Home 映画

映画

映画『ラ・ラ・ランド』のポスタービジュアルが解禁!!

先日行われた第74回ゴールデン・グローブ賞で、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)、監督賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞と最多7部門を受賞し歴史的快挙を達成した『ラ・ラ・ランド』。ポスタービジュアルが解禁になりました!! この度解禁されたポスターは、前回のビジュアルと打って変わり、見るだけで胸が高鳴り、今にも壮大な音楽にのせてミアとセブが動き出しそうな華やかで躍動感溢れるデザインとなっています。 光と豊かな色彩、音楽と言葉で人々が追い求める幸せの世界を描くとともに、決して乗り越えられない情熱を持つことの苦しみも描き出す本作『ラ・ラ・ランド』の魅力をあますことなく込められています。

マシュー・マコノヒー、減量のために10日間の断食を敢行。

マシュー・マコノヒー(47)が新作映画『ゴールド』の撮影後、10日間のファスティングを行っていたようだ。 マシュー・マコノヒー(47)が新作映画『ゴールド』の撮影後、10日間のファスティングを行っていたようだ。同作品の中で探鉱者ケニー・ウェルズ役を演じるために約22キロ増量したマシューは、増量中は楽しめたものの、その後の減量はかなり難しく、体に断食という荒療治を施さなければならなかったようだ。 過去に映画『ダラス・バイヤーズクラブ』のために約18キロもの減量を達成したことで知られるマシューは、「太るのは簡単で楽しかったよ。チーズバーガー、ビール、ってなんでも好きなものってね。痩せるのは、自分の体が『ああ、なしでやって行くんだな!』って体がわかり始めるように10日間のファスティングをしたんだよ」と語る。 また、マシューはこれまで演じた中で『ゴールド』で演じたケニー役がお気に入りの役柄だそうだが、母親はそれに同感していないと『エンターテイメント・トゥナイト』にコメントする。「ケニー・ウェルズは6ヶ月の快楽的な仕事だったよ。それで、もとに戻してちょっと痩せなきゃならなくなったけど、彼は本当に素晴らしい役柄だったね。素晴らしい典型的なアメリカ人だよ。これまで演じた中でもお気に入りのキャラだね。(母親は)『マシュー、うーん、あなたが本当にガリガリだったときよりは、好きよ。お父さんみたいね。そうね、でもあなたもやるべきことをやらなきゃってことなのよね』って感じで言ってたよ」。 ケニー役への母親の評判はいまいちだったものの、妻カミラ・カルヴェスともうけた3人の子供たちは気に入っていたようだ。 「素晴らしかったね。彼らはとてもハッピーだったよ。僕が家に持ち込んだケニー・ウェルズの部分にね。僕のニックネームは6か月間キャプテン・ファンだったんだ。夜だろうと火曜の朝だろうとピザにイエスって言っていたからね。学校がある日の夜の午前0時のカーニバルに行くのにもイエスだったよ。なんでもイエスって感じだったね」とマシューは続けた。

ミラ・ジョヴォヴィッチ、『バイオハザード』撮影中の女性スタントの事故は「人生で最も恐ろしい出来事のひとつ」

2015年のこと、映画撮影中に「スタントウーマンが事故に遭った」と公表した女優ミラ・ジョヴォヴィッチ。突然の予期せぬアクシデントに大変な衝撃を受けたミラは病院に駆けつけ、その後は彼女の回復を願い「皆さんも一緒に祈って」とファンに呼びかけていた。女性はバイクスタント中に撮影機器に激突。この事故で頭部に酷い怪我をして肺は破裂、片方の腕は切断しなければならなかったという。「本当に怖かった」というミラがこのほどインタビューに応じ、大怪我を負った女性の今を語った。 このほどミラ・ジョヴォヴィッチが映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の撮影現場で起きたオリヴィア・ジャクソンさん(Olivia Jackson)の大事故を振り返り、『Collider』にこう語った。 「彼女が病院に搬送されたとき、私達も駆けつけたの。亡くなってしまった―そう言われると思ったわ。あれは私の人生で最も恐ろしい出来事のひとつだった。でも彼女はとても強かった。医師団も大変優秀だったのでしょう。彼女は何度も何度も手術を受けたわ。みんな、彼女がどうか危機を乗り越えるよう必死に願っていたの。彼女が生きているのは、まさに奇跡だと思う。」 しかしこのシーンは特に危険なものではなかったらしい。そのためなぜ起きたのかを解明すべく、今も調査が行われているという。 「そう、何が起きたのかまだ調査段階なの。でもあのような事故は起きちゃ駄目だった。」 「スタントシーンはどれも危険を伴うわ。でもあのシーンについては誰も危険だとは思っていなかったし、『大変なシーンだ。危険なスタントだ』って考える人も皆無だった。だから全員がものすごく驚いたの。ショッキングだった。起こっちゃいけない事故だったのよ。」 ちなみに事故の直後、ミラはオリヴィアさんにつきFacebookにてこう報告していた。 「恐ろしい事故が起きました。私の才能あふれるスタントダブル、オリヴィアさんがバイクスタントの最中にカメラクレーンに衝突し、酷い怪我をして入院したのです。」 「キャストや関係者は大変な悲しみようで、みんなが彼女の回復を待っています。」 誰もが「駄目かもしれない」と悲観的になるほど凄惨な事故だったというが、オリヴィアさんは生還。しかし腕を失くすなど傷は大きく、ミラを含む大勢の関係者、そしてオリヴィアさんとその家族も深い悲しみとショックを受けたはずだ。それでも頭部や肺を激しく傷めつつ“最悪の事態”を回避できたことは、ミラの言う通りまさに奇跡であった。

『バイオハザード』最新作にあの大ヒットアニメを彷彿とさせるワンシーンが?! 【本編映像】

12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開される『バイオハザード:ザ・ファイナル』。この度、本作の本編映像が到着した。 https://youtu.be/ZhIj65uAAF0 「48時間で人類は滅びる」と人工知能・レッドクイーン(エヴァ・アンダーソン)に告げられる主人公アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく中、アリスは生き残った仲間クレア(アリ・ラーター)たちと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、すべての物語がはじまった地、ラクーンシティに向かう。 今回到着した映像は、アリスがバイクで爆走しながら、到着するシーンだ。「ハイブ」で施設を制御するレッドクイーンとアンブレラ社幹部であるアルバート・ウェスカー(ショーン・ロバーツ)は、アリスが「ハイブ」に接近するのを察知。ミラが到着したその先は荒廃したラクーンシティ。「おかえり」という言葉を投げかけ、闘いに挑もうとする姿から、アンブレラ社との壮絶な最後の闘いを予見させる。 そして、映像のラストには、巨大な隕石でも落ちたかのような陥没した様子が映し出される。この光景、どこかで見たことはないだろうか? そう......大ヒット映画『君の名は。』のワンシーンにそっくりなのだ! https://youtu.be/3KR8_igDs1Y 2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワー、そしてゲームユーザーに止まらないファンを増殖させ、独自の世界感を築き世界を熱狂の渦に巻き込んできた人気シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』と、興行収入200億円を突破し、8月の公開から4ヶ月近くのロングランが続くなど社会現象化している『君の名は。』。出合うはずのなかった2つの作品が出合ってしまったのかも?! 究極のアクション超大作シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』は 12月23日(金・祝)世界最速公開! https://youtu.be/gM0EgdNyI6U  

実写版「攻殻機動隊」の邦題が『ゴースト・イン・ザ・シェル』に決定! 幕間映像も解禁

SF作品の金字塔『GHOST IN THE SHEL/攻殻機動隊』の実写映画化で話題を呼んでいる『GHOST IN THE SHELL(原題)』。本作の邦題が『ゴースト・イン・ザ・シェル』に決定、2017年4月7日(金)に公開される。そしてこの度、17日(土)より全国劇場(一部除く)にて上映される幕間映像が公開された。 https://youtu.be/rPdDW1x6-dY 今回公開された映像には、LEDライトの閃光が駆け抜け、撮影で実際に使われたコスチュームやコンセプトアートなどファン垂涎ものの展示が並び、作品の世界観を細部まで表現したエクスクルーシブ・イベントの様子が映し出されている。主演のスカーレット・ヨハンソンは「圧巻です」と語り、出演するビートたけしも「かなり凄いですよ」とコメント。 かねてより「私のお気に入りの作品」だと公言するスティーブン・スピルバーグが2009年に実写映画化権を獲得、以来、ドリームワークスで製作、パラマウント・ピクチャーズでの配給が決まり、そのハリウッドでの実写映画化決定のニュースは世界中を駆け巡り、その動向は世界中から注目を集めていた本作。 ファンを中心に新たな情報が渇望されていた中、2016年10月、突如、パラマウント・ピクチャーズのYouTubeチャンネルで10数秒の映像が数本公開され、わずか数週間で計770万回超の再生回数を記録。また、先日11月には、東京発の全世界へ向けた特大規模のローンチイベントが行われ、主演のスカーレット・ヨハンソンが、監督を務めるルパート・サンダースと共に緊急来日、ビートたけしも登壇し、公の場で初めて作品について語られる様子は全世界で注目を集めた。そして、イベントに併せて全世界同時解禁された予告映像は、現在全世界で2億回以上の再生回数を記録している。 "草薙素子"の名をもつ主人公の少佐役は、『LUCY/ルーシー』や『アベンジャーズ』シリーズなどで華麗なアクションを披露し観客を魅了したスカーレット・ヨハンソン、少佐の上司である荒巻役は、監督として先日レジオン・ドヌール勲章を受章するなど世界的評価を受けるビートたけし、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で登場する天才ハッカー、笑い男ことクゼ役には、ミュージシャンとしても活躍するマイケル・ピットが出演。また、少佐の片腕ともいえるバトー役には、『LUCY/ルーシー』などに出演するピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役には、『ショコラ』でも知られるフランスの名女優ジュリエット・ビノシュが演じる。 サイバーテロ組織との対峙、少佐の存在を揺るがす衝撃の展開が待ち受けるストーリーであることは明かされているものの、まだまだベールに包まれている本作、来年の公開に向けて期待が高まるところだ。 2017年4月7日公開 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved. ■参照リンク http://ghostshell.jp/

ジョニー・デップ、映画『ハリー・ポッター』のスピンオフに出演!

11月23日(水)に日本公開される映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。その続編にジョニー・デップが出演することが明らかになった。 ジョニー・デップが演じるのは魔法学校の校長ダンブルドアの親友であり、その後、悪に転じるグリンデルバルド。『ハリー・ポッター』シリーズで青年時代をジェイミー・キャンベル・バウアーが演じていたけれど、その後の人生をジョニーが演じるもよう。続編の公開は2018年の予定。 監督のデヴィッド・イェーツは「ジョニーは本物のアーティストだ。僕たちのポップカルチャーに共鳴するようなキャラクターをいくつも作り上げてきた。彼は本当に素晴らしい俳優だよ。彼が何をしてくれるのか楽しみにしている。彼は恐れ知らずで想像力豊かで、野心的だ。彼が何か楽しくて特別なことをやってくれると思っている」と大絶賛! またジョニーが大きく登場するのは続編だけれど、間もなく公開される1作目にもカメオ出演していることが明らかに。新聞「ミラー」曰く「ほとんど気がつかれないような登場の仕方をする」というから要注意! 作品ごとにまったく違うルックスで登場するジョニー。今度はどんなキャラクターを作りあげるのか、主演のエディ・レッドメインとどんな絡みを見せてくれるのか、乞うご期待!      

Jポップとサイエンスフィクション:東京ファッションウィークで風変わりなショー

東京 - 他に類を見ないフェストスタイルにJポップと東京ファッションウィーク春/夏2017、形質転換サイエンス・フィクション:鎧にクローク猫とモデルを歌う日本のマークジェイコブス、。 これまでにないようなファッションの鉱山は、エンターテイメント、日本の設立とブレークスルーラベルが関心を駆動するためにミュージカルフックアップ、ストリートカルチャーとアニメーションに急襲世界では。 ここ一週間閉じ最も風変わりなショーがあります。 日本のマークジェイコブス 幹夫坂部は宮下公園、それは先に東京オリンピックの改装工事のため閉鎖する前の最後の万歳で彼のショーのための週の最大の拍手を得ました。 坂部は、彼がアメリカ高のマスターの前にそれらに取り組んでいたAFPに語ったものの、彼の7インチのプラットホームの靴は、スター混入足首までの厚さのリボン似てすでに今年ジェイコブスでニューヨークの滑走路に見られたものととしましたファッションは、彼の緩いを設定します。 ジェイコブスと同じように、外観は、着用者ほお紅、ストライプのシャツで保存されたいずれかがスカートや裏側の下に吊り下げベルト付きショートパンツの最も小さいでマイルのために特大合わまたは点滅足でモデルを溺死極端に長いシルエットを細工されました。 日本のロリータ文化、原宿のストリートファッションと「かわいい」とうなずきで、かわいい愛らしいと幼稚-そこ羽で装飾ガーリーなドレスだった-meaning、黒いプラスチックや金属製のプリーツスカート、ベージュキュロットスーツでスローバニーウサギで覆われました良い測定のために。 前衛的なファッションで知られているラベルには、日本のポップスターに愛さとその10周年を祝っています。 坂部は、彼が70年代、80年代と90年代の影響をミックスしたかったし、日本のデザイナーは、通常のテクスチャに焦点を当てることを考えると、新しいシルエットを見つけることが意欲的だったAFPに語りました。 「私は何か新しいものを作りたかった」と彼は説明しました。 歌う猫 以下アンドリュー・ロイド・ウェバーがスマッシュ・ヒット「キャッツ」などを完全に何か他のもの。 Upとデザイナー幸宏手島ブランドYukiheroプロレスのための年のcheesiestショーを勝つことができる来ます。 ナイトクラブで開催された、通常の10分のショーはすべて、女の子バンド夢見る青年主演の40分の音楽大当たりの賛成で捨てた、欧米のモデルはアンディ・ウォーホルのスタイルと日本の俳優を着ました。 歌手は猫耳の周りboppedように、それは、チーズの多額のサイドオーダーでキッチュ色、ユーモアとの暴動だった色とりどりのウールとキャンベルスープのフリルでカバーロンパース&ジャンプスーツ。 彼のモデルは、1950年代に黄色、ピンク、オレンジ、リンスかつらを歩き、そして一致口紅は、マリリン・モンローやエリザベス・テイラーのラ・ウォーホルの有名な肖像画をpouts塗り。 彼らは1990年代にハローキティとの復活1970年代に人気のモンチッチと呼ばれる猿のモチーフを、身に着けていた、その後として英国に輸出 "Chicaboo。」 ジーンズに固定も皮をむいたバナナの切り欠きがありました。だから映画、ポップグループと力士のために設計人からのメッセージは何だったのでしょうか? 「私は楽しみを持つことが重要であることを人々に伝えたい、「手島は言いました。 シルバー三つ編み デザイナー慶一郎ユーリ、最高のそのラベルKeiichirosenseのみ昨シーズンのファッションウィークのデビューをした袋を作成するために知られている元の3Dグラフィックデザイナーは、おそらくすべての最も奇妙でした。 ショーは腫れ海の音から始まり、設計者が未来的なプラットフォームの周り闊歩し、彼のウエストバンドに2プラスチック製の人形を押し込めとして王子トラック「ゴールド」で閉じ。 巨大なつばの広いリトルボーピープ帽子、プラスチックサイエンスフィクション風の鎧とストレート宇宙時代やエイリアン映画から金属製のスカートの上から着用殻状鞘がありました。 信じられないほどの自立ブラウスやケープ、ディスクのような形と上半身を包まれたクッションカバーみたいにzip形式がありました。 銀の拡張子を持つ完全な銀レースアップアームウォーマーとラプンツェルスタイル編んだ髪は、外観を終えました。 「これがクールジャパンを表現する私の方法である、「設計者はAFP通信に語りました。 「若者は、私たちの未来を作成します。私は原宿の外観が絶対的に正しいと思います。私はそれが次の年齢を作るあなたたちであることを伝えたいです!」

レオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイアが伝えパーティーされていますは1996年と同様に

トビー・マグワイアとジェニファー・メイヤーの分割の火曜日の発表に続いて、ページシックスは現在、トビーと彼のBFFレオナルド・ディカプリオはちょうど昔のように、一緒にパーティーを目撃されていることを報告しています。ソースは9年の彼の妻からトビーの分離はまたのために作品にしていたと付け加え、トビーは数ヶ月のためにロサンゼルスのクラブで」とし、レオなしで見」されているページシックスを伝える「何ヶ月も。""それはレオのラビングのように見えます彼にオフ、「1ナイトライフ源は述べています。ページシックスはトビーの最近のパーティーが秘密と彼の結婚の終わりには、第三者とは何の関係もなかったということではないことを指摘しています。別のソース言う「彼はただレオとクラブに起こっている - 。それが起こっていることだが、「つお気に入りの会場遅れているレオの大好きなのと同様に - トビーが頻繁たL.A.で1Oak、「通常よりも頻繁に。」 もちろん、このパーティーは1つがレオと90年代のトビーの悪名高い「プッシーポッセ」と考えることができます。 1998年、ニューヨーク・マガジンは適切にライターナンシージョーの売上高は、人生は "最もホットな若手俳優のためにどのようなものであったか非常に詳細に記載されている「レオ、市の王子」と題し、世紀の最も重要なポップカルチャーの物語の1を発表しましたアメリカ、ニューヨーク市で彼の乱暴な友人」。レオは、一度にわずか23歳でした。ロミオ+ジュリエットは、過小評価マイ・ルーム、そしてもちろん、あなたのお気に入りと私に続いて、2年前にタイタニックを出ていました。 POSSEを説明すると、1カメラマンは、「彼らは女の子を見てについてのすべてだ。」、販売を語った記事が映画のセットとレオの現金の人間のキャリア上のレオのための「非公式ボディーガード」として捜索隊を記述するために行きます。トビーで、売上高は「アイス・ストームで物思いにふける若者。「彼を呼ばれる他のメンバーは、ルーカス・ハース、ディレクターハーモニーKorine、魔術師デビッドブレイン、ジェイ・R・ファーガソン、ケビン・コネリー、イーサン・サプリー、および(ティーン魔女から)ジョシュア・ジョン・ミラーが含まれて。いくつかの女性有名人はまたサラ・ギルバートとアンバー・ベンソンを含め、メンバーシップを持っていました。 それは全体の潜在能力が今まで(私が意味する、決して言うことはありません)本格的な再会のために一緒に取得する可能性は低いですが、ミニバージョンは、レオと彼のオスカーのために後のパーティで2月に起きました。一つのソースは、「ウルフパック」と呼ばれる自身、グループは、ルーカス・ハースとトビー・マグワイアが含ま時点でニューヨークデイリーニュースに語ったと遠吠えに進ん「すべての夜狼のように。 "彼らはまた、伝えを通じて彼らの新しい名前を唱えイブニング。 世界はかつてプッシーポッセとして知らウルフパックの2016バージョン、については、次の何を参照するのを待つように、ここであなたの閲覧を喜びのためにグループのいくつかのヴィンテージの写真です。誰が来たどこまで見て!                  

フィフティシェードは、バーチャルリアリティの治療を取得しています

さて、私たちすべては、おそらくこの来るを見ている必要があります:フィフティシェード暗いだけの映画以上のものになるだろう。また、明らかに、仮想現実体験になるだろう。 締め切りによると、五十シェード暗い監督ジェームズ・フォーリーは、バーチャルリアリティ技術は、今後のフィルムのためのマーケティング資料を作成するために使用されていることを確認しました。 「ええ、私たちはその日の撮影が終了した後、俳優がオーバー滞在するとVRの人々がシーンのファクシミリを再作成し、の後ろに、シーンにマーケティング資料をあり、「フォーリーは聴衆に語りましたパラマウントピクチャーズロットでVRイベントで。 そのいじめは、すべてのフォーリーが聴衆を与えたので、私たちはちょうどVR体験をファンがかかります正確にどのように深いアナスタシア・スティールとキリスト教グレーの世界に見つけるために、フィルムの2月10日のリリースに近づくまで待つ必要があります。   一方で、我々は再びトレーラーを見てのために解決する必要があります。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=n6BVyk7hty8]