アン・ハサウェイが『レ・ミゼラブル』(12)の役作りで減量し過ぎたため、体調を崩していたそうだ。アン・ハサウェイ。アン・ハサウェイが『レ・ミゼラブル』(12)の役作りで減量し過ぎたため、体調を崩していたそうだ。2012年の同作でファンティーヌを演じ、アカデミー賞助演女優を受賞したアンだが、その役作りに没頭するあまり短期間の大減量の果てに、病気になってしまったという。アンはピープルTVの『ザ・ジェス・ケイグル・インタビュー』でこう話している。「2週間で、不健康になるほどの減量をしたの。栄養学については何も知らなかった。自分の体に負担をかけて、しばらくの間、その事で頭の中はうんざりしていたの。当時とても不安や喪失感を感じていたわ。今回の減量は、長期的には健康にとって良いことなんてなかった。回復するまで本当に長い時間がかかったもの。そのせいで、病気がちだったしね」また当時、夫アダム・シュルマンと結婚したばかりで、自分の生活が見世物になっているようで不快に感じてもいたそうだ。...