『移動都市/モータル・エンジン』へスターとトムの新たな冒険が始まる本編映像解禁!

0
88
モータル・エンジン Mortal Engines

イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。

たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。
残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す―。

『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。

この度、へスターの素顔とヴァレンタインの正体を知ってしまったトムが、ヴァレンタインによってロンドンの外へ放り出されてしまう本編映像が到着致しました!

今回到着したのは、主人公ヘスター(ヘラ・ヒルマー)が、長年の復讐相手であるヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)に暗殺を試みるものの、ヴァレンタインを慕う青年トム(ロバート・シーアン)に邪魔され追われるワンシーン。
ロンドンから逃げ出すためにダストシュートに飛び込もうとするヘスターだが、トムに腕を掴まれた反動で、赤いマフラーで隠れていた顔の傷があらわに!驚くトムに対し、ヘスターは「見なよ!奴(ヴァレンタイン)は母さんを殺した!」と言い放ち、ダストシュートの底へと落ちて行く。信じがたい言葉に混乱状態のトムは、追いついたヴァレンタインにヘスターから衝撃的なことを伝えられたと打ち明けてみるも、その表情に違和感をみせるヴァレンタイン。嫌な予感を察し「もう行かないと…」とその場を去ろうとするトムだが、なんとヴァレンタインは「ああ、行きたまえ」と冷たい眼差しを見せながら、背面の手すりを蹴り破り、へスターが消えていったダストシュートへとトムを突き落としたのだった!果たして、ヘスターとサディアスの過去に一体何があったのか…?母を殺された復讐心だけを胸に生きるヘスターと、サディアスの裏の顔を知ってしまった事でロンドンから追放されたトムたちはどうなるのか!?

ヴァレンタイン対して真逆な感情を持ったふたりがスタートさせる壮大な冒険物語のきっかけを描いた重要なシーンとなっている本映像。
ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングは、ヘスターとトムについて「それぞれまったく異なる二人は偶然出会い、そしてお互いに協力し合わなければならない事態となる。この二人はそれぞれ道に迷ってしまっている。二人とも自分たちのギルドから追放されてしまったからね。お互いの違いを超えて協力し合う彼らの旅路は、とても魅力的な物語だ。本作は最初から最後まで彼らの旅路を辿りながら展開する。私にとってはそこが本作の魅力だね。」とコメントしており、2人が支え合いながら成長し巨大な敵に立ち向かっていく姿がどのように描かれていくのかますます期待が高まるばかりだ!ピーター・ジャクソンが新たに描き出す、若き反逆者たちの希望に溢れた冒険物語に是非ご注目いただきたい!

■製作:ピーター・ジャクソン
■監督:クリスチャン・リヴァーズ
■出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
■原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
■原題:Mortal Engines 
■(C)Universal Pictures
■公式HP:http://mortal-engines.jp

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here