セレーナ・ゴメスは心の健康のために休みを取っていた間、テイラー・スウィフトから多大な支援と愛情を受けていたようだ。セレーナ・ゴメス、テイラー・スウィフト。Photo:...

雑誌『フォーブス』が毎年発表する「最も稼いだ女性ミュージシャン」ランキング。今年はケイティ・ペリーが返り咲き! 雑誌『フォーブス』恒例の「最も稼いだ女性ミュージシャン」ランキング。今回は2017年6月から2018年6月までの1年間が対象である。1位を飾ったのはケイティ・ペリー。2015年のランキングで首位を獲得したケイティが、今年8,300万ドル(約93.6億円)を稼いで返り咲いた。リリースしたアルバム「ウィットネス」のセールスは初週で18万枚と不調だったけれど、ワールドツアー「ウィットネス」の公演を対象期間中に80回行ったのが勝因。さらにオーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員のギャラも大きく貢献。2,000万ドル(約22.6億円)をもらっていると推定されている。loading... ...

もし、喧嘩中の相手がいたら、ケイティを参考に仲直りするきっかけを作ってみては? 2018年5月8日(現地時間)から、アルバム『レピュテーション』を引っさげて「レピュテーション...

テイラー・スウィフトのストーカーに10年間の保護観察処分 人気歌手テイラー・スウィフトと彼女の家族を殺すと脅していたというストーカーの男フランク・アンドリュー・フーバーが、実刑を免れたものの、10年間という長期の保護観察処分になったことが明らかになった。E!NewsやTMZなどの海外メディアが伝えた。 これまでに何人ものストーカーに悩まされてきたテイラーは2016年10月、フーバーにストーキングされて接近禁止命令を取得。フーバーは接近禁止命令を無視したため、同年11月に逮捕された。E!Newsが入手した裁判所の書類によると、フーバーはテイラーの父親であるスコット・スウィフトにもしつこくメールを送っていたという。 フーバーはテイラーと彼女の家族に殺害予告していたとされている。テイラーたちを「悪魔の極悪家族」と呼び、「いつかテイラー家の全員を葬り去ってやる。なぜならお前の娘がまき散らすくそウイルスに我慢ならないからだ」といった内容のメールを送っていたとのことだ。 裁判でフーバーは接近禁止命令違反の容疑に対し有罪を認めて、10年間の保護観察処分を課せられた。さらに最低でも最初の1年はGPS装置で、居場所を監視されるとのことだ。テイラーと彼女の家族から少なくとも1マイル(約1600メートル)の距離を保つ必要があり、精神鑑定や薬物乱用防止クラスの受講、所有する銃器の引き渡しや薬物検査に応じる義務があるという。これらの規則に違反すると、直ちに投獄される可能性があるそうだ。loading... ...

テイラー・スウィフトが、ラスベガス銃乱射事件で死亡した警察官に大量の花束を贈っていたことが明らかになった。 テイラー・スウィフトが、ラスベガス銃乱射事件で死亡した警察官に大量の花束を贈っていたことが明らかになった。 今月1日(現地時間)、同市内のマンダレイ・ベイ・ホテルからルート91ハーベスト・フェスティバル会場に向けて銃が乱射されたこの事件では、59人以上の死者と527人以上の負傷者を出した。今回テイラーは、事件の被害者の1人である警察官の死を悼み、その警官が所属していたカリフォルニア州パコイマにあるロサンゼルス警察フットヒル地区警察署に花束を贈ったようだ。 あるユーザーからのインスタグラムへの投稿では、その花束とテイラーへの感謝の言葉が記されている。「私たちが今回の事件で失った同僚に向けて、テイラーから沢山の花束が届きました。この美しい花たちが私たちに再び笑顔を運んでくれるでしょう。本当に感謝しています」。 また、テイラーは同様に今回の事件の被害者やその家族に対しても哀悼の意を表し、自身のツイッターに次のように綴っている。「ラスベガスでの今回の事件の被害に遭われた方やそのご家族の皆さんのことを考えるとあまりにも辛くて言葉になりません」。 テイラーにとって今回のような行動は初めてではなく、つい先週には女性ラッパーのカーディ・Bの『ボダック・イエロー』がテイラーの『ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて』に代わってビルボードチャート1位に輝いたお祝いとして花束を贈っていたことも明らかになっている。 当時カーディは、SNSに「とてもきれいで可愛らしいわ。テイラー素敵な花束をありがとう。あなたの音楽が大好きよ」と喜びのコメントを残していた。 さらに8月には同新曲のMVに出演したダンサーたち宛に「秘密を守ってくれた」お礼として花束を贈っており、その際もダンサーの1人がSNS上に写真を投稿しテイラーからの贈り物をファンたちに公開していた。    loading... ...

  歌手のテイラー・スウィフトが、セクシャル・ハラスメントの被害者を支援する「ジョイフル・ハート基金」に多額の寄付をした。 「ジョイフル・ハート基金」を立ち上げたマリシュカ・ハージティ テイラーは2013年にデンバーで行ったコンサートのバックステージでラジオDJのデヴィッド・ミューラーにお尻を触られたと主張し、その後の2015年にデヴィッドがテイラーの誤った主張により、仕事をクビになったとして損害賠償300万ドル(約3億3000万円)を求める訴えを起こした。テイラーもセクハラを受けたとして、わずか1ドル(約110円)を求めて逆訴訟し、現地時間14日にテイラーの訴えが認められた。テイラーは「私の願いは声を聞いてもらうべき人たちを助けることです。セクシャル・ハラスメントの被害者が自分たちを弁護するのを手助けする複数の組織に近いうちに寄付をします」とコメントした。 そして、そんなテイラーが現地時間16日に「ジョイフル・ハート基金」に“寛大”な寄付をしたとゴシップサイト「E!ニュース」は伝えた。このチャリティーの代理人は「ジョイフル・ハートはドメスティック・バイオレンスやセクシャル・ハラスメント、児童虐待のサバイバーへの我々の仕事をテイラー・スウィフトに認めて頂いて、光栄に思います」と表明している。 「ジョイフル・ハート基金」はテレビシリーズ「LAW...

  歌手のテイラー・スウィフトが、現地時間8日にコロラド州デンバーの裁判所に出廷した。 テイラーは2013年にデンバーで行ったコンサートのバックステージでラジオDJのデヴィッド・ミューラーにお尻を触られたと主張。デヴィッドはテイラーの誤った主張により、仕事をクビになったとして損害賠償300万ドル(約3億2700万円)を求める訴えを起こし、テイラーもセクシャル・ハラスメントを受けたとして訴え返している。 そして、テイラーは現地時間8日に出廷し、テイラーの弁護士は「今日、スウィフトさんはすべての女性のために立場を表明します」と話し、テイラーはこれまで何回も交流イベントを行ってきたが、一度もセクハラを受けたことがなかったと説明。さらに証拠の写真を提示し、セクハラの被害者にお金を払わせようとしていると主張していて、「スウィフトさんは女性がノーと言えることを示すために1ドル(約109円)を求めています」と明かした。 また、ディヴッド側は「彼はここに潔白を証明するために来て、明確に不適切に触ったことはないと主張します」とセクハラを否認している。loading... ...

テイラー・スウィフト(26)とゼイン・マリク(23)がコラボ曲を発表しました!! 米誌『People』によると、8日夕方(現地時間)にコラボ曲「I...