Home 音楽

音楽

実写版『美女と野獣』、ルーク・エヴァンス演じる悪役ガストンらが「強いぞ、ガストン」を熱唱!【動画】

ディズニーアニメ不朽の名作『美女と野獣』の実写版から、新しい映像が公開された。ルーク・エヴァンスとジョッシュ・ギャッドが、本作品の中でも有名な曲を高らかに歌い上げる場面の映像はほんの短いものだが、映画が公開されたあかつきには観客を楽しませること間違いなしだろう。 https://www.youtube.com/watch?v=XCOVkjPoBqM 去る2月14日に米情報番組『グッドモーニング・アメリカ』の中で披露されたこの映像は、エヴァンス演じる自惚れ屋で傲慢な悪役ガストンと、ギャッドが扮する間抜けな子分ル・フウが、ガストンに媚びへつらいながらビールをあおる飲み客に囲まれて、男の中の男ガストンの賛歌を歌う酒場のシーン。20秒に満たない短いものだが、表情豊かなギャッドとエヴァンスのさりげなく自慢げな歌声から察するに、オリジナルのアニメに引けを取らない楽しい曲に仕上がっているようだ。 https://twitter.com/AlexisLoizon/status/831545789235208192 アレクシス・ロイゾン(Stanley役) 最高のガストンとその仲間たち 「Entertainment Weekly(EW)」は2015年に撮影現場でインタビュー行っているが、エヴァンスによると、新バージョンの「強いぞ、ガストン」には1991年のオリジナルではカットされた歌詞をいくつか復活させたそうである。同作の作詞家、故ハワード・アシュマンによるオリジナルの歌詞によって、今作の「強いぞ、ガストン」はエヴァンスが「EW」に語ったところによると「本当に本当に特別」なのだそうだ。 全編通してこの歌を聞けるまでは、もう少しの辛抱だ。実写版『美女と野獣』は米国では3月17日、日本では4月21日に公開となる。 ■参照リンク http://www.moviefone.com/

アデルがグラミー賞で5冠、主要3部門受賞。

12日(現地時間)に開催された第59回グラミー賞でアデルが主要3部門受賞を含む5冠を達成した。 12日(現地時間)に開催された第59回グラミー賞でアデルが主要3部門受賞を含む5冠を達成した。年間最優秀アルバム賞、年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞の主要3部門をはじめ、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞、最優秀ポップ・ボーカル・アルバムを獲得した。 とはいえ、年間最優秀アルバム賞においては、ビヨンセのビジュアルLP『レモネード』が受賞すると思っていため、アデルは自身に受賞する資格があるような気がせず、受賞スピーチで自身のアイドル、ビヨンセを絶賛した。 ロサンゼルスのステイプルズ・センターの壇上で涙しながら、アデルは「この賞を受け取ることはもしかしたらできないかもしれないです」「本当に光栄ですし、感謝していますが、私の生涯のアーティストはビヨンセであり、このアルバム、『レモネード』が私にとっては非常に大きなものなのです」「本当に途方もないほど素晴らしく、よく考えられていて、美しくて、ソウルが表現されています。あなたが私たちにいつも見せない部分をみせてくれ、それに感謝します。アーティスト全員があなたのことを敬愛しています。あなたは私たちの光です」と絶賛し、観客席にいたビヨンセは目に涙を浮かべながらその言葉を受けていた。 さらに、この受賞後にアデルは舞台裏で、「私の中の何かが死んだわ。今回はビヨンセが勝つ番だった気がするの。年間最優秀アルバム賞をとるために、彼女はいったい何をすればいいっていうの?」と話したという。 また、アデルは故ジョージ・マイケルの追悼パフォーマンスをした際には、再び気持ちが高ぶり、一旦パフォーマンスをスタートさせるもやり直しする場面があった。 一方、生前グラミー賞受賞を一度も達成したことがなかったデヴィッド・ボウイは今回、ノミネートされた全部門受賞という快挙を成し、アデルと同様5冠に輝いた。最優秀ロック・ソング、最優秀ロック・パフォーマンス、最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム、最優秀レコーディング・パッケージ、最優秀エンジニアド・アルバム(ノン・クラシカル)を受賞した。ボウイの息子ダンカン・ジョーンズがツイッターで「父さんを誇りに思う!永遠に父さんを称えてくれることになるね。グラミー2017」と喜びを伝えた。 そのほか、チャンス・ザ・ラッパーが最優秀新人賞、『カラリング・ブック』で最優秀ラップ・アルバム賞を受賞し、ビヨンセは『レモネード』で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞、『フォーメーション』で最優秀ミュージック・ビデオ賞を獲得し、2冠にとどまった。

マライア・キャリー 、約2800万円相当のヴァレンティノのウェディングドレスを燃やす!

マライア・キャリー(46)が新作ミュージックビデオの中で着る機会を失ったウェディングドレスを燃やしている。 https://youtu.be/oiQ68AW0LMY マライア・キャリー(46)が新作ミュージックビデオの中で着る機会を失ったウェディングドレスを燃やしている。マライアのニューシングル『アイ・ドント』は昨年10月に豪大富豪ジェームズ・パッカー氏と婚約を解消したことをテーマにしており、そのミュージックビデオの中で、マライアはボラボラ島の結婚式で着るはずだったウェディングドレスを火の中に放り投げている。 ゴシップサイトの『TMZ』によれば、25万ドル(約2800万円)相当といわれるヴァレンティノ(VALENTINO)によるオーダーメードドレスを燃やすというパフォーマンス以外にも、2人がかつて一緒に過ごしたカラバサスのマライアの自宅が撮影場所に選ばれているなど、ミュージックビデオ内にはマライアからジェームズへに向けたメッセージがところどころに散りばめられているようだ。 歌詞にも「人を好きになったら、悪いようにあつかわない、私達が持ってたものをあなたはただぐちゃぐちゃにした。また私が戻ってくるって思ってるかもしれないけど、私は戻らない。戻らない」といったジェームズへの直接的なメッセージと思われる表現が含まれている。 そんなマライアは先日、ニューシングルのコンセプトについて話しており、自身のリアリティ番組『マライアズ・ワールド』の中で「ツアーが終わってから私の感情とただ向き合う時間を設けたの。そして、私が経験してきたことを表現するために曲に綴り始めたの。もし、本物の関係でいるはずの人から必要な愛を受けられないとしたら、なぜその状況に留まるのかしら?」と発言していた。

ダフト・パンク、第59回グラミー賞授賞式でライブ復帰。

ダフト・パンクが来月12日にロサンゼルスで開催される第59回グラミー賞授賞式でライブ復帰をすることになった。 ダフト・パンクが来月12日にロサンゼルスで開催される第59回グラミー賞授賞式でライブ復帰をすることになった。トーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オメン=クリストからなる同デュオは『スターボーイ』と『アイ・フィール・イット・カミング』のコラボ相手ザ・ウィークエンドとともにステージを飾ることになるという。今回のライブ出演は、2014年のファレル・ウィリアムス、スティーヴィー・ワンダー、ナイル・ロジャースとのコラボ曲『ゲット・ラッキー』でのパフォーマンスぶりとなる。 主催のレコーディング・アカデミーは先月31日、ダフト・パンクのほかにもアリシア・キーズ、フー・ファイターズのデイヴ・グロール、アンダーソン・パーク、ア・トライブ・コールド・クエスト、マレン・モリスの出演を新たに発表した。さまざまなコラボも見られることになるようで、アリシアは最優秀新人賞候補のマレン、そして、ア・トライブ・コールド・クエストはデイヴと最優秀新人賞候補のアンダーソンと共演するという。 さらに以前には、ブルーノ・マーズ、アデル、メタリカ、ジョン・レジェンド、キャリー・アンダーウッド、キース・アーバンとお馴染みのスターたちの出演も発表されている。 一方で、今年のグラミー賞では、参加しない可能性があるアーティストがいるとみられている。 8ノミネートを受けているカニエ・ウェストは通常白人シンガーたちと対抗した際に賞獲得には至らないことを理由に欠席する意向があるとみられている。同じく8ノミネートのドレイクは当日はヨーロッパツアーのため、4ノミネートのジャスティン・ビーバーはグラミー賞が若い世代のアーティストたちにとって適切でないとして欠席する可能性があるようだ。

ブルーノ・マーズ、グラミー賞に出演決定!

ブルーノ・マーズが第59回グラミー賞のステージに立つことになった。来月12日にジェームズ・コーデン司会の元、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される同式典には、ブルーノのほかにもアデル、メタリカ、ジョン・レジェンド、キャリー・アンダーウッド、キース・アーバンらの出演も決定している。 4度のグラミー賞受賞経験があるブルーノだが、新作『24K・マジック』は昨年の11月18日にリリースされたため、主催者であるザ・レコーディング・アカデミーが定めた2015年10月1日から2016年9月30日という締め切りには間に合わず、今回の式典ではノミネートを受けていない。 しかし「24K マジック・ワールド・ツアー」のチケットを24時間以内で100万枚以上売り上げる大人気を見せているブルーノが同式典へ出演するのは4年ぶりとなることもあり、注目が集まっている。 今回の式典ではビヨンセやエド・シーラン、カニエ・ウェストもパフォーマンスを披露するのではないかと噂されている。

イギー・アゼリア、音楽プロデューサーとキス

ラッパーのイギー・アゼリアが、現地時間21日にメキシコのサンルーカス岬で音楽プロデューサーのLジェイ・カリーとバケーションしているところを目撃された。 メキシコのサンルーカス岬で水着姿のLジェイ・カリー 関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に「彼らは友達の誕生日のためにプライベートジェットで一緒に飛びました」「彼らはお互いに公共の場でかなりイチャイチャしていましたよ。彼らはヨットを借りて、デッキでキスをしていました」と話している。 さらに「彼は彼女にホースで水をかけて、彼女の体中を触ることに恥ずかしそうではなかったです。彼らはジェットスキーをして、彼はビーチで彼女をおんぶしていました」と明かした。 イギーは今年3月に婚約していたNBA選手のニック・ヤングの浮気が原因で、昨年6月に破局。その後はラッパーのフレンチ・モンタナと交際を噂されていた。  

NFLがレディー・ガガに箝口令? スーパーボウルでの“禁句“とは

米国中が最も熱狂するイベントの一つ、スーパーボウルが2月5日に開催される。試合の行方に勝るとも劣らぬ注目を集めるのがハーフタイムに行われるパフォーマンスだ。今年はレディー・ガガがこの大役を務めるが、NFL側が彼女にある“オーダー”をしていたとET Onlineが報じている。   ハーフタイムショーの運営に携わる関係者によると、NFLはレディー・ガガに対し、政治に関する話題を口にしないよう要求。特に次期大統領ドナルド・トランプについては一切言及してはならないと命じたという。   熱烈な民主党支持者であるガガは、今回の選挙戦ではヒラリー・クリントン候補を強力に後押ししていた。トランプの勝利が決まった直後には、ニューヨークのトランプタワーの前で「Love Trumps Hate(愛は憎しみに打ち勝つ)」と書いたプラカードを掲げる抗議行動を起こし話題となった。   NFLはこの報道について「何もないところから議論を焚きつけようとする人による下らないデマです」と言下に否定。「スーパーボウルは、国民が真に一つになる時です。レディー・ガガはファンのために素晴らしいショーを作り上げることに集中しています。我々も彼女と組めることを嬉しく思っています。今回の噂は取るに足らない報道です」とスポークスパーソンを通じてコメントした。   昨年のスーパボウルの北米視聴率は49%。国民の約半数が目撃するステージで、ガガは何を話すのか。今年は視聴者数の増加が期待できそうだ。

スパイス・ガールズ、再結成ならず。「彼女たちはずっと中途半端だった」。

スパイス・ガールズの再結成は叶わないようだ。ヴィクトリア・ベッカム、メル・Cが参加しない選択をした後でも、ジェリ・ホーナー、メル・B、エマ・バントンの残りの3人が再結成の話を進めていたが、このほど妊娠したジェリが家族のことに集中したいという理由から再結成に参加しないことを決めたという。 過去の関係から10歳になる娘ブルーベルちゃんをもうけているジェリは、夫クリスチャンとの間に第1子を迎える予定で、関係者の1人は「ジェリの優先事項が変わったのです。赤ちゃんは年内にも生まれますし、再結成を強行するよりも、個人的なことにもっと集中する必要があるのです。全員が同じタイミングでスタジオにいるのは難しいことがわかっています。まとまるためにメインとなるボスのような存在が彼女たちには必要だったのです。彼女たちはずっと中途半端だったのです」と『ザ・サン』紙に伝えている。 さらに、ザ・ローリング・ストーンズのマネージャーであるジョイス・スミスも再結成からは手を引いたようだ。 とはいえ、将来的には再結成の可能性はまだ完全には消えていないようで、ジェリが再結成をしない意向を示す前には、メル・Bが自宅のスタジオで新曲を他のメンバーとレコーディングすると強調していたところだった。「私達、新作を書いたの。それに、ロサンゼルスの自宅にスタジオを持ってるわ。エマとジェリのスケジュールが整ったら、彼女たちがロスに来て新作に取り掛かることができるわ。何か決まっている状態じゃないわ。今年、何かを調整するために動いているの。だから、まだお伝えできることはないわ」。

マライア “口パク”パフォーマンス疑惑で大炎上に

「2016年で最低のパフォーマンスだった」「まさに2016年最後の“災厄”だった」   現地の大晦日にタイムズスクエアで行われた‘Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve’でのマライア・キャリー(46)のパフォーマンスがSNSを中心に、“集中放火”を浴びている。   大晦日、タイムズスクエアに大物歌手がパフォーマンスを行うことは恒例行事となっている。ジョン・レジェンドやデミ・ロヴァートなどが登場し、マライア・キャリーもパフォーマンスした。   しかし、複数の現地メディアは「マライアが口パクをしていたことは明らか。音楽と彼女の口や身振りが全く合っていなかった」と報じた。   自身のヒット曲を披露するも、このステージについてファンや、現地中継を見ていた視聴者からは非難が集中。これに対しマライア本人は、「音楽が全く聞こえなかった」と語っていたという。マライアは、新恋人である日系ダンサーのブライアン・タナカ(33)もステージに連れてきていた。 https://youtu.be/UkTy_vSPkWc