You Are Browsing ‘音楽’ Category

第60回グラミー賞主要部門のノミネートから落選してしまったエド・シーランだが、今回の結果について落ち込んでいる様子はないようだ。第60回グラミー賞主要部門のノミネートから落選してしまったエド・シーランだが、今回の結果について落ち込んでいる様子はないようだ。 エドは『ビルボード』に対し、こうコメントしている。「結果には明確な理由があるよ。僕の手に負えるものではないってこと。あまりに巨大なものなんだ。そういう運命だったのさ。今年はそういう巡りだったというだけだよ。別に死ぬわけでもないし、グラミー賞に2度とノミネートされないってわけでもない。グラミー賞にはこれまでに2度ノミネートされたことがあるしね。全ては運命づけられているんだから。それに今週僕はバッキンガム宮殿から大英帝国勲章(MBE)を授与される予定なんだよ。スポティファイでも1位になったし、ビルボードでも1位になった。今また別の曲でも1位を獲れるかってところなんだ。グラミーに匹敵するものはその他にもたくさんあるよ。僕は僕の人生を生きるよ。1つ扉が閉じれば、また別の扉が開く。何か1つに執着すると、それに取り憑かれてしまうからね。そんなときはできる限り気楽に考えるようにしているんだ」。 そんなエドは、次回作についてこのように明かしている。 「大体の構想はできているんだ。その中には特にお気に入りの9曲があってね。でも明日にはそれも全部入れ替わっているかもしれない。書き下ろした40曲中9曲が特に思い入れの強いものなんだ」。...

CELESYでもAmerica’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)については紹介してきたよね。今回は、今シーズンのAGTで活躍した最強girlsをご紹介!loading... (sc_adv_out = window.sc_adv_out || []).push({ ...

韓国出身グループとして初めて『ビルボード・ミュージック・アワード』の授賞式に参加し、『トップ・ソーシャル・アーティスト賞』を受賞した男性グループ・防弾少年団が18日、韓国でニューアルバム『LOVE YOURSELF 承“Her”』の発売記念記者会見を行った。 約7カ月ぶりの新曲となる今回のアルバムは、『LOVE...

MYNAMEのインス(29)が9月6日、初のソロ・ミニアルバム『NAKED』をリリース。5人のメンバーのなかで最年長の彼は、今秋、兵役に就くことを発表しているため、今作が入隊前最後の作品となる。 “裸体の”という意味を持つタイトル『NAKED』には、「心も体も裸になる」という思いが込められ、アルバムのジャケット写真やアーティスト写真は、鍛え抜かれた肉体美を披露。完璧なビジュアルとともに、これまでの活動のこと、これからのことを、この作品を通じて自分自身のすべてを表現していこうという決意が見られる。 2012年の日本デビュー以来、女性自身のK☆STAR...

メンバー5人の平均身長が185cm。モデル並みのヴィジュアルと5年間の厳しいレッスンで磨きをかけた抜群のパフォーマンスで注目されるボーイズグループ「KNK(クナクン)」がついに日本デビュー。初めて女性自身の取材にメンバーは、10月デビューを控え、自己PRをはじめ、これまでの活動や今後の展望について語った。 KNKは昨年3月、本国・韓国でCDデビュー。シングル『KNOCK』は、アイドルのデビュー曲にはめずらしいバラードで、その抜群の歌唱力に高い関心が集まった。さらに、セカンドシングル『BACK...

  兵役のため活動を休止していた東方神起のチャンミン(29)が18日、2年間の兵役を終え、除隊した。21日から東方神起としてアジアプレスツアーで活動を再開する。 同じ所属事務所のSUPER JUNIORのシウォン(31)も同日に除隊。ソウル地方警察庁の前には、前日の夜からファンが列を作り始め、約2,000人が「ずっと待っていたよ」と書かれたスローガンを持ってふたりを出迎えた。 特別な挨拶はなかったものの、報道陣とファンに向けて敬礼。車に乗ったあとも窓を開けて駆けつけたファンたちへ手を振っていたという。 チャンミンは、21日からメディアPRを目的としたアジアプレスツアーで、今年4月に除隊したユンホ(31)と東方神起として早くもカムバックする予定だ。 Twitterでは深夜から「Welcome...

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子ショーン・レノンが、キャリー・フィッシャーと手掛けた歌「Bird Song」をSoundCloudで公開した。 「この曲は、数年前にキャリーと僕が一緒に書いたんだ。彼女が亡くなったとき、この曲をレコーディングするべきだと感じた。レコーディングに数時間しか取れなかったから、純粋なデモだけど」とショーンはSoundCloundのアカウントにコメントを掲載している。「Bird...

ディズニーアニメ不朽の名作『美女と野獣』の実写版から、新しい映像が公開された。ルーク・エヴァンスとジョッシュ・ギャッドが、本作品の中でも有名な曲を高らかに歌い上げる場面の映像はほんの短いものだが、映画が公開されたあかつきには観客を楽しませること間違いなしだろう。去る2月14日に米情報番組『グッドモーニング・アメリカ』の中で披露されたこの映像は、エヴァンス演じる自惚れ屋で傲慢な悪役ガストンと、ギャッドが扮する間抜けな子分ル・フウが、ガストンに媚びへつらいながらビールをあおる飲み客に囲まれて、男の中の男ガストンの賛歌を歌う酒場のシーン。20秒に満たない短いものだが、表情豊かなギャッドとエヴァンスのさりげなく自慢げな歌声から察するに、オリジナルのアニメに引けを取らない楽しい曲に仕上がっているようだ。The...

12日(現地時間)に開催された第59回グラミー賞でアデルが主要3部門受賞を含む5冠を達成した。12日(現地時間)に開催された第59回グラミー賞でアデルが主要3部門受賞を含む5冠を達成した。年間最優秀アルバム賞、年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞の主要3部門をはじめ、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞、最優秀ポップ・ボーカル・アルバムを獲得した。 とはいえ、年間最優秀アルバム賞においては、ビヨンセのビジュアルLP『レモネード』が受賞すると思っていため、アデルは自身に受賞する資格があるような気がせず、受賞スピーチで自身のアイドル、ビヨンセを絶賛した。 ロサンゼルスのステイプルズ・センターの壇上で涙しながら、アデルは「この賞を受け取ることはもしかしたらできないかもしれないです」「本当に光栄ですし、感謝していますが、私の生涯のアーティストはビヨンセであり、このアルバム、『レモネード』が私にとっては非常に大きなものなのです」「本当に途方もないほど素晴らしく、よく考えられていて、美しくて、ソウルが表現されています。あなたが私たちにいつも見せない部分をみせてくれ、それに感謝します。アーティスト全員があなたのことを敬愛しています。あなたは私たちの光です」と絶賛し、観客席にいたビヨンセは目に涙を浮かべながらその言葉を受けていた。 さらに、この受賞後にアデルは舞台裏で、「私の中の何かが死んだわ。今回はビヨンセが勝つ番だった気がするの。年間最優秀アルバム賞をとるために、彼女はいったい何をすればいいっていうの?」と話したという。 また、アデルは故ジョージ・マイケルの追悼パフォーマンスをした際には、再び気持ちが高ぶり、一旦パフォーマンスをスタートさせるもやり直しする場面があった。 一方、生前グラミー賞受賞を一度も達成したことがなかったデヴィッド・ボウイは今回、ノミネートされた全部門受賞という快挙を成し、アデルと同様5冠に輝いた。最優秀ロック・ソング、最優秀ロック・パフォーマンス、最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム、最優秀レコーディング・パッケージ、最優秀エンジニアド・アルバム(ノン・クラシカル)を受賞した。ボウイの息子ダンカン・ジョーンズがツイッターで「父さんを誇りに思う!永遠に父さんを称えてくれることになるね。グラミー2017」と喜びを伝えた。 そのほか、チャンス・ザ・ラッパーが最優秀新人賞、『カラリング・ブック』で最優秀ラップ・アルバム賞を受賞し、ビヨンセは『レモネード』で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞、『フォーメーション』で最優秀ミュージック・ビデオ賞を獲得し、2冠にとどまった。...

マライア・キャリー(46)が新作ミュージックビデオの中で着る機会を失ったウェディングドレスを燃やしている。マライア・キャリー(46)が新作ミュージックビデオの中で着る機会を失ったウェディングドレスを燃やしている。マライアのニューシングル『アイ・ドント』は昨年10月に豪大富豪ジェームズ・パッカー氏と婚約を解消したことをテーマにしており、そのミュージックビデオの中で、マライアはボラボラ島の結婚式で着るはずだったウェディングドレスを火の中に放り投げている。 ゴシップサイトの『TMZ』によれば、25万ドル(約2800万円)相当といわれるヴァレンティノ(VALENTINO)によるオーダーメードドレスを燃やすというパフォーマンス以外にも、2人がかつて一緒に過ごしたカラバサスのマライアの自宅が撮影場所に選ばれているなど、ミュージックビデオ内にはマライアからジェームズへに向けたメッセージがところどころに散りばめられているようだ。 歌詞にも「人を好きになったら、悪いようにあつかわない、私達が持ってたものをあなたはただぐちゃぐちゃにした。また私が戻ってくるって思ってるかもしれないけど、私は戻らない。戻らない」といったジェームズへの直接的なメッセージと思われる表現が含まれている。 そんなマライアは先日、ニューシングルのコンセプトについて話しており、自身のリアリティ番組『マライアズ・ワールド』の中で「ツアーが終わってから私の感情とただ向き合う時間を設けたの。そして、私が経験してきたことを表現するために曲に綴り始めたの。もし、本物の関係でいるはずの人から必要な愛を受けられないとしたら、なぜその状況に留まるのかしら?」と発言していた。...