Home 音楽

音楽

超新星改めSUPERNOVA 新章の幕開けを爆笑トークで飾る

https://youtu.be/U6lNejpdJpo 最旬韓流スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今年8月、韓国事務所からの独立を機に、超新星から改名し、新たなスタートを切った“SUPERNOVA”(スーパーノバ)だ。グループとしては約3年ぶりの登場となる。 この数年は兵役義務の影響でソロ活動が中心だった5人は、SUPERNOVAとしてのファーストシングル『Chapter II』を11月6日にリリース。“第2幕”を象徴する詞の内容は、「ファンとまた一緒に歩いていきたい」というメンバーの気持ちが込められた再起の1枚だ。 2年9ヶ月ぶりとなる新曲PRも実に楽しそうなメンバーは、ダンスのレクチャーもノリノリ。ひさびさのグループ活動とは思えぬ息ぴったりの爆笑トークを繰り広げた。 『Chapter II』はオリコンデイリーチャート1位(11月5日付け)を獲得。幸先のいい再出発を切ったSUPERNOVAの活動に注目です! 【フォロー&RTプレゼント】 超新星から進化を遂げた“SUPERNOVA”のサイン入り生写真を3名様にプレゼント! 応募方法は、11月17日(土)24時までにTwitterでWEB女性自身の公式アカウント(@jisinjp)をフォロー&プレゼント告知ツイートをRT(リツイート)。当選された方にはDMにて、応募フォームのURLをお送りします。 <注意事項> ・TwitterでWEB女性自身の公式アカウント(@jisinjp)をフォロー、該当ツイートをRT(リツイート)していることが当選の条件となります。 ・プレゼントに当選された場合、プレゼントがお手元に届くまでフォローを解除しないでください。 ・アカウントを非公開にされている場合は、DMをこちらから送ることができませんのでご注意ください。 ・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 ・賞品に関するご質問、抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。 ・当選者の方に入力していただいた応募フォームの内容は、賞品の発送にのみ使用させていただきます。そのほかの目的には使用いたしません。 ・当選賞品の権利の譲渡、および換金はお断りいたします。

ショーン・メンデスら、ヴィクトリアズ・シークレットのショーでパフォーマンスを披露。

ショーン・メンデス、ホールジーらが今年のヴィクトリア・シークレットのショーでステージを飾る。 ショーン・メンデス、ホールジーらが今年のヴィクトリア・シークレットのショーでステージを飾る。1日(現地時間)、同ブランドのエンジェル、ジャスミン・トゥークスとマーサ・ハントがゲストミュージシャンのラインナップを『グッド・モーニング・アメリカ』で明かし、他にもリタ・オラ、ビービー・レクサ、ザ・チェインスモーカーズ、ケルシー・バレリーニ、ザ・ストラッツらが顔を揃えるという。 ちなみに昨年上海で開催されたショーではハリー・スタイルズ、レズリー・オドム・Jr、ユンディ・リ、ジェーン・チャンらがパフォーマンスを披露していた。 2015年以来となるニューヨーク開催の今年はジャスミン、マーサの他、初参加のウィニー・ハーロウ、そしてベハティ・プリンスルー、バーバラ・パルヴィン、スイ・ヒー、ジジ&ベラ・ハディッド姉妹、ケンダル・ジェンナー、カーリー・クロスらがランウェイを歩く。 そのジジ、ケンダルの出演は今年の9月、同ショーのモデルらの靴を担当するデザイナー、ブライアン・アトウッドの口から明らかとなっていた。また、ケンダルはランジェリーブランドのラペルラと契約中だったため、昨年はヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)のショーに出演できず、一方のジジも昨年の上海のショー出演を辞退しており、仏頭を真似て目を細めたインスタグラムの投稿動画がアジア人蔑視とされ渡航ビザが下りなかったのではと噂されていた。 同ショーは今月8日(現地時間)に開催、ABCにて12月2日に放送予定となっている。

ブリトニー・スピアーズ デビューシングル『ベイビー・ワン・モア・タイム』リリースから20年 ファンら続々と祝福メッセージ

米出身人気シンガー、ブリトニー・スピアーズ(36)のデビュー曲『ベイビー・ワン・モア・タイム』が23日、リリースから20周年を迎えた。ハリウッドの荒波に揉まれながらも近年見事なカムバックを果たしたブリトニー。20周年という記念すべきこの日、彼女のSNSはファンからの温かい励ましや祝福の声が続々と届いている。 今からちょうど20年前の1998年10月23日、ブリトニー・スピアーズが『ベイビー・ワン・モア・タイム』を引っさげ鮮烈なデビューを果たした。ベビーフェイスで初々しいブリトニーが、学校の廊下で三つ編みやツインテールを振り乱し制服姿で踊るミュージックビデオは全米でたちまち大旋風を巻き起こし、当時16歳だったブリトニーは瞬く間にスターダムを駆け上った。日本でもその知名度をグングン上げ、“ブリちゃん”の愛称で広く親しまれた。 しかしブリトニーを一躍ビッグセレブへと押し上げたこの曲、実は別のアーティストのために用意された曲だった。同曲をプロデュースしたスウェーデン出身のソングライター、マックス・マーティン(Max Martin)は、『ベイビー・ワン・モア・タイム(...Baby One More Time)』は当時人気を博していた女性R&Bグループ「TLC」のために作った曲であったことを明かしている。 アルバム『FanMail』に収録されるはずだった同曲は当初『Hit Me Baby One More Time』というタイトルだったが、これがDVを連想させることを懸念した「TLC」側が同曲の収録を却下したことで、「ジャイヴ・レコード(Jive Records)」と契約したばかりでルイジアナ州出身の15歳の少女ブリトニーが歌うことになったのだ。そして歌詞はそのままに、タイトルのみ『Hit Me Baby One More Time』から『...Baby One More Time』へと変更し、1998年3月にブリトニーはマーティン氏の待つストックホルムへと向かい、同地でこの曲をレコーディングした。 ミュージックビデオを指揮したナイジェル・ディックさん(Nigel Dick)は、当時のブリトニーについて「とてもプロフェッショナルで頑張り屋だった」と述べている。ブリトニーもあるインタビューのなかで「校内での撮影や、制服姿でダンスを踊るというのは、私のアイディアだったのよ」と発言、のちに舞台裏を語るインタビューでもこのように明かしている。 「撮影現場を初めて訪れた時、そこに大勢の人がいたのを覚えてるわ。そんなに大きなプロジェクトだなんて想像もしてなかったから、『もうどうしよう!』って慌てたのを覚えてる。」 「いろんなシーンを撮ったから、あとでそれが1つの作品になる時、一体どんな風に仕上がるのかしら?ってナーバスだったけど、完成したミュージックビデオは素晴らしくて、友達と何度も繰り返し見たの。」 そんなブリトニーの初々しさが詰まった『ベイビー・ワン・モア・タイム』は、20年が経過した今もツアーで一番盛り上がる名曲で、ブリトニーのYouTubeページでの動画再生回数は、なんと3億6800万回を超えている。 ブリトニーのInstagramには、 「『ベイビー・ワン・モア・タイム』20歳の誕生日、おめでとう!」 「あの頃と変わらずあなたを応援してるわ」 「まだまだこれからの20年もどんどん活躍してほしい!」 など、この記念すべき日とこれまでの数々の偉業を称えるメッセージが続々と届いている。この日はカリフォルニア州のラジオ各局も同曲をこぞって流していたが、おそらく全米中で『ベイビー・ワン・モア・タイム』がヘビロテしていたことだろう。 低迷期には「わずか55時間の結婚生活」「丸刈り」「激太り」などで「お騒がせセレブ」のイメージが定着してしまったこともあったブリトニーは、現在ショーンくん(13)、ジェイデンくん(12)という2人の息子のシングルマザー。交際中の年下恋人で、モデルやパーソナルトレーナーとして活躍するサムさん(Sam Asghari)との関係は順調、そして来年2月からは「Park MGM Las Vegas(パーク...

カミラ・カベロ、今年のMTV ビデオ・ミュージック・アワードで主要2部門を獲得。

カミラ・カベロ(21)がMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMAs)で主要2部門を制した。 カミラ・カベロ(21)がMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMAs)で主要2部門を制した。20日(現地時間)、ニューヨークのラジオ・シティ・ミュージック・ホールにて開催された式典で、カミラは『ハバナ』でビデオ・オブ・ザ・イヤー、そしてアーティスト・オブ・ザ・イヤーと2冠を手にした。 式中、マドンナからビデオ・オブ・ザ・イヤーを授与されたカミラはこう話していた。「手が本当に震えている。自分の人生のこの瞬間を決して忘れない。マドンナ、本当に愛しているわ。あなたの全てのシングルのMV、全てのドキュメンタリーを見てきた。本当に影響を受けているの。だからこの瞬間は非現実的。ビデオ・オブ・ザ・イヤーなんて信じられないわ。ファンのみんな、投票してくれて本当にありがとう。素晴らしい監督でコラボ相手だったデイブ・バイヤースに感謝」 また、チャイルディッシュ・ガンビーノが『ディス・イズ・アメリカ』でビデオ・ウィズ・ア・メッセージ、最優秀監督、最優秀振付の3冠を獲得、先月に女の子を出産後公の場に初登場したカーディ・Bは最優秀新人、バッド・バニー、J.バルヴィンとの『アイ・ライク・イット』でソング・オブ・サマー、ジェニファー・ロペス、DJキャレドとの『ディネロ』で最優秀コラボレーションの栄誉に輝いた。他にも、ニッキー・ミナージュが『チュン・リー』で最優秀ヒップホップビデオ、アリアナ・グランデが『ノー・ティアーズ・トゥ・クライ』で最優秀ポップビデオ、イマジン・ドラゴンズが『ホワットエヴァー・イット・テイクス』で最優秀ロックビデオをそれぞれ獲得している。昨年6冠の快挙を成し遂げたケンドリック・ラマーはSZAとの『オール・ザ・スターズ』で最優秀ヴィジュアル・エフェクト賞に輝いた。

V.I(BIGBANG)初ソロツアーが開幕!“マイブーム”ラップも披露

BIGBANGのメンバー・V.I(27)が8月11日、12日と幕張メッセで初のソロツアー『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR“THE GREAT SEUNGRI”IN JAPAN』を開催。両日あわせて約3万人を動員した。 王冠をモチーフにしたBIGBANGのペンライトと、今回のために準備されたブルーに光るSTRONG PANDAのペンライトが輝く。ステージ中央の大型照明の中から登場したV.Iは「幕張行こうぜ!」と呼びかけ「STRONG BABY」で公演をスタートさせた。1曲目から銀テープが舞うド派手な演出にファンのボルテージは急上昇。同ツアーのために全曲を編曲し、ソロ曲から「LET’S TALK ABOUT LOVE」、「ALONE」などを披露した。 グループのライブでは流ちょうな日本語でMCの進行役、そして盛り上げ隊長としてファンから愛されているV.I。この日は「僕はもともと歌えるメンバーですよ!(笑)今日はアーティストとしての姿をみなさんにアピールします!」と気合十分。「最近ラップにハマってるから!」と遠方から来たファンにラップで感謝を伝えるなど、ファンとのコミュニケーションを楽しんでいた。 また、「HaruHaru」、「WE LIKE 2 PARTY」、「MY HEAVEN」などBIGBANGの人気曲のメドレーも用意され、グループの魅力もしっかりとアピール。「LIES」を歌ったあとには、G-DRAGON、SOL、T.O.Pそれぞれの曲の締め方をモノマネし、会場は大爆笑に包まれた。 巧みなトークで盛り上げながらも、「ソロツアーだけど、くせのようにチラチラと左右を見てしまうんです。今回メンバーがいなくて寂しいなって」と兵役により活動休止中のメンバーが恋しい様子。「早く5人で活動したいですね」とグループ愛をにじませた。 ライブのクライマックスでは新曲「1,2,3!」をパフォーマンス。曲に合わせてファンの声援が響き、熱気は最高潮に達した。ツアータイトルにふさわしい最新鋭の照明、音響を最大限に駆使した“GREAT”な空間で歌い、踊るV.Iはカリスマ性抜群。本来の姿でありながらも、改めて“世界的アーティスト”V.Iの魅力を感じられる公演となった。 東京公演を成功裏に収めたV.Iは、福岡、大阪をまわり全6公演で7万8千人を動員する予定だ。  

シェール、ABBAのカバーアルバムをリリース。

シェール(72)によるABBAのカバーアルバムがリリースされる。 https://youtu.be/iHMOmniowAE シェール(72)によるABBAのカバーアルバムがリリースされる。先月末に海外で公開が始まった『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』の中でメリル・ストリープ演じるドナの母親ルビー・シェリダンで出演もしているシェールが、ABBAのヒットナンバーを歌ったアルバム『ダンシング・クイーン』が9月28日リリースされる。 シェールはこう話した。「ずっとABBAが好きだったし、ブロードウェイのオリジナル版ミュージカルの『マンマ・ミーア』は3回見た。『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』の撮影後、彼らの曲がどれほど素晴らしく時代を超えたものかを実感したわ。そして、『アルバムを作りましょう』ってなったの。実際歌うのは想像していたより大変だった。でも結果にはとても満足している。皆が聴いてくれるのを楽しみにしているわ。完璧なタイミングでしょう」 同新作はシェールの長年の仕事仲間で、彼女の最大のヒット曲『ビリーヴ』もプロデュースしたマーク・テイラー協力のもとロンドンとロサンゼルスにてレコーディングされた。 現在シェールは『ギミー! ギミー! ギミー!』のティーザー動画をYouTubeとスポティファイにて公開しているが、新作を予約すると同時に、同曲のフルバージョンが手に入るという。 シェールにとって2013年『クローサー・トゥ・ザ・トゥルース』以来のアルバムとなる。

One Directionのメンバーとコラボで話題!新世代歌姫!Bebe Rexhaの魅力に迫る!

音楽シーンで大注目を集めているBebe Rexha。 彼女の魅力的な声は一度聞いたら耳に残りやすく、聞いたことある!というこも多いんじゃないかな? そんな彼女は数々の有名アーティストとコラボレーションして大ヒット曲をたくさん出しているよ! Bebe Rexhaはアメリカのニューヨーク生まれの28歳。 プラチナブロンドヘアーがトレードマークでセクシーな印象の彼女。 ゴールドの大ぶりアクセサリーや、クロップ丈のトップスなどを取り入れた、セクシーかつゴージャスなスタイルが特徴的なBebe。 しっかりとした輪郭のアイブロウやぷっくりリップもポイント! 今回は彼女のリリースしている曲を紹介しながら、歌詞の意味なども解説しつつ、彼女の魅力に迫ってみるよ! Back to You 最初に紹介するのはOne DirectionのメンバーだったLouis Tomlinsonとのコラボレーション曲、Back To You。 2人それぞれの魅力的な声がデュエットになってさらに中毒的なサウンドに。 いろいろなトラブルを経験しながらも結局はあなたのところに戻ってきちゃう、という男女関係をテーマにした曲だよ。 We’re on the ground, we’re screaming (私たちは地面の上で叫んでる) I don’t know how to make it stop (どうやってこれを止めたらいいのかわからない) I love...

マライア・キャリー23年越しの快挙! 『恋人たちのクリスマス』初の全米トップ10入り

今の季節、よく耳にするクリスマスソングといえばマライア・キャリーの『All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)』ではないだろうか。同曲がリリースから23年の時を経て、『Billboard』全米シングルチャートのトップ10入りを果たしたという。 クリスマスといえば「この曲」と言っても過言ではないほど、この時期は何度となく聴こえてくるマライア・キャリーの『All I Want For Christmas Is You』。あまりにも有名なため「え? 今さら?」という感があるが、1994年にリリースされた同曲が初めて『Billboard』全米シングルチャートで9位にランクインした。 この嬉しい知らせにマライアは「なんて素敵なクリスマスプレゼントなのかしら!」と歓喜しているという。当時24歳だったマライアがカシオのキーボードを使って書いたという同曲は、23年にわたり世界中で親しまれてきた。長きにわたり毎年クリスマスの時期に自身の曲を楽しんでもらえるとは、ソングライター冥利に尽きることであろう。 1990年にデビューしたマライアは、日本では“7オクターブの音域を持つ歌姫”のキャッチコピーで人気を博した。1994年には山口智子主演のドラマ『29歳のクリスマス』で『All I Want For Christmas Is You』が主題歌に起用されたことがきっかけとなり、一気に人気に火がついた。当時のミュージックビデオでは、カーリーヘアを三つ編みにしモコモコのスキーウェアで無邪気に雪と戯れる初々しいマライアを見ることができる。 その後はセクシー系に路線を変更、きわどいコスチュームで“ミニスカ・サンタ”と呼ばれながら同曲を熱唱するマライアの姿は、毎年恒例の光景となった。また2011年には同曲でカナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーとデュエットし、母と息子ほど年齢差のあるティーンアイドルを相手に再びセクシーな魅力を振りまき話題をさらったものだ。 最近では11kg強の減量に成功し自信を取り戻したと言われているマライア。年下恋人との交際も順調のようだ。露出度の高いコスチュームを身にまとい、毎年「クリスマスにほしいのはあなただけ~」と我が道を突っ走れるのは、ハリウッドの酸いも甘いも噛み分けた“ディーバ・マライア”ならではであろう。

エド・シーラン、グラミー賞ノミネート落選も気にせず。

第60回グラミー賞主要部門のノミネートから落選してしまったエド・シーランだが、今回の結果について落ち込んでいる様子はないようだ。 第60回グラミー賞主要部門のノミネートから落選してしまったエド・シーランだが、今回の結果について落ち込んでいる様子はないようだ。 エドは『ビルボード』に対し、こうコメントしている。「結果には明確な理由があるよ。僕の手に負えるものではないってこと。あまりに巨大なものなんだ。そういう運命だったのさ。今年はそういう巡りだったというだけだよ。別に死ぬわけでもないし、グラミー賞に2度とノミネートされないってわけでもない。グラミー賞にはこれまでに2度ノミネートされたことがあるしね。全ては運命づけられているんだから。それに今週僕はバッキンガム宮殿から大英帝国勲章(MBE)を授与される予定なんだよ。スポティファイでも1位になったし、ビルボードでも1位になった。今また別の曲でも1位を獲れるかってところなんだ。グラミーに匹敵するものはその他にもたくさんあるよ。僕は僕の人生を生きるよ。1つ扉が閉じれば、また別の扉が開く。何か1つに執着すると、それに取り憑かれてしまうからね。そんなときはできる限り気楽に考えるようにしているんだ」。 そんなエドは、次回作についてこのように明かしている。 「大体の構想はできているんだ。その中には特にお気に入りの9曲があってね。でも明日にはそれも全部入れ替わっているかもしれない。書き下ろした40曲中9曲が特に思い入れの強いものなんだ」。