Home ニュース

ニュース

セレブだらけ。コーチェラ参戦にかかる費用、ハウマッチ?

一般の人がコーチェラに参戦して、セレブと同じようなVIP体験をするためにはどんな努力と費用が必要なのか? ユニコーンやマーメイド、キラキラグリッターの華やかな表面の後ろにドンと構える現実をレポート。 レディー・ガガ、ビヨンセ、レディオヘッドというキラーラインナップがまばゆい今年のコーチェラ。セレブやモデルたちは殆どお仕事、つまりは現在一大コンテンツになっているコーチェラにブランドやPR会社から招待されて、つまりお金を支払われた上で参戦しているのが現実。では、一般の人がコーチェラに参戦して、セレブと同じようなVIP体験をするためにはどんな努力と費用が必要なのか? ユニコーンやマーメイド、キラキラグリッターの華やかな表面の後ろにドンと構える現実をレポート。   入場料は399ドル~ フライトは800ドル~ 車中泊でも113ドル 抑えて抑えて総額742ドル VIPコースは8077ドル! 入場料は399ドル~ まずはチケット。通常の入場料は399ドル(約4万3000円)。VIPエリアへの入場チケットは899ドル(約9万8000円)。ただ、ここで立ちはだかるのがコーチェラのチケットは発売開始から3時間でソールドアウト。e-Bayなどで再販された場合料金は販売価格の2倍の値段からスタートという争奪戦にまずは勝って。   セレブだらけ。コーチェラ参戦にかかる費用、ハウマッチ? フライトは800ドル~ コーチェラ開催地はロサンゼルスのLAX空港から車で3時間ほど。ところが聖金曜日からイースターにまたがって週末三連休をとる人や春休みの最終日と開催時期が重なるのでエアチケットが高騰する季節。しかも乗降客の多いLAX着。となれば国内線でも相場は3月中旬に入る前から通常の45%高騰。エコノミークラス、LCCでも往復800ドルから1500ドル(約8万7000~16万円)かかる見込み。   セレブだらけ。コーチェラ参戦にかかる費用、ハウマッチ? 車中泊でも113ドル こちらも楽しんでおきたい肝心のステイ。もっとも安上がりなのが駐車場に止めた車やテント持ち込みでのステイ。これにかかる費用が通しで113ドル(約1万2000円)。+キャンプに必要最低限の身の回り品にかかる費用が80ドル(約8700円)と想定。 グランピングができるプレミアムエリアでのテントステイにかかる費用が4人で通しで3196ドル(約34万7000円)、VIPエリアでは5200ドル(約54万6000円)。コーチェラオフィシャルの会場内では、バックステージへのアクセスも含まれた松竹梅で言えば“松コース”のステイも可能。こちらのサファリテントでのグランピングは2人で7500ドル(約81万円)、4人まで利用可能なので残りの2人分がひとり当たり追加1750ドル(約19万円)といった具合。   セレブだらけ。コーチェラ参戦にかかる費用、ハウマッチ? 抑えて抑えて総額742ドル もし会場近くに住んでいて、飛行機に乗る必要もなく、オフィシャルチケットを定価でゲットして、テント泊するという最安コースでチケットが399ドル(約4万3000円)、キャンピングパスに113ドル(約1万2000円)、飲食に150ドル(約1万6000円)、キャンプ装備費、身の回り品に80ドル(約8700円)として計算すると最安コースでも742ドル(約8万1000円)かかる見込み。   セレブだらけ。コーチェラ参戦にかかる費用、ハウマッチ? VIPコースは8077ドル! ではVIPコースとしてVIPチケットで入場、飛行機で現地入り、4人でグランピング、すべての飲食を会場内で済ませると、チケット代が899ドル、エルドラド・レイクでのVIPテントステイが5200ドル、会場内の飲食費に300ドル、エアチケット代に1000ドル、フェス映えするコーデに678ドルかかるとすると、合計はざっと8077ドル(約88万7000円)! これでは確かに「セレブ専用」フェスになってしまうのも納得。自腹で行っている皆さんに拍手です。   セレブだらけ。コーチェラ参戦にかかる費用、ハウマッチ?

リアーナの斬新過ぎるファッションが話題に

今年のコーチェラ・フェスティバルで注目をさらったのは、パフォーマンスすらしていないリアーナだったようだ。 「Work」などの大ヒット曲を数多く放つ、リアーナ。先週末行われたコーチェラ・フェスティバルで撮った写真をインスタグラムでシェアしたのだが、この最大級のフェスで全身に身に着けた、キラキラと輝くグッチのメッシュのボディスーツがネット上で話題になっている。 リアーナは、グッチの2017年秋コレクションで発表された斬新なボディスーツの上に、「Common sense is not that common(常識はそんなに一般的じゃない)」というフレーズが書かれた同ブランドのTシャツを着て、ジーンズのショートパンツ、ダイアモンドがちりばめられたサングラス、厚底の靴を合わせている。 https://www.instagram.com/p/BS8FPXfD2he/ 「まだ家には帰れないわ。だって私の服、まだ多くの人に見られてないんだもの」 さらに、リアーナは、そのボディスーツとお揃いのマスクをかぶった写真を続けて投稿。このマスクをかぶっている姿は、この写真が彼女のインスタグラムに投稿された物と知らなければ、これがリアーナだとは気付かないだろう。 https://www.instagram.com/p/BS9PS0ODWDy/ この2枚目の画像には、「Phresh out(フレッシュアウト)」というキャプションが付けられているが、これは、彼女のヒット曲「Phresh Out the Runway」と掛けていると思われる。 あっと驚くようなファッションでいつも注目を浴びるリアーナ。だが、今回のファッションは今までの中でも最も忘れ難い、大胆不敵なファッションの1つと言えるだろう。  

ハリー・スタイルズ、寝袋を持って待つファンに差し入れを届ける

イギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズが、ファンに差し入れを届けたことが分かった。 今月7日にソロデビューシングル「Sign of the Times」をリリースし、現地時間15日にテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演したハリー。ファンは現地時間14日に番組のチケットを取ろうとニューヨークの道で寝袋や荷物を持ってキャンプをしていた。 そして、そんなファンのためにスタッフらしき人たちが大量のピザやキウイ、りんごや飲み物を持って差し入れに。差し入れはすべてハリーからだという。並んでいたファンはその様子を写真に撮って、「ハリーが私たちにピザを買ってくれた」とSNSに投稿していた。 ファン思いの優しいハリーに、ファンたちはさらにメロメロになっただろう。 https://twitter.com/HSupdating/status/852979876315381760?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.hollywood-news.jp%2Fnews%2Fgossip%2F74918%2F

エディ・マーフィの兄が急死――ハリウッドに悲しみ広がる

エディ・マーフィの兄で、コメディアンのチャーリー・マーフィーが米国時間12日、白血病で死去した。57歳だった。   エディは家族を代表して声明を発表した。   「息子であり、兄であり、父であり、叔父であり、友人だったチャーリーを失い、私たちの心は重く沈んでいます。チャーリーは家族を愛と笑いで満たしてくれました。彼の存在を恋しく思わない日は決して来ないでしょう。たくさんのお悔やみと祈りに感謝します」   家族は、チャーリーが白血病と闘っていることは当然知っていたが、回復すると信じて疑っていなかったという。それだけに、チャーリーの突然の死がもたらしたショックは甚大だ。   チャーリーは俳優として数多くの映画、テレビ番組に出演した他、エディの主演映画『マッド・ファット・ワイフ』の脚本家や、デイヴ・シャペルのコント番組「Chappelle's Show」の作家としても活躍。その才能は誰もが認めるものだった。   偉大なコメディアンの死を、多くの有名人が悼んでいる。   コメディアンのケヴィン・ハートはTwitterで「おい……ウソだろ。安らかに眠ってくれとしか言えない。友達としてだけじゃなく、俺がまだひよっこだったときに俺を信じてくれてありがとう。彼の書くストーリーは伝説的で、信じられないほど素晴らしくて、心に残るものだった。あなたと知り合えて俺はラッキーだった。そして、友達になれたことは本当に本当にラッキーだった。あなたがいなくて寂しいよ」と心に迫る追悼文を公表。   昨年のアカデミー賞授賞式で司会を務めたクリス・ロックは「俺たちは、世界で最高に面白い兄弟の1人を失った。チャーリー・マーフィー、安らかに」。シンガーのジャネール・モネイも「あなたの献身は、決して忘れられることはない。来世で会いましょう」と別れの言葉を贈った。

シャーリーズ・セロンの顔がまるで鉄仮面のようで不自然!?

『ワイルド・スピード ICE BREAK』のプレミアに登場したシャーリーズ 写真:SPLASH/アフロ ニューヨークで行われたプレミアイベントで、シャーリーズ・セロン(41)のシースルーの下着ドレスとともに、凍り付いたシワひとつない顔が話題になっている。 【写真を見る】美しい!シースルーのスパークリングドレスを着たシャーリーズ・セロン マンハッタンのラジオシティ・ミュージックホールで、シリーズ第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』(日本公開4月28日)のプロモーションのためレッドカーペットを歩いたシャーリーズは、今回も広告塔を務めている黒いディオールのドレスで登場した。 長袖ハイネックのシースルーのスパークリングドレスは、ブラとショーツ、ひざ上のブーツがスケスケで話題となったが、それ以上にネットユーザーたちが反応したのはシャーリーズの顔だ。かねてから、若々しいと言われてきたシャーリーズだが、今年のアカデミー賞受賞式でも、そろそろボトックス顔になってきたのではないかと、顔の変化が指摘されてきた。 そして今回は、ヘアをアップにした顔にはまるでシワがなく、まるで能面のようでかえって不自然にさえ感じられることから、「ついにシャーリーズも!」「典型的なボトックス顔になりはじめた」「無表情なのは典型的」「美しいけど、まるで鉄仮面!」といった声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】

ブラッドリー・クーパーとイリーナ・シェイクに第1子誕生!

ブラッドリー・クーパー(42)とイリーナ・シェイク(31)に第1子が誕生した。 ブラッドリー・クーパー(42)とイリーナ・シェイク(31)に第1子が誕生した。2015年から交際を続けている2人の間に2週間前に赤ちゃんが誕生したようだが、現在のところ性別や名前は明らかになっていないとピープル誌は報じている。 2016年に行われたヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)のファッションショーでイリーナは少し膨らんだお腹を観客に披露しており、当時2人の友人らの間ではブラッドリーとイリーナが婚約寸前だという噂が飛び交っていた。ある関係者は当時「2人はプライベートの生活について語らない人たちなので、婚約や結婚をみんなに知られないようにする可能性はありますね。2人は今後一緒に人生を歩みながら1人以上の子どもを持つ未来が自分たち自身で見えています。2人は一緒にいてとても幸せなんですよ」と語っていた。 そんなイリーナも昨年、家族を持ちたいと話していたことがあった。「家族こそが私たちが生きている意味だと思うの。私は仕事が大好きだし、とても大切よ。自分の仕事をとても楽しんでいるけど、それが人生の中で一番重要というわけではないの。家族、友達、私の愛する人達こそが重要なのよ。私の父と母は20年以上前に結婚したわ。そしていつか、私も家族が欲しいの。だって、地球上で最もそれが大切なものじゃない。そのための完璧な時なんてないわ。大切なことは側に正しい人がいるかってことよ。私の姉は22歳の時に子供を産んでいて、彼女にとってそれは完璧なタイミングだったのよ。次の1月で私は31歳になるわ。だからすぐに子供ができたらそれは完璧なタイミングよね。まあ、わからないけど。そのときが来ればわかるわ」。 2人が子供を授かったことがわかった際にはブラッドリー自身もとても喜んでいたそうで、ある関係者は「ブラッドリーはいつも彼女のそばにいて、お腹の中で大きくなっていく赤ちゃんを見ることをとても楽しんでいます」とコメントしていた。

ブラッド・ピットがゲッソリ激痩せ……その理由は?

アンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動が持ち上がってからというもの、公の場に姿を現す機会がめっきり減ったブラッド・ピット(53)。制作総指揮を務めた『ムーンライト』が今年のアカデミー作品賞に輝いたにも関わらず、受賞式に彼の姿はなかった。 そんなピットが米国時間5日夜、久々に映画のプレミアに登場した。自身が所有する映画製作会社「Plan B Entertainment」が手がける『The Lost City of Z』だ。先週、外出したところをパパラッチに撮られたピットは、「本人かどうか最初はわからなかった」と目撃者が語るほど痩せ細っていたという。ジョリーとの離婚前はガッチリした体格という印象が強かったが、一体何が起こったというのだろうか。 レッドカーペットに現れたピットは、実際にかなり痩せていた。恰幅のよかった上半身もほっそりとし、顔からは油が抜けきったようだ。 「離婚にまつわるゴタゴタや、子どもたちと会えないストレスで拒食症にでもなってしまったのでは……」と心配する声も挙がったが、ピットは心身ともに健康そのものだという。PEOPLE誌によると、子どもたちの監護権を巡る争いが一段落した後、ピットの精神状態は以前と比べて劇的に改善。ほぼ毎日のようにワークアウトに励み、贅肉を落としてスタイルの改善に腐心しているとか。 子どもたちとの面会ができるようになったことで心に平穏が訪れたのだろう。表情も和らぎ、笑顔も戻ったようだ。

リリー・コリンズが自伝を発売! 過去の辛い経験と共に伝えたいこと

映画「白雪姫と鏡の女王」や「あと1センチの恋」で知られる女優のLily Collins(リリー・コリンズ)が3月7日にエッセイ『Unfiltered: No Shame, No Regrets, Just Me』を発売。 リリーはこの本の発売について「私の日記が発売されるような気分よ」と、過去の恋愛や家族についてとてもオープンに書いているという。本について詳しく説明する前にリリーのプロフィールを簡単に紹介! リリーは1989年生まれのイギリス出身。リリーの父親はイギリスのロックミュージシャンであるPhil Collins(フィル・コリンズ)。リリーが7歳の時に両親が離婚し母親とLAに移ることに。南カリフォルニア大学でジャーナリズムを学び10代の頃から雑誌『ELLE Girl』や『Teen Vogue』のコラムを書いた経験も。 一躍世界的スターとして有名になったきっかけは、2012年の映画「白雪姫と鏡の女王」。オードリーヘップバーンの再来と話題になった。 今回発売したエッセイのタイトルは『フィルターを通さない:恥ずべきではない、後悔のない、ありのままの私』という意味。 父親もミュージシャン、雑誌のコラムを執筆したこともあり今大活躍中のリリー。そんな元気一杯の笑顔を見せる彼女には辛い経験があった。 摂食障害 高校生の時に父親が再婚。忙しい人生の中で女優を目指すリリーがとった行動は、食べ物を制御することだった。過度に運動しガムを噛み、下剤やダイエットピルの中毒になってしまったことも。それでもいつも親友のような存在である母親が、克服できるよう助けてくれたそう。 虐待的な関係 リリーは20歳の頃付き合っていた彼氏にVerbal Abuse(言葉による虐待)を受けていたと話した。リリーが友人や家族と過ごす時間をコントロールされたりと不安にかられ、「偽りや共依存そしてかなり厄介なものでいっぱいのロマンチックな関係だった」と語った。 父親、フィルについて リリーの幼い頃から、フィルは家を空けアルコール依存にも陥った。「彼の不在は私がコントロールできるものでもなく理解できるものでもなく、とても痛みを伴うものでした」と語るも、今は悲しみや怒りを受け入れ父を許せるようになったという。 この本にはリリーが経験した過去、そしてそれらを受け入れる大切さが、リリー自身の言葉で書かれている。 (大勢の中で立ち上がることは、溶け込むことよりももっと価値がある) このエッセイのレビューには 「リリーは不完全であることを認め、暗い側面にも関わらずユーモアと可愛らしさで打ち明けてくれた」 「この本はとても正直でオープンで、多くの教訓を持つ友人と会話しているみたいだわ」 とリリーの勇敢さに多くの人がインスパイヤを受けているよう。 リリーは、ソーシャルメディアを通してファンが自分たちのストーリーをシェアしてくれたため、自分も経験を話して若い女性を手助けしたいと思ったのがきっかけなのだそう。 また2017年に公開予定の映画「To The Bone(原題)」で摂食障害を克服しようとする若い女性を演じたリリー。映画祭のインタビューで摂食障害の過去を告白した。 「多くの若者が抱えているタブーな問題こそ、受け入れてオープンに話し合うことが大切だと伝えることが、私のやるべきことだと思ったの」と語った。 インタビュー後インスタグラムに「過去を打ち明けたおかげで、今すごく自由に感じられる」と喜びのコメントとともにファンに感謝の言葉をつづった。そして最後に「覚えておいて。あなたは決して一人ではない」という文を添えて。 リリーのように、辛かった過去の経験を公然と話すことは簡単ではなく、とても勇気がいること。でも「時には私たちが最強のものと戦うことが私たちの強みである」とリリーが言うように、向き合って受け入れることができれば気持ちも楽になって強くなれる。 同じ悩みを抱えていなくても、共感できたり、リリーの勇敢な姿勢に勇気をもらえるんじゃないかな。リリーはこのエッセイを通して「受け入れる幸せ」をみんなに伝えようとしている。 過去の経験を恥ずかしいと思ったり後悔したりせず、ありのままの自分で、自由に自分の人生を楽しめるように。  

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』日本版ポスターが解禁!!

壮大なスケールとアクションで贈る史上空前のエンターテインメント『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の日本版ポスターがついに解禁されました! 公開されたポスターは、ジョニー・デップ扮する孤高の海賊ジャック・スパロウ、アカデミー賞俳優ジェフリー・ラッシュが演じるバルボッサの姿などおなじみのキャラクターと共に、新たな顔ぶれが並び、これまでにない冒険を想起させるビジュアルです。 顔面に亀裂が入り、殺気漂う表情を浮かべるのは、ジャックの前に立ちはだかる最恐の敵“海の死神”サラザール。本作には若き日のジャック・スパロウの姿も初登場しますが、“海の死神”となったサラザールとの因縁の秘密も描かれています。 海賊の全滅をもくろむサラザールは、ジャックに嵌められ全てを奪われ、不死の呪いをかけられました。そんなジャックへの復讐心から彼の命を狙いにやってきます。 「ジャック・スパロウ―― 今度はお前が死ぬ番だ」 一度死んでいる“海の死神”サラザールのこの言葉は、ジャックとの間に大きな因縁があることをうかがわせますが、過去にこの2人の間に何があったのか――。サラザールを演じるのは、21世紀最大の悪役俳優との呼び声高いアカデミー賞俳優のハビエル・バルデム。ウィルの息子ヘンリー・ターナー役のブレントン・スウェイツや、天文学者カリーナ役のカヤ・スコデラリオら、次世代スターの活躍も必見! ポスターにも登場する彼らが、ジャックとどんな冒険を繰り広げるのか今から公開が待ち遠しい!! 手に汗握る迫力満点の壮大なアクションや、唯一無二の存在ジャック・スパロウのどこか憎めないひょうひょうとしたユーモアのある要素も健在! さらにはウィル・ターナー役のオーランド・ブルームがシリーズ復帰!シリーズ最大にして最高のエンターテインメントがついに誕生! ジャック・スパロウ最後の冒険が始まります!   『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ 製作:ジェリー・ブラッカイマー 出演:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/     ハビエル・バルデム/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラーリオ/ジェフリー・ラッシュ他 原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales 全米公開:2017年5月26日 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン