Category

ブラッド・ピット(55)がシャーリーズ・セロン(43)と交際していると報じられている。ブラッド・ピット、シャーリーズ・セロン。ブラッド・ピット(55)がシャーリーズ・セロン(43)と交際していると報じられている。2人は、シャーリーズの元婚約者ショーン・ペンを介して知り合って以来、1ヵ月ほど付き合っているという。関係者は日曜版『ザ・サン』紙にこう語っている。「2人ここ1カ月くらいカジュアルに付き合っていますね。皮肉にもショーンを介して友人になったそうなんですが、いつの間にか交際に発展していました」また、ブラッドにとって元妻アンジェリーナ・ジョリーとの破局以来初めての交際相手となるシャーリーズとは先日、ロサンゼルスで開かれた上映会に出席後、デートを楽しんでいたそうで、「ブラッドはシャトーに来て、服を着替え、シャーリーがいるバーに来ました。彼女はウォッカのカクテルを飲んでいましたが、彼はミネラルウォーターでした。2人はイチャイチャした様子で、彼が腕を彼女の背中に回りしたりしていました。彼女にウィンクをしたりもしていました。ブラッドは気分が良さそうに見えましたし、2人とも本当に幸せそうでした」と前述の関係者は話している。一方でブラッドに近しい関係者は以前、今後また有名人と交際することは考え難いとし、目立たないような交際を望んでいるとコメントしていた。「ブラッドがまた有名人と付き合うとは思えません。もう少し目立たない相手と付き合うことは十分にあり得ますけどね。ブラッドは伝統を重んじる家庭の出身です。ご両親とも親しく、弟も妹も結婚して子供もいます。再婚する可能性は十分にあると思いますが、もっと目立たない相手ととなるでしょうね」...

日本でも大ヒットした映画『ジュラシック・ワールド』シリーズなどで大ブレークした俳優クリス・プラット(39)。ハリウッドの絶好調男といわれるプラットだが、ここ最近は共演女優との浮気報道や、おしどり夫婦といわれた妻との破局など、私生活はあまり絶好調とはいえない状態だった。そんなクリスにも、とうとう春が到来したようだ。昨年6月から交際を報じられていたシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの美人娘キャサリン・シュワルツェネッガーにプロポーズし、婚約したことをインスタグラムで報告した。クリス・プラットとキャサリン・シュワルツェネッガークリスはインスタグラムに婚約指輪をはめたキャサリンとのツーショット写真を投稿し、こう綴っている「愛しのキャサリン、君がイエスと言ってくれてとても幸せだ!」「君と結婚できることに感激しているよ。信念を持って果敢に君と生きていけることを誇りに思う。さあ、行くぞ!」と綴った。映画『ターミネーター』シリーズなどで知られるハリウッドの大物俳優であり、元カリフォルニア州知事でもあるアーノルドを父に持ち、名門ケネディ家出身でジャーナリストのマリア・シュライバーを母に持つキャサリン。恐竜使いの人気俳優クリスと「シュワちゃんの超美人娘」と評判のキャサリンが、交際宣言したのは昨年12月だった。キャサリン・シュワルツェネッガー関係者は最近、クリスとキャサリンについてこう話していた。「彼女はとても興奮しています。一緒にいて2人はとても幸せそうです。とても相性が良いですし、たくさん共通点があります」交際発覚から1年もたたないうちにスピード婚約した2人。今年の夏を視野に結婚式の計画をすでに進めていると言われている。◆昨年11月に離婚したばかりのクリス。前妻の反応は…いまでは婚約者キャサリンにぞっこんのクリスだが、実のところ、2017年夏に破局した前妻アンナ・ファリスとの間で、正式に離婚が成立したのは昨年11月。正式な離婚から3か月もたたないうちに次の相手と婚約するとは、ずいぶん進展が早いな…という印象だが、前妻のアンナは全くといっていいほど気にしていないようだ。実際、クリスとキャサリンとの婚約についてアンナは「私もとてもうれしく思います」とコメント。アンナファリスしかも、クリス本人からメールでプロポーズの報告を受け「なんてすばらしいの!」と返信したとか…。ちなみに、アンナ自身も、カメラマンであるマイケル・バレットと交際していることを認めており、すでに新たな幸せをつかんでいるようだ。元夫妻がいまだに良好な関係を築けているのは、6歳の息子ジャック君の存在だろう。アンナは過去に、ジャック君のために、破局してからもお互いに支え合っていることを明かしている。「クリスと私は本当に努力してる。ジャックがいるから。ジャックが本当に幸せなら、私たちも幸せなのよ。ちょっと恵まれているよね」クリス・プラット共同親権を持つ元夫妻は離婚の際、互いに仕事のスケジュールを調整し、育児で協力しあうこと。また、ジャック君が日本でいう小学6年生になるまでは、お互いの家から「約8キロ」以上離れて暮れて暮らさないことで合意している。婚約後、ロサンゼルス西部で一緒に暮らし始めていることが伝えられているクリスとキャサリンだが、この離婚協定があるため、現在アンナもロサンゼルス西部に住まいを移したと思われている。離婚後も良好な関係を築き、互いに近距離に住むなんて「ありえない」という声も聞こえてきそうだが…。ただ、セレブの中には、離婚後も協力して子育てをする元カップルも多い。女優デミ・ムーアと俳優ブルース・ウィリスの大物カップルも、離婚後も子育てで協力しあい、家族ぐるみでつきあいを続けていることで知られている。...

エミリー・ブラントは映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(18)でのお風呂に飛び込むシーンをCG技術なしで撮影したそうだ。エミリー・ブラント。エミリー・ブラントは映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(18)でのお風呂に飛び込むシーンをCG技術なしで撮影したそうだ。ディズニー社が公開した舞台裏の映像で、日本でも2月1日(金)から公開が始まる同作の予告編にも登場している泡ぶろにエミリー演じるメリー・ポピンズが後ろ向きで飛び込むシーンが画像加工処理によるものではなかったことが明かされた。底がないバスタブの下に待ち構えていたスタッフたちに受け止められるという手法で撮影したというそのシーンについて、「あんなことをするにはよほどの勇気が必要だ」という声も挙げられている。そんな現場の様子について、エミリーは以前「実質的なセットを作る」ことが重要だったと話していた。「関係者は皆、自分たちで触れることのできる実質的なセットを出来るだけ作ろうと心に決めてた。だからあのお風呂もそうだったの。子供たちは最高だと思ったみたいだけど、お風呂の底に穴をあけて、ステージの下につながる滑り台を付けたわけ」その印象的なシーンをジョン、アナベル、ジョージーというバンクス家の子供たちを演じる子役と撮影したエミリーは「でもけっこうな高さがあった。かなり急でスピードが出た。しかも泡風呂になってた。子供たちは20回くらいやったけど、私は2回」と説明した。エミリーはそんなメリー・ポピンズ役をまた演じる可能性がありそうだ。先日、ロブ・マーシャル監督は、P.L.トラヴァースの小説を原作とした同シリーズの更なる続編を作る可能性についてこう話していた。「まだ口にするのは早いけど、原作本は8冊もあるわけだから、まだ素晴らしい話はたくさんあるということは言える。P.L.トラヴァースの素晴らしい8作品から僕らは作り出したわけだからね」原作小説がシリーズ化していることから、「スター・ウォーズ」や「007」シリーズほどの長寿作品になる可能性もあるとして「素晴らしいキャラクターとストーリーがあれば、やらない理由はないよね?」とマーシャルは続け、プロデューサーのジョン・デルーカも「エミリーはその話をするとパッと顔が明るくなるんだ。だから世間が求めれば、実現するだろうね」と続けた。...

セレーナ・ゴメスは心の健康のために休みを取っていた間、テイラー・スウィフトから多大な支援と愛情を受けていたようだ。セレーナ・ゴメス、テイラー・スウィフト。Photo: Kevin Mazur/Getty Images for iHeartRadio / Turnerセレーナ・ゴメスは心の健康のために休みを取っていた間、テイラー・スウィフトから多大な支援と愛情を受けていたようだ。持病である全身性エリテマトーデスや腎臓移植による症状が理由での度重なる入院を経て、ノイローゼ気味になったことで、昨年10月に治療施設に入っていたセレーナは、現在心身ともにとても良好な状態にあると言われているが、そこにたどり着くまでにはテイラーが大きな支えになっていたという。関係者は『E!...

2003年のヒット作『ロスト・イン・トランスレーション』。監督のソフィア・コッポラとビル・マーレイが再びタッグを組むことが明らかに!スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)、ビル・マーレイ(Bill Murray)、ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)ソフィア・コッポラがアカデミー賞脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞を受賞、ビル・マーレイがゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した『ロスト・イン・トランスレーション』。スカーレット・ヨハンソンもゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート、英国アカデミー賞主演女優賞を受賞した。そのソフィアとマーレイが新作『On...

アリアナ・グランデ(14年1月撮影)日本好きで知られる米歌手アリアナ・グランデ(25)が、「ずっと入れたかったの」と言うコメントと共に新たに腕に彫った日本発の人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターのタトゥーをインスタグラムで公開した。ポケモンの大ファンとして知られるグランデは中でも一番好きなキャラクターと言われる「イーブイ」のタトゥーを入れたことを報告すると共に、ニンテンドースイッチで15時間連続でポケモンゲームを楽しんだことを明かした。昨年末にはひらがなで「うたいましょう」と文字を腕に入れたグランデは、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主人千尋のタトゥーも入れており、すでに全身に20個を超えるタトゥーがあると言われている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)...

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が日本で大ヒット中とは知っていましたが、2019年の第1週目に海外興行収入第1位になったとか。そこで、ヴォーグ編集部の若手の間で意外と知られていない(!)カナダ人俳優のマイク・マイヤーズと「ボヘミアン・ラプソディ」にまつわるトピックスを、あえてピックアップしてみました。もう一回観るときにチェックしてみてください。ゴールデン・グローブ賞では受賞者たちと壇上に。(右から)マイク・マイヤーズ、プロデューサーのグレアム・キング、主演俳優のラミ・マレック、クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラー、そしてプロデューサーのジム・ビーチ。Photo:...

お似合い! – PG / Bauer-Griffin / GC Images / Getty Images映画『ボヘミアン・ラプソディ』で共演し、私生活でも交際中のラミ・マレックとルーシー・ボーイントンの2ショット現場がキャッチされた。同作でクイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーと、彼が愛した女性メアリーを演じたラミとルーシー。現地時間8日、米ロサンゼルスで仲良く歩く姿をパパラッチされた二人は、ラミがルーシーの肩や腰に手を回すなどラブラブな様子。共にモノトーンコーデでスタイリッシュに決めており、お似合いのカップルだ。二人の交際が報じられたのは昨年4月。つい先日、ラミはパームスプリングス国際映画祭の受賞スピーチで、ルーシーに対して「キミは僕の味方であり、親友であり、愛する人だ」と感謝し、交際を認めていた。(編集部・中山雄一朗)...

1月25日(金)より全国ロードショーされる映画『サスペリア』。出演するティルダ・スウィントンが1人3役を演じていることが明らかになりました!サスペリア本作の舞台は1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”。夢と希望を胸にアメリカからやってきた新人ダンサーのスージー・バニヨンは、カリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、直々のレッスンを続けるなか、周りでは不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げます。ティルダ・スウィントン演じるのは、マダム・ブラン、クレンペラー博士を含む計3役。1役目のマダム・ブランは、ダンサーたちから絶大な信頼を寄せられる舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」をけん引するカリスマ振付師・指導者である一方、舞踊団の長老たちとともに禁断の秘密を抱えている役どころ。そして2役目は、ルッツ・エバースドルフ名義で本編クレジットされている82歳の男性・心理療法士クレンペラ―博士。患者である、失踪した舞踊団の主要ダンサーの一人・パトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)の行方を捜すうちに、舞踊団の闇に近づいていきます。特殊メイクによって年齢・性別を超え、妻と生き別れになり心に大きな悩みを抱える難役を見事演じ切っています。そして最後、彼女が演じているという3役目は、その予想だにしない衝撃の怪演に息をのむこと必至!その変貌ぶりは劇場にてその目で確かめて!...

多くの人が一度は手に取ったことのあるバービー人形。彼女を主人公にした実写版が作られるというニュースが2016年に報じられ注目を集めたのを覚えている人も多いはず。ついにその主役が決定、マーゴット・ロビーがバービーを演じることが明らかに!マーゴット・ロビー(Margot...