Home 映画

映画

スピルバーグ監督のリメイク版「ウエスト・サイド物語」にコリー・ストールらが参加

コリー・ストール スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンを取るリメイク版「ウエスト・サイド物語」に、実力派俳優のコリー・ストールとブライアン・ダーシー・ジェームズの参加が決まったと、米Deadlineが報じている。 アーサー・ローレンツ原作、レナード・バーンスタイン作曲、スティーブン・ソンドハイム作曲の「ウエスト・サイド物語」は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたミュージカル劇で、1957年に米ブロードウェイで初演され大ヒットを記録。61年にロバート・ワイズ監督が映画化し、第34回アカデミー賞において作品賞を含む全10部門を制している。スピルバーグ監督によるリメイク版の主人公トニー役には、「ベイビー・ドライバー」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、ヒロインのマリア役には新人のレイチェル・セグラーが抜擢されている。 このたび、ニューヨーク市警のシュランク警部補役にコリー・ストール、クラプキ巡査役にブライアン・ダーシー・ジェームズが決定した。二人は非行少年の抗争に悩まされているウエスト・サイド署の警察官という設定だ。 Netflixのオリジナルドラマ「ハイス・オブ・カード 野望の階段」のピーター・ルッソ役でブレイクしたコリー・ストールは、テレビドラマ「ストレイン」の主役を務めたほか、「フライト・ゲーム」「アントマン」「カフェ・ソサエティ」など多彩な作品で活躍。最近は、「ファースト・マン」で、バズ・オルドリン役を演じている。 ブライアン・ダーシー・ジェームズはトニー賞3冠に輝く舞台俳優で、数々の舞台劇に出演する傍ら、「スポットライト 世紀のスクープ」や「モリーズ・ゲーム」などの映画作品に出演している。

『移動都市/モータル・エンジン』へスターとトムの新たな冒険が始まる本編映像解禁!

イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。 たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。 残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す―。 『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。 この度、へスターの素顔とヴァレンタインの正体を知ってしまったトムが、ヴァレンタインによってロンドンの外へ放り出されてしまう本編映像が到着致しました! 今回到着したのは、主人公ヘスター(ヘラ・ヒルマー)が、長年の復讐相手であるヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)に暗殺を試みるものの、ヴァレンタインを慕う青年トム(ロバート・シーアン)に邪魔され追われるワンシーン。 ロンドンから逃げ出すためにダストシュートに飛び込もうとするヘスターだが、トムに腕を掴まれた反動で、赤いマフラーで隠れていた顔の傷があらわに!驚くトムに対し、ヘスターは「見なよ!奴(ヴァレンタイン)は母さんを殺した!」と言い放ち、ダストシュートの底へと落ちて行く。信じがたい言葉に混乱状態のトムは、追いついたヴァレンタインにヘスターから衝撃的なことを伝えられたと打ち明けてみるも、その表情に違和感をみせるヴァレンタイン。嫌な予感を察し「もう行かないと…」とその場を去ろうとするトムだが、なんとヴァレンタインは「ああ、行きたまえ」と冷たい眼差しを見せながら、背面の手すりを蹴り破り、へスターが消えていったダストシュートへとトムを突き落としたのだった!果たして、ヘスターとサディアスの過去に一体何があったのか…?母を殺された復讐心だけを胸に生きるヘスターと、サディアスの裏の顔を知ってしまった事でロンドンから追放されたトムたちはどうなるのか!?

レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット、プライベートでの違い

レオナルド・ディカプリオ(44)とブラッド・ピット(55)が出演する映画『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』のポスターがレオのSNSで公開されました。 Leonardo DiCaprio Instagram レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット出演作『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』のポスター。

『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、またスゴイことに

映画『Escape from Pretoria!(原題)』を撮影中のダニエル・ラドクリフ(29)。 ダニエル・ラドクリフ。 オーストラリア・アデレードで撮影中のところをパパラッチされたダニエルはぴったりめのシャツに中途ハンパな挑発、そしてぱっちりした目が細ーくなっています。 映画の舞台は1970年代の南アフリカ共和国。反アパルトヘイト作戦に関与したために1978年に投獄された2人の白人政治囚 が描かれている、実話に基づいたストーリーだそう。役作りとはいえ、もはや別人レベルの変貌を遂げています。 https://www.instagram.com/p/Bu-acJUA8X2/?utm_source=ig_embed 昨年3月、俳優ビリー・クラダップがオフブロードウェイで行っていた舞台『Harry Clarke』のバックステージを訪れたダニエルは顔色が悪く、げっそりとしていたことから「大丈夫なのか!?」とネット上で話題に。

イドリス・エルバ、テイラー・スウィフトの演技を評価

現在、映画版『キャッツ』を撮影中のテイラー・スウィフト。共演したイドリス・エルバが彼女の演技を絶賛している。 イドリス・エルバ(Idris Elba)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift) 1月に開催されたゴールデングローブ賞授賞式では一緒にプレゼンターを務めたテイラー・スウィフトとイドリス・エルバ。現在、映画版『キャッツ』で共演している。マカヴィティを演じているエルバが、最近のインタビューでボンバルリーナ役のテイラーの演技についてコメントしている。「テイラーは素晴らしいよ」とエルバ。「彼女と一緒に演じることが多かったんだ。彼女は見事だった。とても一生懸命働くし、セットにいるだけで幸せそうだった」。 レベル・ウィルソン(Rebel Wilson) ちなみにテイラーを賞賛しているのはエルバだけではない。同じく『キャッツ』にジェニエニドッツ役で出演しているレベル・ウィルソンも「彼女は信じられないくらいわ。とても素敵な子よ。個人的に出てくる猫の中で一番セクシーだと思う」と大絶賛! さらにテイラーがキャストたちにプレゼントを贈っていたという情報も。キャストの1人でバレエダンサーのエリック・アンダーウッドは、ツアー「レピュテーション」のグッズやテイラーの愛猫たちをモチーフにした猫グッズを詰めたギフトバックを贈られたことをインスタグラムのストーリーで明らかに。「素敵なテイラー、ありがとう!」とコメントしていた。テイラーと言えばファンへのサプライズプレゼントで有名。先日もファンの婚約パーティに登場し弾き語りをプレゼントしていたけれど、共演者への心配りも欠かさないみたい!

「キャプテン・マーベル」監督コンビ、起用されたきっかけは“レポーターの勘違い”

マーベル・スタジオ最新作「キャプテン・マーベル」より、監督を務めたアンナ・ボーデンとライアン・フレックのコメントが到着した。 「キャプテン・マーベル」 ブリー・ラーソン主演の本作は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画で初めて女性キャラを主人公としたもの。アベンジャーズ結成前の世界を舞台に、瀕死の重傷を負って記憶を失うと同時に“規格外の力”を得たヒーロー、キャプテン・マーベルの姿が描かれる。 アンナ・ボーデンとライアン・フレック 生徒思いだがドラッグに溺れる教師を描いた「ハーフネルソン」や、2人の男のギャンブル旅をつづる「ワイルド・ギャンブル」などでタッグを組んできたボーデンとフレック。ボーデンは、MCUにとって初の女性監督でもある。このたび、そんな2人が本作の監督に起用されたきっかけについて語るコメントが到着した。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』動員300万人、興収37億円突破!

BEST FRIENDS – In “Ralph Breaks the Internet,” video game bad guy Ralph and his best buddy Vanellope journey to the...

『アリータ:バトル・エンジェル』上白石萌音が、アフレコ収録で涙!日本語予告解禁

日本語吹替版声優を務めた上白石萌音さん 2月22日全国ロードショー (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation SF 漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界 17 の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」。 長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で遂に『アリータ:バトル・エンジェル』 として、2月22日より公開となる。この度、本作の主人公・アリータの日本語吹替版声優を務めた上白石萌音さんが、アフレコ収録を終え、収録中のエピソードを明かした。さらに、日本語吹替え版の本予告【本当の私】編も解禁となった。 荒廃した瓦礫の中からサイバー医師イドに拾われ蘇ったサイボーグの少女アリータを声で演じた上白石さんは、ハリウッド映画のアフレコは初挑戦となる。世界中から公開を待ち望まれているキャメロン作品への参加ということで不安もあったというが、「これまであまり運動ができない内向的なキャラクターを演じることが多かったのですが、アリータは強くて、たくましくて、カッコいい女の子なので“新しい自分を見つけてみたいな”とワクワクしました」とこれまでに演じたことのないキャラクターを声で演じることへの挑戦に胸を高鳴らせたという。そして、アフレコ収録を終え「アリータは、身体はサイボーグなのですが、物語の中盤から終盤にかけて、人間らしい愛情や、人情を大事にする心が芽生えていきます。アリータが涙を流すと私も同じようにボロボロと泣いてしまいました。実際に泣いてしまうと鼻が詰まってしまって、後のシーンに支障が出てしまうのに何度やっても涙が止まらなくなってしまいました」とアリータの葛藤に共感し、アフレコ中に涙が止まらなくなってしまったと振り返る。

『アナと雪の女王2』邦題&公開日決定!場面写真も解禁

アナと雪の女王2 今もなお、日本で史上最も愛された洋画アニメーションとして君臨する前作『アナと雪の女王』。興行収入約255億円、観客動員約2000万人という驚異的な数字で日本の歴代興行収入第3位を記録。 また全世界興行収入は1,276,480,335ドル(※boxoffice mojo調べ)と90年以上続く歴代ディズニー・アニメーション作品のトップを走り続けています。『アナと雪の女王』の凄さは興行成績だけではありません。 日本では空前の“アナ雪”ブームが巻き起こり、その先駆けとなった代表曲“Let It Go”はミュージッククリップ再生回数の記録をうちたて、瞬く間に全国へ広がり、和訳である“ありのままで”というワードはその年の流行語大賞にも選ばれたほど。 またその他にも歌唱シーンのパロディ映像や二次創作、ディズニー初のWヒロインに憧れたファンがエルサやアナ風の衣裳を身に着ける姿があらゆるところで目撃されるなど、日々の暮らしで「アナ雪」という単語を聞かない日はないほどの驚異的な人気を獲得し、“社会現象という言葉を日本中が実感した作品”と言っても過言ではありません。