ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードへのDVを完全否定「殴れるわけがない」

0
270
ジョニー・デップとアンバー・ハード Johnny Depp and Amber Heard
ジョニー・デップとアンバー・ハード

女優アンバー・ハード(32)と2015年2月に結婚し、約1年後の2016年5月に離婚を申請された俳優のジョニー・デップ(55)。ドメスティック・バイオレンスを受けたと主張するアンバーと昨年に離婚が成立したが、ジョニーは男性誌『GQ』で改めてDV疑惑を否定した。

世界的なスターのジョニー・デップが妻アンバー・ハードに暴力を振るったという衝撃のニュースが届いたのは2016年5月。アンバーは痛々しい写真を公開して、ジョニーから「何度も蹴ったり殴られたりした」と主張していたが、ジョニー側は否定し、離婚は泥沼化していった。ジョニーは和解金700万ドル(約7億円)を支払い、アンバーはそれを小児病院とアメリカ自由人権協会(ACLU)の2団体に全額寄付。2017年1月に離婚が成立するも、ジョニーは今年、結婚中にアンバーから暴力を受けたという書類をイギリスで提出していた。

そんなジョニーは『GQ』誌に、2016年5月にジョニーからiPhoneを投げられて目にアザができたとアンバーが主張していた時のことについて、このように説明している。

「なんで警察に話さなかったって?」
「警察には言ったんだ。でも、警察は何も証拠を見つけることはできなかった。警察は彼女に救急救命士を手配すると言ってくれたんだ。彼女はノーと言ったよ。警察は彼女が怪我をしていないことを確認したんだ。現場に壊れたものもなければ、何かの跡もなかった。それで、彼女の検査のために救急救命士に診てもらうよう勧めてくれたよ。それでも彼女はノーって言ったんだ。次の日かその数日後に彼女にはアザができていた。赤いマークと茶色のアザがね。」

アンバーは次の日に写真家のアマンダ・デ・カディネットの誕生日会に出席し、アマンダはその時のもようを投稿したが(後に削除)、アンバーの右目と頰は髪の毛で隠れており、顔の痣は確認できなかった。ジョニーは「彼女は次の日はパーティーにいたよ。彼女の片目は閉じていなかった。彼女の髪でよく見えないけど、目を閉じていないのは分かるはずさ。25フィート(7.6メートル)も彼女から離れていたんだ。どうやって、僕が彼女を殴れるっていうんだ? 最後の最後までそんなことしないね。僕はバカな奴に見えるかもしれないけど、僕はそんなことをするほど愚かじゃない」とコメントした。

さらに、「この話をするべきじゃないかもしれない」「でも、僕は心配なんだ。彼女の話を信じている人のことも、彼女のことも不安要素のひとつだ。僕は決して戦うことはやめない。やめてほしいなら、僕を撃つしかない。こういうことが終わるには時間がかかるんだ」とも語っている。

また「アンバーは人生をかけて愛する人だった?」と聞かれたジョニーは「なんていうか、何だろう。一度は彼女と結婚したけどね」と述べ、今は恋人はいないと明かしたものの、「再び愛を見つけたいか」という質問には「ノー」とシンプルに答えた。

アンバーとのDV騒動のほかに、今年は映画『City of Lies(原題)』のクルーの1人に暴力を振るったとして訴えられているジョニー。事実は分からないが、名誉回復のために今後も戦い続けるようだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here