「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントン、リハビリ施設へ入所。

0
73

キット・ハリントンが、ストレスやアルコール依存の問題と向き合うためにリハビリ施設へ入所したそうだ。

キット・ハリントン Kit Harington
キット・ハリントン。

ファイナルシーズンを迎えた人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョン・スノウ役で知られるキット・ハリントンが、リハビリ施設へ入所し、ストレスやアルコール依存の問題と向き合うと決意したという。キットの代理人は「キットは、スケジュールの空きを利用して、個人的問題と向き合うためウェルネス施設への入所を決めました」と声明を発表。

ある関係者が「ニューヨークポスト」紙に話したところによると、キットは約1カ月前にストレスや疲労、アルコール依存の治療のため、コネチカット州にある高級リトリート、プリヴェ・スイスに入所したそうで、「キットは『ゲーム・オブ・スローンズ』が終わったことに打撃を受けたようです」「『これが終わりだ』って認識したんですね。長年ずっと頑張ってきましたから。『次は何だ?』って思ったんでしょうね」と明かしている。

また妻のローズ・レスリーについては「彼の妻ローズは、とても献身的です。彼に親しい人たちは、みんな彼の休息を願っています。今は静かな時間を必要としているのです」と続けている。月々の費用が12万ドル(約1300万円)の同クリニックでキットは、心理コーチング、瞑想、認知行動療法などの治療を受けているという。

そんなキットは先日、「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影を終えたときの心境を次のように語っていた。「撮影最終日。僕は何事もなく撮影を進めていったけど、最終シーンとなって過呼吸が始まった。そして『カット』となったら、僕は崩れてしまったよ。安堵と、もうこれをすることはないという哀しみが押し寄せたんだ」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here