You Are Browsing ‘ビデオ’ Category

テレビシリーズ「GOTHAM/ゴッサム」のベン・マッケンジーと共演者のモリーナ・バッカリンが、現地時間2日にニューヨークで結婚式を行っていたことが分かった。 ベンとモリーナはすでに昨年3月に娘フランセス・ライズ・セッタ・シェンカンが誕生。2人は昨年11月に婚約したことが明らかになった。 そして、ベンとモリーナがニューヨーク州ブルックリンにあるガーデン「Brooklyn...

26日に行われた第89回アカデミー賞の司会者として、大成功を収めたジミー・キンメル。キンメルはマット・デイモンとの悪ふざけで笑いをとったり、バスツアーの観光客にどっきりをしかけたり、痛烈な皮肉でスターたちを存分にからかったりして会場を楽しませたが、今回は、そんな授賞式での彼の愉快ないたずらを振り返ってみよう。 一晩中マット・デイモンをからかい続けるキンメルはショーの始めに、長年の”宿敵”マット・デイモンと和解するとつもりだ、と観客に誓った。しかし、再び彼がデイモンに非難をぶつけるまで2分ともたなかった。今回最高の「デイモン叩き」は、キンメルがデイモンの出演する『幸せへのキセキ』について語る映像が流れたときだろう。「マットは言葉が聞けて、繰り返すことができる。彼が仕事を一生懸命やっていることが分かるだろう。・・・本当に努力しているんだ。これを100回は見たし、今でも鳥肌が立つ。彼には才能がないけど、頑張っている」と小馬鹿にした。そして、デイモンとベン・アフレックがプレゼンするためにステージに上がってくると、キンメルは、マットがアフレックのゲストであると紹介し、マットが話始めると即座にオーケストラに演奏させ、ステージから降ろした。 『ライオン・キング』のシンバのように、『LION/ライオン~25年目のただいま』の子役サニー・パワーを抱きかかえる『LION/ライオン~25年目のただいま』の子役サニー・パワーにインタビューをしていたキンメルだったが、『ライオン・キング』でラフィキがシンバを抱えるシーンを真似て、音付きでサニーを抱きかかえた。 バスツアーを楽しんでいた観光客たちを内緒で会場に誘い込むキンメルは、ハリウッドのバスツアーに参加中の観光客を、内緒で授賞式が開催中の会場に招き入れるというどっきりをしかけた。会場への扉が開くと観光客たちはまさかの状況に唖然。観光客の1人の女性がジェニファー・アニストンからサングラスを貰ったり、デンゼル・ワシントンがその女性と夫に誓いのキスをさせたりと、どっきりは大成功だった。 授賞式中にトランプ大統領宛てにふざけてツイートを投稿ジミー・キンメルは、トランプ大統領への不信感を包み隠したりするような人間ではない。式の途中にもかかわらずスマートフォンを手に取り、それを会場の大画面に映した上で「起きてる?」と大統領にツイートを打つキンメル。続けて、先日の第74回ゴールデン・グローブ賞でトランプ批判を行い話題を呼んでいる女優メリル・ストリープがこの会場にいたことから、「メリル・ストリープがよろしくと言っている(#merylsaysHi)」というハッシュタグを付けて投稿し笑いを誘った。 ■参照リンク http://www.aol.com/...

ディズニーアニメ不朽の名作『美女と野獣』の実写版から、新しい映像が公開された。ルーク・エヴァンスとジョッシュ・ギャッドが、本作品の中でも有名な曲を高らかに歌い上げる場面の映像はほんの短いものだが、映画が公開されたあかつきには観客を楽しませること間違いなしだろう。去る2月14日に米情報番組『グッドモーニング・アメリカ』の中で披露されたこの映像は、エヴァンス演じる自惚れ屋で傲慢な悪役ガストンと、ギャッドが扮する間抜けな子分ル・フウが、ガストンに媚びへつらいながらビールをあおる飲み客に囲まれて、男の中の男ガストンの賛歌を歌う酒場のシーン。20秒に満たない短いものだが、表情豊かなギャッドとエヴァンスのさりげなく自慢げな歌声から察するに、オリジナルのアニメに引けを取らない楽しい曲に仕上がっているようだ。The...

マライア・キャリー(46)が新作ミュージックビデオの中で着る機会を失ったウェディングドレスを燃やしている。マライア・キャリー(46)が新作ミュージックビデオの中で着る機会を失ったウェディングドレスを燃やしている。マライアのニューシングル『アイ・ドント』は昨年10月に豪大富豪ジェームズ・パッカー氏と婚約を解消したことをテーマにしており、そのミュージックビデオの中で、マライアはボラボラ島の結婚式で着るはずだったウェディングドレスを火の中に放り投げている。 ゴシップサイトの『TMZ』によれば、25万ドル(約2800万円)相当といわれるヴァレンティノ(VALENTINO)によるオーダーメードドレスを燃やすというパフォーマンス以外にも、2人がかつて一緒に過ごしたカラバサスのマライアの自宅が撮影場所に選ばれているなど、ミュージックビデオ内にはマライアからジェームズへに向けたメッセージがところどころに散りばめられているようだ。 歌詞にも「人を好きになったら、悪いようにあつかわない、私達が持ってたものをあなたはただぐちゃぐちゃにした。また私が戻ってくるって思ってるかもしれないけど、私は戻らない。戻らない」といったジェームズへの直接的なメッセージと思われる表現が含まれている。 そんなマライアは先日、ニューシングルのコンセプトについて話しており、自身のリアリティ番組『マライアズ・ワールド』の中で「ツアーが終わってから私の感情とただ向き合う時間を設けたの。そして、私が経験してきたことを表現するために曲に綴り始めたの。もし、本物の関係でいるはずの人から必要な愛を受けられないとしたら、なぜその状況に留まるのかしら?」と発言していた。...

「2016年で最低のパフォーマンスだった」「まさに2016年最後の“災厄”だった」   現地の大晦日にタイムズスクエアで行われた‘Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve’でのマライア・キャリー(46)のパフォーマンスがSNSを中心に、“集中放火”を浴びている。   大晦日、タイムズスクエアに大物歌手がパフォーマンスを行うことは恒例行事となっている。ジョン・レジェンドやデミ・ロヴァートなどが登場し、マライア・キャリーもパフォーマンスした。   しかし、複数の現地メディアは「マライアが口パクをしていたことは明らか。音楽と彼女の口や身振りが全く合っていなかった」と報じた。   自身のヒット曲を披露するも、このステージについてファンや、現地中継を見ていた視聴者からは非難が集中。これに対しマライア本人は、「音楽が全く聞こえなかった」と語っていたという。マライアは、新恋人である日系ダンサーのブライアン・タナカ(33)もステージに連れてきていた。 ...

X日本は国家哀悼の空気に取って東京のシンフォニックメタル・グループの1997年解散で、最盛期でより多くの熱のこもっ以下を想像するのは難しい – 押されていたであろう。 しかし、X、日本は世界の舞台ではるかに大きいだったかもしれませんか?帯域での新しいドキュメンタリーでは、キスのジーン・シモンズが発見X日本で彼の畏敬の念をに関し、彼らは世界最大のバンドされている可能性があり、ロッカーは、アメリカやイギリスのされていたことオピン。 10月21日上の選択された米国の映画館で開きます(3月に日本で出てきた)「私たちは、X、です」、日本の高空飛行の1980年代に空前の栄光を発見したバンドの台頭や乱流を探ります。 芳樹、物理的に虚弱が、音楽的に猛烈なドラマー、ピアニストソングライター率いる、X日本はスタジアム・ロックの電源からではなく、デヴィッド・ボウイ、西洋のクラシック音楽で確固たる基盤のグラム風にアレンジしたインスピレーションを取りました。 “我々は、Xがあります」...

ウイルスヒット「PPAP」の背後にある日本のコメディアンは彼の “ペンパイナップル・リンゴ・ペン」の歌の世界的成功によって驚きです。 ヘビとヒョウパターンと彼のトレードマークの黄色の衣装に身を包んだ、Pikotaroは金曜日、東京の記者会見で質問をとる前に、彼の45秒の曲の2分の「長い」バージョンをデビューしました。 彼の応答は笑っジャーナリストや他のパックされた聴衆を持っていたが、フィクションから事実を分離することは困難でした。 彼はコスト10万円($...

さて、私たちすべては、おそらくこの来るを見ている必要があります:フィフティシェード暗いだけの映画以上のものになるだろう。また、明らかに、仮想現実体験になるだろう。 締め切りによると、五十シェード暗い監督ジェームズ・フォーリーは、バーチャルリアリティ技術は、今後のフィルムのためのマーケティング資料を作成するために使用されていることを確認しました。 「ええ、私たちはその日の撮影が終了した後、俳優がオーバー滞在するとVRの人々がシーンのファクシミリを再作成し、[フィフティシェード暗いの]の後ろに、シーンにマーケティング資料をあり、「フォーリーは聴衆に語りましたパラマウントピクチャーズロットでVRイベントで。 そのいじめは、すべてのフォーリーが聴衆を与えたので、私たちはちょうどVR体験をファンがかかります正確にどのように深いアナスタシア・スティールとキリスト教グレーの世界に見つけるために、フィルムの2月10日のリリースに近づくまで待つ必要があります。  一方で、我々は再びトレーラーを見てのために解決する必要があります。...

アクタトムクルーズ、54、彼の新しいアクション映画のプレミアに出席するため、11月の22日タイムのため日本を訪問される”ジャックマジックハンド:戻ることありませんが”五”ミッションのため2015年の夏にここで最後だったクルーズを、:インポッシブル」フィルム、監督エドワード・ズウィックによって結合されます。 クルーズは、特にため、ファンとの彼の相互作用のため、日本では非常に人気があります。 彼の新しい映画の中で、2012年映画の続編”ジャックマジックハンド、”クルーズ、タイトル文字として彼の役割をリプライズ、クエストに一匹狼の元エリート軍の秘密エージェント、主要な政府の陰謀の背後にある真実を明らかにします。 映画は11月11日に日本でリリースされます。...

彼女の王室の夫ウィリアム王子 – – インドとブータンのツアーは今週、プリンセスケイトにしながら、それぞれのちょうどので、ブータンの国技であることを起こるアーチェリー、で彼らの手をしようとする機会を与えられました。最初に行ったのでしょう – ほぼ500フィート離れた場所に位置し、木製のターゲットでショットを取る – ケイトは彼女のスキルをテストするためにかかとにプレートにステップアップする前に。...