アン・ハサウェイが『レ・ミゼラブル』(12)の役作りで減量し過ぎたため、体調を崩していたそうだ。アン・ハサウェイ。アン・ハサウェイが『レ・ミゼラブル』(12)の役作りで減量し過ぎたため、体調を崩していたそうだ。2012年の同作でファンティーヌを演じ、アカデミー賞助演女優を受賞したアンだが、その役作りに没頭するあまり短期間の大減量の果てに、病気になってしまったという。アンはピープルTVの『ザ・ジェス・ケイグル・インタビュー』でこう話している。「2週間で、不健康になるほどの減量をしたの。栄養学については何も知らなかった。自分の体に負担をかけて、しばらくの間、その事で頭の中はうんざりしていたの。当時とても不安や喪失感を感じていたわ。今回の減量は、長期的には健康にとって良いことなんてなかった。回復するまで本当に長い時間がかかったもの。そのせいで、病気がちだったしね」また当時、夫アダム・シュルマンと結婚したばかりで、自分の生活が見世物になっているようで不快に感じてもいたそうだ。...

アン・ハサウェイがHRCナショナル・イコーリティー・アワードを受賞する。 アン・ハサウェイがHRCナショナル・イコーリティー・アワードを受賞する。LGBTQコミュニティーなどへの慈善活動を評価されたアンは9月15日(現地時間)に開催されるHRCナショナル・ディナーの場で、米国最大のLGBT人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)から同賞を贈られると『ヴァラエティ』誌が報じている。 HRCのチャド・グリフィン代表はこう話している。「素晴らしい才能や勇気ある活動を通して、アン・ハサウェイは自らの影響力を使ってLGBTQコミュニティーを支援しています。LGBTQコミュニティーを狙った差別的な法律の非難から、職場における男女平等の率先まで、アンは数えきれないほどの世界中の人々達の生活に大きな変化を与えてきました」 同イベントにはジョー・バイデン元米副大統領が登壇する予定のほか、エリック・ホルダー元司法長官、ヴァージニア州の議員ダニカ・ローム、ネヴァダ州の州務長官候補のネルソン・アラウホらが出席する方向だ。 アンとその夫アダム・シュルマンは、2012年の結婚式の写真を販売して、その収益を同性婚に取り組んでいる団体に寄付したことで有名だ。また2016年にはLGBTQの差別を許す法案の阻止に向けてHRCが提出した請願書にもアンの名が連ねられていた。 さらにUNウィメンで親善大使を務めるアンは職場での男女平等を支援しているほか、慢性的な病気や命に係わる病気で入院している患者のために映画を上映するという活動をしているロリポップ・シアター・ネットワークの諮問委員会にも携わっている。 アンは2008年にLGBTQとの活動について、「私は自分のことをLGBTQコミュニティーの仲間という風に考えているわけではなく、家族の一員だと思っている。だから、家族に対してしなきゃいけないことをしているだけ。自分がしてほしいように、愛するとか、支えるとか、全てを受け入れるとかね。もし誰かが傷つけたら、酷い目に遭わせるわよ」と語っていた。loading... ...

華麗な先制攻撃! – アン・ハサウェイ(写真は2月末撮影) オスカー女優のアン・ハサウェイ(35)が、近いうちに「太った」と体形批判をされるであろうことを見越してInstagramで先制攻撃をした。 アンは「今、映画の役づくりのために増量しているの。うまくいっているわ」とワークアウト中の動画をアップして報告。それだけでは終わらず、「これからの数か月で、わたしのことをデブだと言って辱めようとしている全ての人たちへ。恥ずかしいのはわたしじゃない、あなたたちよ」と華麗に言ってのけた。 『レ・ミゼラブル』の演技で第85回アカデミー賞助演女優賞に輝くなど、確かな演技力と美貌で知られるアンだが、本国アメリカではアンチが多いことでも有名だ。アンは具体的な作品名は明かさなかったものの、この一撃にはアンチたちも黙るしかなさそうだ。 ちなみにアンは、『レ・ミゼラブル』では25ポンド(約11キロ)の減量をし、トレードマークだったロングヘアもばっさりカットする女優魂を見せていた。(朝倉健人)loading... ...

実写版映画『Barbie』(原題)のヒロイン候補からスケジュールの関係で降りたエイミー・シュマーの代わりに、アン・ハサウェイの名前が挙がった。この配役がSNSで賛否両論となったが、アン・ハサウェイに意外な人物から助けが入った。これを受けて、ヒロイン候補から降りたエイミー・シュマーが、ハサウェイを支持するコメントをインスタグラムに投稿したのだ。loading... ...

その知名度ゆえ数えきれないほど様々な人と付き合わなければいけない芸能人。だからこそ人付き合いは慎重にしなければいけないけれど、うっかり信じて交際した相手が犯罪者だったら……。そんな落とし穴にハマってしまった海外セレブたちをご紹介。 ミランダ・カー アン・ハサウェイ チャーリー・シーン サンドラ・ブロック エリザベス・ハーレイ パプースloading... ...

スターやセレブがゲストとして登場する人気番組、『カープール・カラオケ』や『エレンの部屋』は知っている人も多いかな?今回はこれらに続くアメリカで大人気の番組「Lip...

人気のトーク番組ホスト、ジミー・キンメルが現在、育児休暇中。生まれたばかりの長男に心臓疾患が見つかったためで、術後の経過を見守るためにホスト役をウィル・アーネットやクリスティン・ベルらにバトンタッチ。実はアメリカには育児休暇制度がほとんどなく、トランプ政権下で実現するかもという噂も。ジミーの育休所得が後押しする可能性もありそう。そこで育休を取得、もしくは推進するセレブをご紹介。 ジミー・キンメル アン・ハサウェイ ローラ・ダーン イヴァンカ・トランプ キム・カーダシアン ニーヴ・シュルマンloading... ...

ドナルド・トランプ米大統領がシリア難民の受け入れ停止やイスラム圏7カ国からの入国禁止令に署名したことに対し、アメリカのセレブリティらが“怒りの声”をあげている。   新年の挨拶の投稿を機に「SNSとしばらく距離をおく」としていた女優のアン・ハサウェイ(34)は、現地時間30日に「いまは黙っていられるときではありません」と自身のインスタグラムを突如更新。シリアで空爆を受け重傷を負った少女と、アンネ・フランクを並べた写真を投稿し、「アメリカは、コントロールできない状況によって人生が壊されてしまった人々を受け入れるだけの力を持つ国であるからこそ偉大なのです。(中略)我々は、必要に迫られ入国するひとたちを迎え入れる伝統を続けるべき、もしそれができないのであれば、我々に意味はありません」と、今回の入国禁止例に強い反対の声をあげた。   また、現地29日に行われた全米映画俳優組合賞(SAGアワード)の授賞式では、旧ソビエトウクライナから移民してきた妻を持つ俳優のアシュトン・カッチャー(38)が「空港にいる、私たちアメリカの一員であるみなさん、こんばんは。あなた達はアメリカ社会の一部であり、私たちはあなた達を愛し、歓迎します」と、入国禁止例への皮肉を口にしたと複数の現地メディアが報じている。   その他にも歌手のマドンナ(58)、アリアナ・グランデ(23)、女優のスカーレット・ヨハンソン(32)やエマ・ワトソン(26)らが就任式翌日の“反トランプ・デモ”に参加するなど、セレブリティ界はトランプ大統領の方針に“徹底抗戦”の姿勢を見せている。loading... ...

セレブビーチボディの写真loading... (sc_adv_out = window.sc_adv_out...