Home 映画

映画

実写版『アラジン』はミュージカル映画に!

実写版『アラジン』の監督を務めるガイ・リッチーが同作品はミュージカル映画になると発表した。 実写版『アラジン』の監督を務めるガイ・リッチーが同作品はミュージカル映画になると発表した。ディズニー製作の実写版『ジャングル・ブック』や『美女と野獣』など成功を受けてこの度実写化されることになった『アラジン』についてリッチー監督がナーディエストのインタビューの中で次のように語っている。「『アラジン』をミュージカル映画にしないほうが難しいよね。今僕はこの映画に対して自分自身で色々と考えを巡らせているところだからまだ色々と言うには早いかな。出演者を探している段階だし、どんな方向性になるかもまだしっかり決まっていないんだ。どこかの段階では明確になると確信はしているんだけど、現段階はまだまだ初期段階だね」。 1992年公開となったオリジナルアニメーション映画はアカデミー賞最優秀作曲賞、さらに「ホール・ニュー・ワールド」が最優秀主題歌賞に選ばれている。 同アニメーション映画は興行収入5億400万ドル(約574億円)をあげており、現在でも同作品のキャラクター達は世界中のディズニーが運営するテーマパークで人気者だ。 さらに『アラジン』は世界中で舞台公演も行われている。 オリジナル作品ではジーニーの声優をロビン・ウィリアムズが務めていたが、実写版ではウィル・スミスがその声を担当するのではないかと言われているところだ。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』日本版ポスターが解禁!!

壮大なスケールとアクションで贈る史上空前のエンターテインメント『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の日本版ポスターがついに解禁されました! 公開されたポスターは、ジョニー・デップ扮する孤高の海賊ジャック・スパロウ、アカデミー賞俳優ジェフリー・ラッシュが演じるバルボッサの姿などおなじみのキャラクターと共に、新たな顔ぶれが並び、これまでにない冒険を想起させるビジュアルです。 顔面に亀裂が入り、殺気漂う表情を浮かべるのは、ジャックの前に立ちはだかる最恐の敵“海の死神”サラザール。本作には若き日のジャック・スパロウの姿も初登場しますが、“海の死神”となったサラザールとの因縁の秘密も描かれています。 海賊の全滅をもくろむサラザールは、ジャックに嵌められ全てを奪われ、不死の呪いをかけられました。そんなジャックへの復讐心から彼の命を狙いにやってきます。 「ジャック・スパロウ―― 今度はお前が死ぬ番だ」 一度死んでいる“海の死神”サラザールのこの言葉は、ジャックとの間に大きな因縁があることをうかがわせますが、過去にこの2人の間に何があったのか――。サラザールを演じるのは、21世紀最大の悪役俳優との呼び声高いアカデミー賞俳優のハビエル・バルデム。ウィルの息子ヘンリー・ターナー役のブレントン・スウェイツや、天文学者カリーナ役のカヤ・スコデラリオら、次世代スターの活躍も必見! ポスターにも登場する彼らが、ジャックとどんな冒険を繰り広げるのか今から公開が待ち遠しい!! 手に汗握る迫力満点の壮大なアクションや、唯一無二の存在ジャック・スパロウのどこか憎めないひょうひょうとしたユーモアのある要素も健在! さらにはウィル・ターナー役のオーランド・ブルームがシリーズ復帰!シリーズ最大にして最高のエンターテインメントがついに誕生! ジャック・スパロウ最後の冒険が始まります!   『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ 製作:ジェリー・ブラッカイマー 出演:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/     ハビエル・バルデム/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラーリオ/ジェフリー・ラッシュ他 原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales 全米公開:2017年5月26日 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

スカヨハ主演、『ゴースト・イン・ザ・シェル』を徹底研究!

これまで見てきた映画は約2万本! 『ZIP!』などで活躍中の映画評論家・松崎健夫さんが独自の視点で解説する「映画ゼミ」連載企画第5弾。今回は『ゴースト・イン・ザ・シェル』の魅力と日本のアニメーションの影響について深堀りします。 士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を長編アニメーションとして映画化し、1995年に公開された押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』。スティーヴン・スピルバーグが映画化権を獲得するなど、長くハリウッドリメイクの噂が囁かれていた日本のアニメーション作品が遂に実写映画化された。しかも、ハリウッドのメジャー映画会社製作のスカーレット・ヨハンソン主演作という大作映画として。 今回の「映画ゼミ」では、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の魅力と日本のアニメーションの影響を学んでみよう!   スカヨハの魅力が炸裂!実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』  伝説の原作アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』とは?  日本アニメの影響と、今後のハリウッド映画化 スカヨハの魅力が炸裂!実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』 スカーレット・ヨハンソンと言えば、子役からスターダムを駆け上がり、セクシーな魅力と演技力を兼ね備えた、ハリウッドでも唯一無二な存在。近年は、『アベンジャーズ』(12)シリーズのブラック・ウィドウ役や、『LUCY/ルーシー』(14)などで“アクションもこなす女優”という印象がある。 『ゴースト・イン・ザ・シェル』の少佐役は、ボディラインが露わになりながらアクションを行う点においても、彼女の魅力を最大限引き出している。一方で、白人であるスカーレット・ヨハンソンがヒロイン(アニメ版では“草薙素子”という日本人)を演じることに、ファンからの異論があるのも事実。しかし、その設定を逆手に取った、あっと驚く仕掛けが成されている点も実は見どころなのである。 コンピューターに人体を接続することで、統一したシステムをコントロールする“電脳”を描いた『攻殻機動隊』。インターネットの発達した現代では、そのメカニズムを説明する必要もないのだが、映画が公開された1995年当時、それは先駆的な表現だった。 インターネットの普及、特に通信速度がナローバンドからブロードバンドへと移行し、高速通信が謳い文句になったのは2000年代になってからのことである。電脳世界での仮想現実(バーチャル)が現実の世界(リアル)と区別がつき難くなるという設定は、未だ見ぬ未来を予見したものだった。そういう意味では、2017年になって実写映画化されたことで、『攻殻機動隊』の描く世界がより多くの観客に理解される時代になったということでもあるのだ。 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 大事故から生還した少佐は、脳と脊髄の一部を除いて義体のサイボーグ化された最強戦士に生まれ変わる。彼女はエリート捜査組織・公安9課のリーダーとして、脳をハッキングして人間を操作するサイバーテロ犯罪組織を追っていた。捜査を進める中、彼女は自身の記憶も操作されたものではないかと次第に疑念を抱くようになるのだが…。押井守監督の長編アニメーションをハリウッドで実写映画化。スカーレット・ヨハンソンがヒロインを演じるほか、日本からはビートたけし、桃井かおり、福島リラも出演している。   スカヨハ主演、『ゴースト・イン・ザ・シェル』を徹底研究!   伝説の原作アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』とは? 1980年代以降、人間の身体や意識が機械的に拡張されることでテクノロジーが発達する近未来を描いたSF作品群を<サイバーパンク>と呼ぶようになった。『ブレードランナー』(82)や『ロボコップ』(85)などは、その流れの中でカルト的な人気となった映画たち。日本のアニメーション映画『AKIRA』(88)や『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』も<サイバーパンク>の系譜として世界的に評価されたという経緯がある。 それを裏付けるように、1996年にはアメリカで『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のビデオソフトが発売。ビルボード誌のビデオチャートで全米1位となる快挙を達成した。実写版でスカヨハが演じたシリーズのヒロインは、草薙素子(くさなぎ・もとこ)。サイボーグ化された肉体の身体能力の高さはもちろん、サイバーテロと戦う素子自身が優秀なハッカーであり、そして美形。哲学的な言葉を放つその完璧なキャラクター設定はファンを魅了し続け、2013年の新シリーズ『攻殻機動隊 ARISE』では彼女の過去も描かれた。 さらに続編『イノセンス』(04)は、日本のアニメーション作品として初めてカンヌ国際映画祭のコンペティション作品に選ばれるなど評価された。それと時期を同じくして、本来は揶揄的な意味を持っていた<ジャパニメーション>という言葉が、クールな文化という意味に変化して一般的になっていったのだ。 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を監督した押井守の作品は「我々が暮らす“現実世界”とは何であるのか?」と問い続けているという特徴がある。例えば、“文化祭の前日という同じ日が繰り返される”不条理を描いた『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)や、...

映画『アバター』続編、ジェームズ・キャメロン監督が「2018年の公開はあり得ない」と発言

『アバター』続編の公開は、まだ先になるようだ。 当初、『アバター2』の全米公開は2018年のクリスマスに予定しているとのことだった。しかし、ジェームズ・キャメロン監督は、『Toronto Star』の取材に対し、計画されていた公開予定には間に合わないことを明かした。 キャメロン監督は、「2018年の公開はあり得ない。まだ、はっきりとした公開予定日を発表してはいない」と語ったが、この延期は意外ではない。キャメロン監督は立て続けにアバターの続編を4本制作する予定だということを考えれば、納得だ。 「皆さんに理解していただきたいのは、映画を公開するリズムがあるということ。私たちはアバター2のみを制作しているのではなく、アバター3、アバター4、アバター5のシリーズ全てを制作している」と、キャメロン監督。同監督は、映画制作だけでなく、フロリダのディズニー・ワールドに、アバターをテーマにしたアトラクションもデザインしている。同時に、1月29日にプレミア上映されたドキュメンタリー映画『Atlantis Rising』も制作した。また、アバターの映画制作に使用する新しい技術にも時間を費やしている。 「私の人生において、次の8年間は予想できます。それは不合理な時間ではない」「1作の制作に4年半がかかった。そして今は、4作を制作している。目一杯やっている。これが本業で、すぐに昼夜関係なく毎日働くことになるだろう」

ジュリア・ロバーツが演じた映画『プリティ・ウーマン』のビビアン、元の脚本では死ぬ予定だった事が明らかに

可哀想なビビアン・・・。ジュリア・ロバーツが1990年公開のヒット映画『プリティ・ウーマン』で演じたキャラクター、ビビアン・ウォードが本来迎えるはずだったのは、リチャード・ギア演じるルイスとのおとぎ話のようなエンディングではなかったらしい。ウォルト・ディズニー・スタジオ元会長のジェフリー・カッツェンバーグ氏によると、当初想定されていたエンディングでは、ビビアンは薬物の過剰摂取で死ぬはずだったという。 カッツェンバーグ氏は3月2日、ニューヨーク市のハースト・タワーで行われたQ&Aセッションの際にこのセンセーショナルな情報を明かした。 「議論にどれだけ時間がかかったことか。脚本上、ハリウッド大通りのコールガールを描いた『プリティ・ウーマン』はR指定の映画だった。ちなみに、元の脚本はかなり暗い筋書きで、確か彼女は薬物の過剰摂取で死ぬはずだった」というのだ。 しかし、カッツェンバーグ氏によれば、ディズニーが悲劇的なエンディングを好まなかったため、急きょ変更が加えられたのだそうだ。 「ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーを説得しようとしたが、おとぎ話でプリンセス映画だからと、納得してもらえなかった。あとはご存じのとおりだ」 映画『プリティ・ウーマン』が、そのおとぎ話のようなエンディングのおかげで素晴らしい作品になっていることに疑いの余地はない。つまり、ディズニーの判断は正しかったと言えそうだ。 ■参照リンク http://www.aol.com/

運転免許取得試験に落ちたセレブ

Netflixが、2017年独占配信予定のNetflixオリジナル映画『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』。世界配信に先駆け、現地時間2月18日、カンボジアのシェムリアップにあるアンコールワット寺院址にある“象のテラス”でプレミア上映が行われ、監督/製作を務めたアンジェリーナ・ジョリーが登場しました。 このイベントには、アンジェリーナ・ジョリー,に加えてロウン・ウン(原作者)、リティ・パニュ(プロデューサー)、ノロドム・シハモニ(国王)、ノロドム・モニニヤット・シハヌーク(国王の母親)が出席し、カンボジアにとっては国家を代表する特別なイベントとなりました。 象のテラスはカンボジアにある廃墟となった寺院複合体であるアンコール・トムの城壁を巡らした都の一部であり、アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世により12世紀末に築かれ、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われた遺跡です。 本作は多くの国民が虐殺などで死に追いやられたポル・ポト政権下の体験をつづった同名の本が原作。圧制下で生きるカンボジアの人々の愛やたくましさを描いており、アンジェリーナが2002年にカンボジアの孤児院から養子として迎えた長男マドックス(15)がプロダクションに関わっていることでも注目を浴びています。 プレミアには、15歳の長男マドックス、13歳のパックス、11歳のザハラ、10歳のシャイロ、8歳のノックスとヴィヴィアンというアンジェリーナの6人の子どもたちが揃ってレッドカーペットに登場。大きな喝采を浴びました。 アンジェリーナは本作について「この映画は、私のカンボジアへの感謝を表したものです。カンボジアがなければ私は母親になることもなかったでしょう。私の心の一部はいつでもこの国にありました。息子マドックスの両親が経験したかもしれないことを理解したいと思っていました。息子とこの国のことをもっと知りたかったからです」と感激した面持ちで語りました。 また彼女は本作を制作、監督するにあたってNetflixと組んだことについて「このような映画は向き合うことが難しく、思わず目を背けてしまいがちですが、観ることは非常に重要なのです。実際の製作も困難を極めます。これらを可能にするのがNetflixでした。彼らとの提携を通して本作を製作できること、また、彼らを通じて多くの視聴者に届けられることを大変楽しみにしています」と語っています。 Netflixオリジナル映画『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』 2017年独占配信予定

ラジー賞に『ズーランダー NO.2』が最多ノミネート

アカデミー賞受賞式の前夜に行われる残念な映画の祭典「ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)」。第37回となる今年のノミネーションが発表され、あの人気作の続編が「最低映画」の称号に王手をかけた。   「2016年最低作品賞」をはじめとした9部門にノミネートされたのは『ズーランダー NO.2 』。人気を博した前作『ズーランダー』の15年ぶりの続編ということもあり、期待値が高すぎたのかもしれない。主演・監督・脚本を一手に引き受けた才能溢れるベン・スティラーが、各部門総なめの勢いだ。日本ではDVDスルーだった。   続いて『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が8部門にノミネート。ベン・アフレックがバットマンを、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じ、「二大ヒーローがついに競演!」と話題をさらったが、「暗すぎる」「脚本がダメすぎて話がわかりづらい」など評価は惨憺たるものだった。   ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ『ダーティ・グランパ』も6部門の候補に入ってしまった。妻に先立たれたばかりの自由すぎる祖父(ロバート・デニーロ)と、結婚を控えた孫(ザック・エフロン)の下ネタ全開の珍道中を描くロードムービー。本国では笑わせたい意気込みは感じられるものの、行きすぎた下ネタとギャグが空回り気味で痛々しいとの声が多かった。日本では今月公開されたばかりだが、デ・ニーロのはじけぶりが意外と好評のようだ。   主要部門のノミニーを以下に紹介しよう。

ベン・アフレック、バットマンの話題にウンザリ!?

ベン・アフレックはバットマンに関する質問を受けることにうんざりしているようだ。 ベン・アフレックはバットマンに関する質問を受けることにうんざりしているようだ。クリスチャン・ベイルに代わり、2016年公開の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』からバットマン役を演じているベンだが、常にその話題を持ち出されることに嫌気がさしているという。 「もう、うんざりなんだよね。毎回僕がバットマンのことを口にすれば大物が釣れたみたいな感じでさ」とベンは話す。 そしてベンはバットマンへの注目により、日本でも5月から公開される新作『夜に生きる』などを含めたほかの関連作が目立たなくなっていることに懸念を感じているようで、「『夜に生きる』はまとめるのに2年も費やしたって言うのに、誰も『「夜に生きる」はどうなってる?』なんて聞いてこないんだ。みんな『バットマン、バットマン、バットマン』ばかりさ」と明かした。 そうは話すものの、年内にも撮影がスタートする新作『バットマン』映画についても思い入れは強いようで、「すごく特別なものを作るよ。思い通りの作品にするために時間をかけるつもりさ。正しい方法を取るつもりだし、ファンのみんなにも喜んでもらえると思うよ」と語った。 そんなベンは先日にも新作『バットマン』の脚本が完璧になるように時間をかけているところだと明かしていたところだった。

映画『ラ・ラ・ランド』のポスタービジュアルが解禁!!

先日行われた第74回ゴールデン・グローブ賞で、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)、監督賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞と最多7部門を受賞し歴史的快挙を達成した『ラ・ラ・ランド』。ポスタービジュアルが解禁になりました!! この度解禁されたポスターは、前回のビジュアルと打って変わり、見るだけで胸が高鳴り、今にも壮大な音楽にのせてミアとセブが動き出しそうな華やかで躍動感溢れるデザインとなっています。 光と豊かな色彩、音楽と言葉で人々が追い求める幸せの世界を描くとともに、決して乗り越えられない情熱を持つことの苦しみも描き出す本作『ラ・ラ・ランド』の魅力をあますことなく込められています。