『スター・ウォーズ』などを超え、シリーズ映画史上No.1のハリー・ポッター魔法シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)より全国ロードショーとなる。この度、本作から登場する「ハリポタ」シリーズでお馴染みのダンブルドア先生の過去について演じるジュード・ロウやジョニー・デップが語る特別映像が解禁となった。 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』11月23日(金・祝)より全国ロードショー 本作でジュード・ロウが演じるのは、「ハリポタ」シリーズでお馴染みのホグワーツ魔法魔術学校のダンブルドア先生。多くの人々に愛されているダンブルドア先生だが、ジュードは「どのような人生を歩んできたのかそれを遡れることは凄く貴重で特別な経験なんだ」とダンブルドアを演じることについてやりがいを感じていたと語る。「ハリポタ」シリーズでは、歳を重ね校長先生であり、既に皆が知っているダンブルドア像が出来上がっているが、原作者のJ.K.ローリングは「ジュードに会ったとき私が知る限りのダンブルドアに関する情報を全て話したわ」と、ジュードの役作りに手をかしたことを明かす。...

女優アンバー・ハード(32)と2015年2月に結婚し、約1年後の2016年5月に離婚を申請された俳優のジョニー・デップ(55)。ドメスティック・バイオレンスを受けたと主張するアンバーと昨年に離婚が成立したが、ジョニーは男性誌『GQ』で改めてDV疑惑を否定した。 世界的なスターのジョニー・デップが妻アンバー・ハードに暴力を振るったという衝撃のニュースが届いたのは2016年5月。アンバーは痛々しい写真を公開して、ジョニーから「何度も蹴ったり殴られたりした」と主張していたが、ジョニー側は否定し、離婚は泥沼化していった。ジョニーは和解金700万ドル(約7億円)を支払い、アンバーはそれを小児病院とアメリカ自由人権協会(ACLU)の2団体に全額寄付。2017年1月に離婚が成立するも、ジョニーは今年、結婚中にアンバーから暴力を受けたという書類をイギリスで提出していた。 そんなジョニーは『GQ』誌に、2016年5月にジョニーからiPhoneを投げられて目にアザができたとアンバーが主張していた時のことについて、このように説明している。 「なんで警察に話さなかったって?」 「警察には言ったんだ。でも、警察は何も証拠を見つけることはできなかった。警察は彼女に救急救命士を手配すると言ってくれたんだ。彼女はノーと言ったよ。警察は彼女が怪我をしていないことを確認したんだ。現場に壊れたものもなければ、何かの跡もなかった。それで、彼女の検査のために救急救命士に診てもらうよう勧めてくれたよ。それでも彼女はノーって言ったんだ。次の日かその数日後に彼女にはアザができていた。赤いマークと茶色のアザがね。」 アンバーは次の日に写真家のアマンダ・デ・カディネットの誕生日会に出席し、アマンダはその時のもようを投稿したが(後に削除)、アンバーの右目と頰は髪の毛で隠れており、顔の痣は確認できなかった。ジョニーは「彼女は次の日はパーティーにいたよ。彼女の片目は閉じていなかった。彼女の髪でよく見えないけど、目を閉じていないのは分かるはずさ。25フィート(7.6メートル)も彼女から離れていたんだ。どうやって、僕が彼女を殴れるっていうんだ? 最後の最後までそんなことしないね。僕はバカな奴に見えるかもしれないけど、僕はそんなことをするほど愚かじゃない」とコメントした。 さらに、「この話をするべきじゃないかもしれない」「でも、僕は心配なんだ。彼女の話を信じている人のことも、彼女のことも不安要素のひとつだ。僕は決して戦うことはやめない。やめてほしいなら、僕を撃つしかない。こういうことが終わるには時間がかかるんだ」とも語っている。 また「アンバーは人生をかけて愛する人だった?」と聞かれたジョニーは「なんていうか、何だろう。一度は彼女と結婚したけどね」と述べ、今は恋人はいないと明かしたものの、「再び愛を見つけたいか」という質問には「ノー」とシンプルに答えた。 アンバーとのDV騒動のほかに、今年は映画『City...

ジョニー・デップが、映画『シティ・オブ・ライズ』(18)のスタッフに対する暴行容疑で訴えられている。ジョニー・デップが、映画『シティ・オブ・ライズ』(18)のスタッフに対する暴行容疑で訴えられている。ロケーション・マネージャーのグレッグ・’ロッキー’・ブルックスは、2017年4月にジョニーから肋骨を2度殴られたうえ、「顔面を殴り返したら」10万ドル(約1110万円)を払うと言われ、肉体的にも精神的にも傷ついたと訴えている。 裁判所文書によると、ブルックスはジョニーが「意図的かつ悪意を持って、原告を辱める目的で犯行に及んだ」と主張しているほか、撮影中のジョニーの「酩酊状態や短気さのせいで、非常に酷く危険な労働環境になってしまった」と非難している。 また、ブルックスはこの事件に対する訴訟の権利を放棄することへの同意を拒否したことによりその映画での仕事を失ったとしている。 ブルックスの弁護士アルベラ・アジジアンはこうコメントしている。「依頼人は将来同じようなことが起こらないように、デップ氏に現場での振舞いについて責任があると明確にしたいのです」。 一方で、今年初めに今回の事件が明るみになった際に、ブラッド・ファーマン監督はジョニーのことを擁護する声明を出している。 「ジョニー・デップは完璧なプロフェッショナルであり、素晴らしいコラボレーターであり、他のアーティストたちの支援者でもあります。彼はいつもスタッフや周囲の人間に敬意をもって接しています。映画の仕事はストレスが多く、大したことのない出来事も大ごとに扱われがちです。皆、物語は大好きです。しかし、ここにはそんなものはありません」。 2パックとノトーリアス・B.I.Gの殺人事件の捜査を題材に、フォレスト・ウィテカーも出演する『シティ・オブ・ライズ』は2018年9月に公開予定だ。...

“恋多き女”がハリウッドきってのモテ男とデート! ジョニー・デップの元妻アンバー・ハード(31)が、マドンナの元夫で数多くのハリウッドセレブと浮名を流してきたショーン・ペン(57)とデートしている様子を目撃された。 「オスカーのアフターパーティのあった日の夜に、アンバーとショーンが、深夜にサンセット・タワー・ホテルのタワー・バーのコーナー席で寄り添って座っていました。2人は赤ワインを飲みながらとても親密な様子で話していました。時おり笑っていることもありましたが、はたから見ればデートにしか見えませんでした」と関係者がPage...

ジョニー・デップがマリリン・マンソンのバンドに正式加入する可能性があるようだ。ジョニー・デップがマリリン・マンソンのバンドに正式加入する可能性があるようだ。マンソンはツイッターで140万人近くのフォロワーに向け、タイラー・ベイツやジル・シャロンと並び、バンドのギタリストとしてジョニーが正式メンバーになる話が浮上していることを伝えた。 レイプの疑いでベーシストのトゥイギー・ラミレズが最近解雇された同バンドについて、「ジョニー・デップがギターのポジションを検討中。いい話だよな?」とツイートしている。 2人は約20年来の友人として知られており、ジョニーはマンソンの『キル・フォー・ミー』や『セイ10』のミュージックビデオにも出演している。マンソンは最近モデルとして活躍しているジョニーの娘リリー=ローズのゴッドファザーでもあり、ジョニーはマンソンのステージにもギタリストとして頻繁に参加している。 ジョニーは2015年以来、アリス・クーパーやエアロスミスのジョー・ペリーと共にハリウッド・ヴァンパイアーズとして音楽活動もしている。...

7月1日(土)より日本公開となる映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。先日、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップも来日を果たし、いよいよ日本でも盛り上がりを見せている本作に世界的ロックスター、ポール・マッカートニーが出演することも話題に。この度、ついにその“海賊”ヴィジュアルが日本初解禁です!ポールの気になる役どころはジャック・スパロウの叔父の「アンクル・ジャック」! 濃いアイメイクにワイルドに編み込まれた髭を蓄えたその姿は、“ナイト”の称号を得たポールとは思えない、まさに海賊そのもの! 牢屋に投獄されたジャック・スパロウと偶然出会い、エキセントリックでユニークな会話を繰り広げ、歌声も披露しています。 今回の作品には出演していませんが、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズがジャック・スパロウの父親役を演じているのは有名! 本作で、元ビートルズのポール・マッカートニーがジャックの叔父役を演じるということはポールとキースは兄弟と言うことになるのか?と話題騒然! ポールが加わり、2大ロックスター+ジャック・スパロウという、華麗なる“ジャック・スパロウ...

俳優のジョニー・デップが、自身の金銭トラブルは元ビジネスマネージャーのせいであると反論した。今年1月、ジョニーは以前自身の資産運用を任せていたザ・マネージメント・グループ(TMG)に対し、詐欺や過失を理由に2,500万ドル(約28億円)を求める訴訟を起こしていたが、これに対しTMGは金銭トラブルの原因はジョニーの月200万ドル(約2億円)を浪費するライフスタイルにあったと反訴していた。 ジョニーは遂にこの一件について口を開き、もし自分に否があったのなら、TMGがもっと前に自身との契約を破棄していたはずだと指摘。ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューの中でジョニーは「僕は長年に渡って一生懸命働いてきたし、多くの人たちのことを信用してきたよ。中には僕のことをがっかりさせる人たちもいるけどね」「僕が管理不能な人物ならば、なぜクライアントから外さなかったんだろうね」とコメントした。 さらにジョニーは、お金の使い方を決めるのは自分自身であるため、それをとがめられる筋合いはないと続けた。...

壮大なスケールとアクションで贈る史上空前のエンターテインメント『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の日本版ポスターがついに解禁されました!公開されたポスターは、ジョニー・デップ扮する孤高の海賊ジャック・スパロウ、アカデミー賞俳優ジェフリー・ラッシュが演じるバルボッサの姿などおなじみのキャラクターと共に、新たな顔ぶれが並び、これまでにない冒険を想起させるビジュアルです。 顔面に亀裂が入り、殺気漂う表情を浮かべるのは、ジャックの前に立ちはだかる最恐の敵“海の死神”サラザール。本作には若き日のジャック・スパロウの姿も初登場しますが、“海の死神”となったサラザールとの因縁の秘密も描かれています。 海賊の全滅をもくろむサラザールは、ジャックに嵌められ全てを奪われ、不死の呪いをかけられました。そんなジャックへの復讐心から彼の命を狙いにやってきます。 「ジャック・スパロウ――...

11月23日(水)に日本公開される映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。その続編にジョニー・デップが出演することが明らかになった。ジョニー・デップが演じるのは魔法学校の校長ダンブルドアの親友であり、その後、悪に転じるグリンデルバルド。『ハリー・ポッター』シリーズで青年時代をジェイミー・キャンベル・バウアーが演じていたけれど、その後の人生をジョニーが演じるもよう。続編の公開は2018年の予定。 監督のデヴィッド・イェーツは「ジョニーは本物のアーティストだ。僕たちのポップカルチャーに共鳴するようなキャラクターをいくつも作り上げてきた。彼は本当に素晴らしい俳優だよ。彼が何をしてくれるのか楽しみにしている。彼は恐れ知らずで想像力豊かで、野心的だ。彼が何か楽しくて特別なことをやってくれると思っている」と大絶賛! またジョニーが大きく登場するのは続編だけれど、間もなく公開される1作目にもカメオ出演していることが明らかに。新聞「ミラー」曰く「ほとんど気がつかれないような登場の仕方をする」というから要注意! 作品ごとにまったく違うルックスで登場するジョニー。今度はどんなキャラクターを作りあげるのか、主演のエディ・レッドメインとどんな絡みを見せてくれるのか、乞うご期待!      ...