Home ニュース

ニュース

マイリー・サイラス、「今も女性に性的魅力を感じる」

昨年12月にリアム・ヘムズワースと結婚したマイリー・サイラス。男性と結婚したけれど、自分のセクシュアリティは変わらないと語っている。 https://www.instagram.com/p/BzxpM7Sp_Rt/?utm_source=ig_embed 雑誌アメリカ版「ELLE」のインタビューに答えたマイリー・サイラス。リアム・ヘムズワースと結婚後の心境を語っている。「私が結婚したことでみんな混乱していると思う」「でも私たちの関係はとてもユニークなの」とマイリー。とはいえプライバシーについては明かしたくない様子。「私が自分たちの関係に人を立ち入らせるかどうかはわからない。とても複雑で現代的で新しいものだから。私たちがいる状況をみんなが理解してくれるとは思わない」と理由を語っている。 「みんな私が家にして、バカみたいなエプロンをして夕食を作っていると本当に思っている? 私は今ヘテロセクシャルな関係を持っているけれど、まだ女性に対して性的に強く魅力を感じるわ」。 マイリー・サイラス(Miley Cyrus)、リアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth) リアムとくっついたり離れたりしている期間にはモデルのステラ・マックスウェルと交際し、バイセクシャルであることを明らかにしているマイリー。今回のインタビューでも「みんな健康にいいという理由からベジタリアンになるけれど、ベーコンがめちゃくちゃおいしいし、私もそれを知っている。私はパートナーを決めただけ。一番私の味方になってくれる人なの。私は典型的な奥さん像には全然当てはまらない。それにその言葉は好きではない」と彼女らしい言葉で語っている。これまでユニークな言動で世界の注目を集めてきたマイリー。これからも彼女らしい生き方を見せてくれそう。

コーヒーにココナッツオイルを入れてシェイク。ジェシカ・アルバの健康美。【エイジレスなセレブの美容法】

どんなに多忙を極めても、理想のボディを手に入れるために努力を怠らない。そんな心身ともに健康的なセレブのビューティー事情に迫るシリーズのラストを飾るのは、ジェシカ・アルバ。女優として、起業家として、そしてママとして輝く彼女のウェルネス哲学とは? ジェシカ・アルバ エココンシャスな家庭用品を扱うブランド、オネスト・カンパニー(Honest Company)の共同経営者として、大活躍中のジェシカ・アルバ。10歳と7歳、1歳の3児を育てるママでもある38歳の彼女も朝は早く、5時15分に起床してスピンクラスやホットヨガに参加することもある。熟睡に勝るセルフケアはないと自覚しつつも、多忙のため、睡眠を削るほかないのだそう。普段は子どもたちと夫に朝食を作り、登校前の準備を整え、彼らを送り出してからジムや仕事に出かけている。 https://www.instagram.com/p/ByX4TyklkZi/?utm_source=ig_embed 久々のTVシリーズ主演作『L.A.’s Finest(原題)』の撮影で長期間ワークアウトできなかった時は、平日はワインを飲まず、1日2回のヴィーガンフードか植物ベースの食事でクリーンに過ごしたという。また、大好きなコーヒーにはココナッツオイルを入れてブレンダーでシェイクし、できるだけヘルシーに摂る工夫をしている。お気に入りのスムージーのレシピは、氷で冷やしたココナッツウォーターと抹茶、バナナだそうだ。 https://www.instagram.com/p/BpPz4k7h6qr/?utm_source=ig_embed ワークアウトは決して好きではないけれど、やれば達成感があり、自信も湧いて気分よく過ごせるから続けているというジェシカ。一方で自室に籠ってシートマスクをしながら、1時間読書する日もある。その時に体の求めることを実行するのが、彼女のウェルネス哲学だ。

待望の続編!『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が2019年クリスマスに公開

ジュマンジ/ネクスト・レベル ゲームの中に吸い込まれた高校生4人が現実世界に戻るために、予測不可能なゲームを繰り広げる、SFXアドベンチャー大作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。 その続編が2019年クリスマスに日米同時公開することが決定!最新予告と共に初解禁された! 前作から約2年、監督のジェイク・カスダンのもと、主演のドウェイン・ジョンソンほか、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらキャストが再び集結! 新キャラクターとして、『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァー、『ツインズ』のダニー・デヴィート、そして、『クレージー・リッチ!』のアウクワフィナも、謎の美女役で参戦! 解禁された最新予告では、ジャングルから、砂漠や雪山とかつてない過酷なステージへとレベルアップ! 前作の高校生4人に加え、おじいちゃんコンビ(ダニー・デヴィートとその友達役のダニー・グローヴァー)が、実際よりもぐっと若返り、ジュマンジの世界を初体験! 危険なこのゲーム世界から、はたして彼らは生きて帰れるのか! タイトル:『ジュマンジ・ネクスト・レベル』  ■全米公開:2019年12月 ■監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) ■出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、ダニー・グローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)...

テイラー・スウィフト、この1年で最も稼いだセレブ・ランキングの1位に

テイラー・スウィフト アメリカの経済誌『Forbes』が、2018年6月1日からの1年間、世界で最も収入が多かった有名人のランキングを発表。<Reputation>ツアーが大盛況だったテイラー・スウィフトが、1位に輝いた。 『Forbes』誌は、テイラーの1年間の収入(税引き前)を1億8,500万ドル(約200億円)と推測している。<Reputation>ツアーは2018年5月~11月の間に計53公演が開催され、テイラーは昨年、13年間在籍していたBig Machine Recordsを離れ、Republic Recordsと新たな契約を交わした。彼女は2016年にも1位につけている。 2位には、コスメティックス・ブランドの成功により、21歳でビリオネアとなったカイリー・ジェンナーが、3位には、音楽ではなく、アディダスと提携したYeezyスニーカーが大ヒットしたカイリーの義兄でもあるカニエ・ウェストが入った。 ミュージシャンでは、テイラー、カニエほか、エド・シーラン、イーグルスがトップ10入りしている。

ヴィランの衝撃の<その後>―、『マレフィセント2』、10月18日(金)日米同日公開!

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 今でも世界中で愛され続けている、『眠れる森の美女』に隠された“禁断の呪い”が生んだ究極の愛の物語の続編、『マレフィセント2』が、10月18日(金)に日米同時公開となる。 前作の『マレフィセント』はアンジェリーナ・ジョリーの主演作として、史上NO.1を記録、ヴィランの視点から語られる誰も知らなかった“本当の物語”として描かれ、これまで語られてきた、善悪の概念を覆し、マレフィセントの真実の愛と本当の姿を映し出した。 待望の続編となる、『マレフィセント2』では、数年後が舞台。オーロラ姫との真実の愛を見つけ、穏やかに暮らすマレフィセントを、再び邪悪な存在へと連れ戻そうとする敵が忍び寄る。本作で描かれる、“新たなる呪い”とは一体何なのか?

セレーナ・ゴメス、豊満バストが……

先週末、友人と一緒にショッピングに出かけたところをキャッチされたセレーナ・ゴメス(26)。ピンクベージュのTシャツにスウェットという超カジュアルないでたちの彼女に意地悪なコメントも。 セレーナ・ゴメス。 「Just Jared」に投稿されたセレーナの写真は、洗いざらしのようなヘアスタイルにすっぴんで浮かない表情。そんなせいもあってか、「起きたばっかりでシャワーを浴びたこともないとか? 髪もとかしてないよね」というコメントも。 ノーブラに関するコメントはないものの、オーバーサイズのTシャツから豊満なバストがくっきりとわかるのが妙にセクシーにも見えます。 また別の日には、愛犬を連れてハイキングを楽しんでいるところもキャッチされました。ファッションによって随分と見え方が異なり、こちらはかなりアクティブな印象。

【速報】ヘンリー王子とメーガン妃、長男アーチー・ハリソンの洗礼式の写真を公開。

ヘンリー王子とメーガン妃の長男、アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザーの洗礼式の公式写真が公開された。 ヘンリー王子とメーガン妃の長男、アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザーの洗礼式が7月6日(現地時間)、ウィンザー城内にあるプライベートチャペルで行われた。洗礼式は非公開に行われ、公式写真がサセックス公爵夫妻のインスタグラムで2枚シェアされた。 チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃、メーガン妃の母ドーリア、ダイアナ妃のふたりの姉が、1枚目のポートレイトで一緒に収まった。エリザベス女王は、先に決まっていた公務のために欠席すると事前に発表されていた。

ラミ・マレック、『007』シリーズ最新作の悪役を引き受けた理由を明かす。

ラミ・マレックは「信仰心のあるテロリスト」を演じたくなかったことから、『007』シリーズ25弾の悪役を受けるべきか、躊躇したという。 ラミ・マレック。 『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でフレディー・マーキュリーを演じてアカデミー賞主演男優賞に輝いたラミ・マレックは、『007』シリーズ25弾の悪役を演じる。だが、イデオロギーや信仰を反映するテロリストを演じたくないという考えを持っていることから、監督のキャリー・フクナガから出演オファーを受けた際に躊躇したのだそうだ。 エジプト人の両親を持つラミは、「デイリー・ミラー」紙とのインタビューでこう明かす。「僕が演じるのは素晴らしいキャラクターだからすごく楽しみにしてる。でもキャリーと話した時に1つ条件があった。『イデオロギーや宗教を反映したテロ行為は一切理解できない。それは僕が受け入れることではないから、それが僕を選ぶ理由だったら他を当たってくれ』とね」 幸運にもフクナガ監督が求めていたのはアラビア語を話すテロリストではなかったそうで、「彼はそんなヴィジョンを明らかに描いていなかった。だから僕が演じるのは全く異なる種のテロリストになるよ」と続けた。 https://www.instagram.com/p/BzWNJYrAtoS/?utm_source=ig_embed

ソフィー・ターナーとジョー・ジョナス、フランスの古城で2度目の挙式!

2019年5月1日(現地時間)にラスベガスでビルボード・ミュージック・アワード後、サプライズ挙式をしたソフィー・ターナーとジョー・ジョナスが南仏で2度目となる結婚式を盛大に挙げた。 ソフィー・ターナーとジョー・ジョナス 2016年から交際していたソフィー・ターナーとジョー・ジョナスが6月29日(現地時間)、フランス南部のプロヴァンス地方で2度目の結婚式を挙げた。5月にラスベガス婚したふたりは法的に夫婦となっているが、お互いの家族や友人たちを豪華な古城に招いて数日間にわたり、盛大に祝った。 https://www.instagram.com/p/BzOjCd2HOYz/?utm_source=ig_embed ゲストはジョーの兄弟ケヴィンとニック、ふたりの妻ダニエラとプリヤンカー・チョープラーをはじめ、ソフィーのブライズメイドを務めた『ゲーム・オブ・スローンズ』の共演者メイジー・ウィリアムズ、ジョーとMVで共演したモデルのアシュリー・グラハムとその夫ジャスティン・アーヴィンらが出席した。 https://www.instagram.com/p/BzVmMeqnsHt/?utm_source=ig_embed ラスベガスでの挙式をインスタグラムでライブ配信したディプロも招待されていたが、携帯を没収されたそうだ。自身のインスタグラムに「ジョーとソフィーの結婚式からの写真はこの1枚だけ。式の最中は携帯を預かられた。素敵な式だったらしいけどね」と綴っている。 https://www.instagram.com/p/BzGiTSMhL6n/?utm_source=ig_embed ちなみに挙式の約1週間前からパリに滞在し、観光を楽しんでいたジョーとソフィーは愛犬も同伴。花婿の付き添い役は兄弟のケヴィンやニック、フランキーらが務め、愛犬もタキシード姿で正装していたという。