Home ニュース

ニュース

ジェシカ・アルバがビキニ姿を隠す理由は!?

ヘルシービューティを誇るセレブといえばジェシカ・アルバ(36)。これまで幾度となくビキニ姿をパパラッチされている彼女が先日、ハワイでのバカンス中にキャッチされました。   夫キャッシュ・ウォーレン(38)、長女オナーちゃん(9)、次女ヘイヴンちゃん(5)と一緒にハワイ・ホノルルでバカンスを楽しんでいたジェシカ。 編み上げがセクシーなベージュのビキニを着用していたのですが、なぜか羽織りものでボディを隠し気味? https://www.instagram.com/p/BWmE1S-l3nE/ 昨年、スタンドアップパドルを楽しんでいるところをパパラッチされた時と比べてみると......。バストを含め、全体的にボリュームがアップしたようにも見えます。 https://www.instagram.com/p/BDUICdkAx0G/ とはいえ、ナイスボディに変わりはなく、今夏最もビーチファッションを注目したいセレブです。

ダリルとキャロルの姿が!『ウォーキング・デッド』シーズン8の画像が初公開

待望の『ウォーキング・デッド』シーズン8の画像が公式に初公開された。どうやら新シーズンでは、同作品のベストカップルの1つと言えるキャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)とダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)が活躍するようだ。 (※ここからネタバレ注意※)シーズン8では、シーズン7の終盤で宣言された「All Out War(全面戦争)」が描かれる。また、製作総指揮のスコット・M・ギンプルが『エンターテイメント・ウィークリー』に語ったところによると、このシーズン8では、さらに多くの再会や出会いがあるという。これは、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン7に似ているかもしれない。 シーズン8の公式トレーラー映像は、7月21日(金)にコミコンで初公開される予定なので、楽しみに待っていよう。シーズン8は米国で10月から放送開始する。詳しい日程は来週、コミコンで発表されるだろう。 The first exclusive photo from #TWD Season 8 shows Daryl and Carol reunited. Check it out on @EW: https://t.co/CVwP1tDQ7U pic.twitter.com/MIoqHKrO6X — The Walking...

シャイア・ラブーフ、酔っ払って逮捕されたことを受けて謝罪

  映画『トランスフォーマー』シリーズの俳優シャイア・ラブーフが、現地時間12日に公共の場で酔っ払い、秩序を乱す行為をしたとして逮捕されたことを受けて謝罪した。 シャイアは現地時間8日にジョージア州サバンナでタバコをもらうために居合わせた人や警察官に近づくが、タバコをもらうことができずに激怒。シャイアはその場を離れることを拒み、警察官に向かって攻撃的になったという。警察官が捕まえようとしたところ、シャイアは近くのホテルに逃げ、その後ホテルのロビーで逮捕された。シャイアは7000ドル(約80万円)を支払い、釈放されている。その後シャイアが警察官に「俺が人種差別主義者ならなんでタバコをお願いするんだよ? バカなビッ●」などと暴言を吐く動画が公開されていた。 そして、シャイアは現地時間12日にツイッターに謝罪文を投稿。シャイアは「僕の振る舞いを深く恥じていて、言い訳はありません」「私の行動で逮捕してくださった警察官に誠実に謝罪するのは当然です。そして、拘束してくださったことに感謝します」などと深く謝罪し、積極的にアルコールを自制していくと明かした。最後に「僕の失敗が許されることを願っています」と綴っている。

アシュトン・カッチャー、浮気報道にガチギレ! Twitterでビジネスマンらしく辛辣に反論

  エンジェル投資家としても世間から一目置かれている俳優のアシュトン・カッチャー(39)に、浮気疑惑が発覚した。若い女性とプライベートジェットに乗り込むところをパパラッチされ、ネット上は「2500万ドル(約28億円)の慰謝料払って離婚か!?」と大騒ぎに。しかし、この女性――実はただのいとこで、アシュトンは大激怒。スクープした雑誌に、辛辣な言葉を突きつけた。 アシュトン・カッチャーは、大学時代にモデルとしてスカウトされカルバン・クラインの広告などに登場した後、俳優に転身。20歳でレギュラー出演した大ヒットコメディ『ザット’70sショー』(1998~2006)でお茶の間の顔になった。25歳のときにクリエイター兼ホストを務めた米MTV局の番組『パンクト』(03~15)が爆発的なヒットとなり、若者たちのリーダー的存在となった。 ツイッターができたばかりの頃から活用して「元祖SNSセレブ」と呼ばれたアシュトンは、インターネット電話サービス「Skype」、民泊仲介サービス「Airbnb」、配車仲介サービス「Uber」など有望なスタートアップ企業に投資し、ビジネスパートナーと立ち上げた投資会社の資金を6年間で3000万ドル(約34億円)から2億5000万ドル(約285億円)に増やすなど「エンジェル投資家として先見の明を持つ」と高く評価されるようになっている。チャーリー・シーンが降板した『ハーパー☆ボーイズ』の後釜を、1話につき75万ドル(約8500万円)の出演料で務めるなど、俳優業のほうも至って順調。プロデューサーとしても活躍している。 過去にはモネ・メイザー、ジャニュアリー・ジョーンズ、アシュレイ・スコット、交際中に殺害されたアシュレイ・エルリン、ブリタニー・マーフィーら、若くてピチピチしたブロンド美女ばかりと交際を重ねていたが、03年に突然16歳も年上のブルネット熟女デミ・ムーアと付き合い始め、「ドッキリなのでは!?」とファンは混乱。2年後、27歳だったアシュトンは42歳のデミとゴールインし「ギャグじゃなかったとは……」と世間を仰天させた。 デミの元夫ブルース・ウィリスとも、デミとブルースの3人娘(28歳、25歳、22歳)とも仲良くし、「最先端をいくハリウッド・カップル」と呼ばれるようになった2人だが、11年末に破局。原因は度重なるアシュトンの浮気だとされており、10年にブリタニー・ジョーンズという21歳の女性が、11年にはサラ・リールという22歳の女性が「アシュトンとセックスした」と次々暴露。過去のブリタニー・マーフィーとの破局も「ブリタニーは落ち着きたかったけど、アシュトンはもっと遊びまくりたがって別れた」と報じられていたこともあり、「根っからの浮気男なんだろう」「目移りするタイプなのでは」とバッシングされた。 アシュトンはそんな世間の声は気にせず、『ザット’70sショー』で共演した6歳年下の女優で長年友人関係にあったミラ・クニスと交際を開始。ミラはマコーレー・カルキンと別れたばかりで、長身で頼もしいアシュトンに夢中になる。12年春には2人が一緒に出かける姿が頻繁にパパラッチされるようになり、14年にはNBAの試合観戦中にキスを披露。その後、ミラは妊娠し、14年9月に第一子となる女児を出産。15年7月に2人はゴールインし、昨年12月には第二子の男児が誕生するなど、温かい家庭を築いていると見られてきた。 そんなアシュトンに、浮気疑惑が発覚したとタブロイド雑誌が伝えたのだ。 浮気疑惑をスクープ報道したのは米タブロイド紙「Star」で、最新号に「火急の問題!」「ヘイ、アシュトン! その女の子は誰!?」という大きな見出しの記事を掲載。若いブルネットの美女と高級車から降り、プライベート・ジェット機に乗り込むパパラッチ写真と一緒に「6月26日にLAで撮影されたもの」「プライベート・ジェット機」「ミラに隠れて謎の美女とランデブー」など、いかにもアシュトンが浮気しているかのように書き立てた。 この報道にファンは「またアシュトンの浮気癖が出たのか」と落胆。ミラと結婚した直後、米大手タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」が「もしアシュトンが浮気をしたら、ミラに2500万ドルを支払う」という婚前契約を結んだと報じたこともあり、「多額の慰謝料を払って離婚か」「子どもが2人もいるから養育費もたくさんむしり取られそう」と心配されていた。 しかし、今回の浮気疑惑報道にアシュトンはすぐさまツイッターで反論。「俺がいとこと出かけたことで、ミラがどれほど悲しみ怒ったのかを取材すべきだったね。ごめんね、ジョディおばさん。こういう雑誌はインテグリティに欠けてるよね」と、問題の記事を撮影した写真とともにツイートしたのだ。 https://twitter.com/aplusk/status/883995310615396352 「インテグリティ」とは、ビジネスの世界でよく使われる「仕事だけでなく、自分自身、社会に対してきちんと向き合い、嘘偽りなく真面目に取り組む」というニュアンスの言葉。ネット上では「『インテグリティに欠けている』と非難するなんて、さすが敏腕投資家のアシュトン」だと感心する声が上がった。 アシュトンは今年4月に「社会のお手本となる人格者」に贈られるキャラクター・アワードの受賞スピーチで、「5年ほど前に“不倫男”とゴシップ誌に書きまくられたような男が、キャラクター・アワードを受賞するのは初めてなのではないでしょうか」と皮肉り、浮気報道にうんざりしていたことを明かしたばかり。そんなタイミングでの今回の浮気報道に、ムカつきを抑えきれなかったのだろう。 彼は思いつめやすい性格の持ち主としても知られている。母子家庭出身の上、脳性麻痺の双子の弟は心臓移植手術などが必要だったため、生活は非常に苦しく、献血して金を稼いだり、高校時代に学校の金を盗もうとして逮捕・起訴され3年間の保護観察処分を受けるなど、暗い過去を持っている。今も昔も家族をとても大切にしており、弟に自分の健康な心臓をあげたいがために自殺しようかと考えたこともあると明かしているほど、家族思いだ。 『ザット’70sショー』放送開始当時ミラはまだ14歳で、19歳だったアシュトンはずっと兄のように彼女を守ってきた。その気持ちは交際を始めてから一層大きくなり、2年前にミラがウクライナ人歌手から「小学生だったミラに、大事にしていたニワトリを盗まれた」と訴えられた際には、自身が投資する「ミーアキャット」という動画アプリにその歌手を激しく批判する動画を投稿。「そんなにキレなくてもいいのに」というくらい大声でディスりまくり、大きな話題を集めた。今回の浮気報道に対する反論も、「これまでも、これからもミラのことを大事にし、守り続けていく」意思表明だとも見られている。 また、先月には深夜のトーク番組で「うちの娘はロシア語、スペイン語、英語の3カ国語が話せる」と親バカを炸裂。「ファミリーマンになったアシュトンが浮気するわけない」「もう浮気などせず、このまま落ち着くだろう」とする声も上がっている。 だがその一方で、14年に英大手タブロイド紙「The Sun」が、ミラと付き合い始めた頃のアシュトンとセックスしたという21歳の女性の証言を掲載したことを引き合いに出し、「今回はいとこだったけど、今後浮気する可能性は低くない」と見る人は多い。 アシュトンは、6月10日に「仕事場での男女平等」をテーマとしたフェイスブックのライブチャットで司会を務めるにあたり、事前に世界最大級のビジネス特化型SNS「Linkendln」で、この議題に関する意見を求めて「職場恋愛のルールは? いちゃつくのはどこまでOK?」などと投稿。「男女平等な職場づくりを語るのに、なんで職場恋愛が出てくるの? 女をバカにしてるの?」と批判が殺到、女性から敵視されつつあった。浮気疑惑を払拭したことで少しはイメージを回復したものと思われるが、今回の騒動で「そういえば浮気男だったよね」と思い出した人も少なくなく、当分、世間から白い目で見られるだろうと懸念されている。  

エル・ファニング、ソフィア・コッポラ映画への再出演を熱望。

エル・ファニング(19)は『サムウェア』への出演以来、ソフィア・コッポラの作品に再び出演することをずっと夢見ていていたという。   エル・ファニング(19)は『サムウェア』への出演以来、ソフィア・コッポラの作品に再び出演することをずっと夢見ていていたという。そんなエルは念願叶って新作映画『ザ・ビガイルド』にて再びコッポラ監督作品に登場し、アリシアという10代の女子生徒役を演じている。 エルは『コリダー』に次のように語った。「ソフィアからメールをもらったの。キルスティン・ダンストがエドウィーナを、ニコール・キッドマンがマーサ校長を演じると言っていたわ。私は『生徒の1人のアリシアを演じて欲しい』って言われたの。ソフィアはこの悪女の役を私にやらせたくて仕方なかったみたい。わくわくすると言っていたわ。もちろん返答はイエスよ。他でもないソフィアだもの。『サムウェア』に出演して以来、また一緒に何かできないかってずっと考えていたの」。 南北戦争中の負傷兵を軸に物語が展開するこの作品は、トーマス・カリナンの同名小説を原作とし、1971年に『白い肌の異常な夜』として一度映画化もされている。 フランシス・フォード・コッポラを父に持つソフィアは、最新作『ザ・ビガイルド』への意気込みをこう話す。 「物語の設定全てに惹かれたの。負傷兵が敵地の女学院に救出されるだなんて、とても興味深い状況だわ。それに私は、この物語を今度は女声目線で描いたら面白くなるんじゃないかと思ったの。リメイクではなくて、再解釈ね。我が家では『リメイク』という言葉は嫌われているの。だから私は使わないわ」。      

SJ ソンミン、チーム活動に不参加!「ファンを傷つけてしまった」

SUPER JUNIORのソンミンが、メンバーらの除隊に合わせて下半期に予定されているSUPER JUNIORのカムバック活動に参加しないとファンに報告した。 ソンミンは6日、自身のインスタグラムに「まずは、多くのファンの方々にご心配をお掛けして申し訳ありませんでした」とし「あれこれの良くない話がたくさんありましたが、独断で判断して行動できる問題ではなかったので...お答えが遅くなりまして申し訳ございません」と謝罪した。 また、「振り返ってみれば、結婚を準備する過程から、10年以上多くのファンの方々の愛をいただいてきたアイドルである私の立場は、決して一般的ではないという事実に目を背けていたような気がします」とし「より細心の配慮と誠実な姿勢が必要だったその時期にそうしていなかった私のことで傷ついたファンの皆さんと、雪だるまのように大きくなっていく、根拠のない誤解と噂でもう一度裏切られた気持ちになった方々に、もっと積極的に声をかけるべきだったと思います」と語った。 ソンミンは、「軍隊でいるとき、一日一日とても待っていた、必ずやってみたかったメンバーらとの活動ですが、SUPER JUNIORの大事な今回のアルバムがうまくいくことを願う気持ちで、今回の活動には参加しないことにしました」とチーム活動に参加しないことを明らかにした。 また、「みんなに大事な今回のカムバックで、私のせいでELF(SUPER JUNIORのファンクラブ)のみなさんが心から応援できなくなる状況だけは作りたくありませんでした。私を愛してくださり、応援してくださるファンの方々には申し訳ありませんが、私がさらに時間をかけて努力しなければならないと思います」と謝罪した。

「みっともない姿になる前に・・・」ロバート・ダウニー・Jrがアイアンマン役の降板を示唆

ロバート・ダウニー・Jrはまだ華のあるうちにトニー・スターク役から降りる心づもりで居るそうで、世間から「まだやってたの?」と思われないようにしたいらしい。すぐに降板するわけではないが、視野に入れているということである。 ロバートがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参加した──と言うか、誕生させた──のは2008年の『アイアンマン』だ。52歳の現在、MCU第16作目となる『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーション中で、19作目となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(原題)を撮影中でもある。豪ニュースサイト「ニューズ・コープ・オーストラリア」とのインタビューで、当フランチャイズの今後について語り、2014年の『ジャッジ 裁かれる判事』を最後にMCU映画以外には出演していないと述べている。つまり、その後の出演作は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』そして今回の『ホームカミング』と『インフィニティ・ウォー』(そして『アベンジャーズ4(仮題)』も?)だということだ。 今のところ『アイアンマン4』については未定だが、降板する予定はないと言っている。 「巡り廻るというのかな。アベンジャーズの1作目が公開された時『これ以上の作品はできない、とりあえず観てくれ』なんてことを言ってたかも知れない。でも自分にはいつも人と機会の巡り会わせが大切でね。例えば(新作『アベンジャーズ』の監督、アンソニーとジョー)ルッソ兄弟のように憧れの人たちとかだね。 みんながこれは本当にハマリ役だと言ってくれる。毎回1からやり直すんだが、いつもしっかりできた礎の上でやり直している。ただ、もう1作、あと1作やると決めたばかりに、出演した(MCU映画の)最後の6~7作品でとんでもないミスをして失敗作にしたくない。みっともない姿になる前に身を引きたいんだ」 キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスはロバートのことをフランチャイズのリーダーと呼び、「最初の『アイアンマン』が成功していなければ、ここまで来られなかっただろう。ダウニーはこのファミリーの家長なのさ。みんなが尊敬してるよ」と話している。エヴァンスの方でも、キャプテン・アメリカ役を降りるようなことをほのめかしていると話題になったが、後日『USA Today』紙に「ダウニーが役を降りるなんてまだまだ先の話だ。それにトニー・スターク役のダウニーを交代させるなんでできないよ。あの役を演じられるのは他に誰もいないね」と語っている。 しかし、フランチャイズのためにも、そして俳優として、役柄のことも考慮して、いずれはやってくる降板については考えておかねばなるまい。『アベンジャーズ4(仮題)』はMCU第22作目となり、その他のプロジェクトも着々と進行している。人気の高い(かつ魅力的な)シリーズなので急いで終止符を打つこともない。ただ、ロバートが降板の時期を考えているというのを非難することはできないだろう。

ベラ・ハディッド、トップレスでランウェイに

パリで開催されたAlexandre Vauthier の2017-18年秋冬オートクチュール・コレクションに出演したベラ・ハディッド(20)。 シースルーから上半身が透けて見えるセクシーなスタイルでランウェイを歩き、注目を集めました。 https://www.instagram.com/p/BWJFbbBHayP/ その数日前には、ベネチアで撮った手ブラ写真も公開。セクシーさでは姉のジジを超えているベラ。まだまだこれからも披露してくれそうです! https://www.instagram.com/p/BV9iKrpHBfp/  

ディカプリオの元恋人ニーナ・アグダル、スーパーモデルのクリスティ・ブリンクリーの息子と熱愛?

25歳のモデルのニーナ・アグダルが、スーパーモデルのクリスティ・ブリンクリーの息子で22歳のモデルのジャック・ブリンクリー=クックと熱愛を噂されている。 今年5月に約1年の交際の末に俳優のレオナルド・ディカプリオと破局したニーナ。そして、そんなニーナが現地時間6月29日にジャックさんと一緒にいるところを写真に収められた。さらに現地時間2日にはニューヨーク州モントークでジャックと友人たちと一緒にジャックのモデルの妹セイラーの誕生日を祝っていたとのこと。関係者は「ニューヨーク・ポスト」誌に「真剣です」「彼らはとてもキュートですよ」とコメントしているが、別の関係者は「真剣に付き合っているというのは強い意味です。彼らは若いですし、7月4日(独立記念日)ですからね」と話している。 ニーナとジャックはこのまま友人たちと一緒に4日の独立記念日を祝うことが予想できるだろう。果たしてニーナはレオナルドから前に進んで新たな恋をしているだろうか?