You Are Browsing ‘映画’ Category

女性が主役の映画はヒットしない、だから作らないという定説が通ってきた映画界。これを覆す調査結果が発表された。新たな調査結果を発表したのは大手エージェンシーのクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシーと、テクノロジー会社のシフト7。2014年から2017年の世界中の興行成績を分析した結果、女性が主役の映画の方が男性が主役の映画よりもヒットしていることがわかった。 調査では興行成績上位350の作品を分析。カテゴリーを予算1,000万ドル未満、1,000万ドルから3,000万ドル、3,000万ドルから5,000万ドル、5,000万ドルから1億ドル、1億ドル以上という5つに分類した。このいずれのカテゴリーでも女性が主役の映画の方が興行成績で優っているという。また主役の性別はプレスリリースや配給会社の発表するクレジットで男優と女優、どちらが主演として記載されているかで判断したという。 またこの調査ではもう一つ驚きの事実が。世界での興行成績が10億ドル(約1,100億円)を突破している作品はいずれもある3つの条件を満たしているという。それは(1)少なくとも2人以上の女性が出てくる(2)その2人の女性が作品の中で会話する(3)その2人の女性の会話が男性のこと以外を話題にしている。調査を行なったシフト7のプロデューサー、リザ・チャシンはこの結果について「低い基準だけれど、これを満たしていない映画が多いのに驚きます」「当然のことですが、この結果について制作会社は考えるでしょう。多様性を実現するような意思決定を制作会社たちの重役に促す数字が大きくなってきているのは嬉しいことです」と語っている。 3つの基準を満たしている映画がいかに少ないかはアリシア・ヴィキャンデルが「女性と話すシーンを撮ったことがない」と語ったり、ナタリー・ポートマンが「大抵の場合は映画に出演している女性は私1人だった」と明かしていることからもよくわかる。この調査結果がハリウッドのジェンダー格差の解消を推し進める力になるのか、今後の動きを見守りたい。...

レア・セドゥが「007」シリーズに帰って来るようだ。レア・セドゥが「007」シリーズに帰って来るようだ。2015年作『007 スペクター』でボンドガールのマドレーヌ・スワン役を務めたレアは、シリーズ第25弾となる新作で、最後のジェームズ・ボンド役となるダニエル・クレイグと再び共演することになる。 最新作で「007」シリーズの監督を初めて務めるキャリー・フクナガは『デイリー・ミラー』紙に、「レアが戻って来る」とコメントし、レイフ・ファインズやベン・ウィショー、ナオミ・ハリスらお馴染みの出演陣が再び登場することも認めている。 『007...

ド派手とド迫力を追求したアクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』などを大ヒットに導き世界中から注目されるジェームズ・ワン監督最新作『アクアマン』(2019年2月8日(金)公開 )。この度、本作の最新映像で見どころの1つとなる“人類未体験”の海中でのバトルアクションシーン満載の最新映像が解禁となった! 本映像では、まるで宇宙のような想像を超えたミステリアスで広大な海底都市アトランティス帝国の世界が初お披露目!人間として育てられたアトランティス帝国の血を引く男“アクアマン”が、「いつかアトランティスを復活させる」、と母から希望を託されるシーンから始まる。生まれながらにすべての海の生物を操る能力をもつ彼が、時速160...

ディズニーが実写版『ライオン・キング』の予告映像を公開した。View this post on Instagram July, 19, 2019. #TheLionKing A post shared by Walt Disney Studios (@disneystudios) on Nov 22, 2018 at 2:35pm PSTディズニーが実写版『ライオン・キング』(19)の予告映像を公開した。ジョン・ファヴローがメガホンを取る同作のティザー動画が、同社の公式ツイッターに投稿され、そこでは日の出から始まり、シンバの誕生を祝い、大勢の動物が集まるアニメ版でもお馴染みの名シーンが再現された。 1994年のアニメ版の実写化となる同作には、子供の頃のシンバ役にドナルド・グローヴァーをはじめ、ナラ役のビヨンセやジェームズ・アール・ジョーンズ、さらにはザズー役のイギリス出身コメディアン、ジョン・オリヴァーなどが出演する。 またアニメ版でも使われた『愛を感じて』や『準備しておけ』『王様になるのが待ちきれない』といったエルトン・ジョンとティム・ライスのコンビが手掛けた数々の名曲に加え、実写版では新たな曲が挿入されることになる。『愛を感じて』は1995年のアカデミー歌曲賞を受賞している。 ディズニーは、すでに『シンデレラ』(15)や『美女と野獣』(17)などいくつものアニメ作品の実写化を成功させている。...

『美女と野獣』のディズニーが、不朽の名作『くるみ割り人形』をついに映画化。時代を超えて世界中から愛され続ける物語を、ディズニーが超一流のスタッフ&キャストを結集して実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』(11月30日(金)公開)より、新人俳優ジェイデン・フォーラ=ナイトに注目したい! 『くるみ割り人形と秘密の王国』11月30日(金)公開 本作で、主人公クララは<秘密の王国>を救うための冒険に出ることになるのだが、彼女がこの<秘密の王国>で初めて出会うのが、この王国で唯一の“くるみ割り人形”の兵士フィリップだ。彼は1...

『スター・ウォーズ』などを超え、シリーズ映画史上No.1のハリー・ポッター魔法シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)より全国ロードショーとなる。この度、本作から登場する「ハリポタ」シリーズでお馴染みのダンブルドア先生の過去について演じるジュード・ロウやジョニー・デップが語る特別映像が解禁となった。 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』11月23日(金・祝)より全国ロードショー 本作でジュード・ロウが演じるのは、「ハリポタ」シリーズでお馴染みのホグワーツ魔法魔術学校のダンブルドア先生。多くの人々に愛されているダンブルドア先生だが、ジュードは「どのような人生を歩んできたのかそれを遡れることは凄く貴重で特別な経験なんだ」とダンブルドアを演じることについてやりがいを感じていたと語る。「ハリポタ」シリーズでは、歳を重ね校長先生であり、既に皆が知っているダンブルドア像が出来上がっているが、原作者のJ.K.ローリングは「ジュードに会ったとき私が知る限りのダンブルドアに関する情報を全て話したわ」と、ジュードの役作りに手をかしたことを明かす。...

2000年の『X-MEN』以来、アメコミヒーロー映画の決定版として6作品が製作された「X-MENシリーズ」。2011年に公開された第4作『X-MEN ファースト・ジェネレーション』では1960年代、2014年の第5作『X-MEN:フューチャー&パスト』では1973年と2023年をつないだ。2016年の前作『X-MEN:アポカリプス』では紀元前2600年から1983年へと舞台を変え、人類初のミュータントで最恐のパワーを持つアポカリプスとのシリーズ最大級の壮絶な戦いが繰り広げられた。この時、巨大なる脅威に大打撃を与えたのがジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)だった。この度、全世界が注⽬するシリーズ最⼤の闇を描く最新作『X-MEN︓ダーク・フェニックス』の⽇本公開が、2019...

美女と野獣』のディズニーが、不朽の名作「くるみ割り人形」をついに映画化。ディズニーが超一流のスタッフ&キャストを結集して実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』のワールド・プレミアが現地時間の10月29日(月)【日本時間:30日】、ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて大々的に行われました。ハリウッドの街中に映画に登場するパーティーシーンをモチーフにした豪華絢爛な会場が出現!...

マーゴット・ロビーが実写版『バービー』で主演を務めるようだ。マーゴット・ロビーが実写版『バービー』で主演を務めるようだ。これまでにはエイミー・シューマーやアン・ハサウェイの名が挙がっていたバービー役だが、作品の製作がソニーからワーナー・ブラザースへ移った暁にはマーゴットがそのタイトルロールを演じることになると『ザ・ハリウッド・レポーター』が報じている。 マーゴットが自らの製作会社ラッキーチャップを通じてプロデューサーも兼任するという同作に向けては、『ワンダーウーマン』(17)で知られるパティ・ジェンキンスが監督候補に挙がっているとはいうものの、正式な話し合いはまだ行われていないようだ。 完璧ではないという理由でバービーランドを追放されたヒロインのストーリーを描くこの新作に向けては、主演予定だったエイミーが2016年にスケジュールの都合を理由に降板、その後アンの主演が決定したものの、2020年まで公開が延期となっていた。監督にはアレシア・ジョーンズ、脚本にはリンジー・ビアー、ジェニー・ビックス、キム・キャラメル、ディアブロ・コーディ、バート・V・ロイヤル、ヒラリー・ウィンストンらが共同執筆者として名を連ねていたものの、スタジオがソニーからワーナー・ブラザースへと移った際には、全て一から見直されることになる見込みだ。...

ジェニファー・ロペス主演で贈る、スリリングな潜入捜査サスペンス「シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察 シーズン2」第2シーズンのDVDが12月5日(水)に決定しました。主演のジェニファー・ロペスをはじめ、『グッドフェローズ』のレイ・リオッタ、「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」でエミー賞を受賞したドレア・ド・マッテオら錚々たるメンバーの共演に加え、シーズン2では、エミー賞女優アンナ・ガン(「ブレイキング・バッド」)ら豪華ゲスト陣が新たに参戦! ■ジェニファー・ロペス主演で贈る、スリリングな潜入捜査サスペンス、衝撃の第2シーズン!! 2016年1月から米NBCで放送され全米での初回放送は、米NBCの木曜22時の番組としては、過去5年で最高の視聴者数を獲得。シーズン2、シーズン3の製作も早期に発表され、ツイッターの全米トレンドに毎週ランクインしたジェニファー・ロペス主演サスペンスです!!■ウォズを追い詰めたFBIの真の目的があきらかに!まさかの連続から目が離せない!! ジェニファー・ロペス演じるハーリーがFBIから裏切りを強要された汚職警官のウォズニアック。ハーリーの情報提供によりついにウォズニアックを追い詰めたFBIだったが、真の目的はその先にあった—!FBIとの繋がりが明らかとなりバラバラとなるブルックリン警察と、目的のために手段を選ばないFBIというアメリカの2大警察組織の壮絶な争いと、娘を守るために隠ぺいを重ねる女性刑事の苦悩を赤裸々に描く壮大なドラマ!! ■超豪華スタッフ・キャストが集結!息もつかせぬ映画級サスペンス! 主演ジェニファー・ロペスをはじめ、『グッドフェローズ』のレイ・リオッタ、「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」でエミー賞を受賞したドレア・ド・マッテオ、「ザ・フォロイング」のウォーレン・コール、『ターミネーター:新起動 ジェニシス』のダイオ・オケニイら錚々たるメンバーの共演に加え、シーズン2では、エミー賞女優アンナ・ガン(「ブレイキング・バッド」)ら豪華ゲスト陣が新たに参戦! さらに日本語吹替版では、数多くのTV・映画で活躍する大塚芳忠(ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ケビン・コスナーなど)、日野由利加(ジュリアン・ムーアなど)、三上哲(ベネディクト・カンバーバッチ、「ダウントン・アビー」トーマス役)ら、実力派ベテラン声優陣が担当!■この美人刑事、ものすごい!...