テイラー・スウィフト、ストーカーの男に10年間の保護観察処分

0
551
テイラー・スウィフト Taylor Swift
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトのストーカーに10年間の保護観察処分

人気歌手テイラー・スウィフトと彼女の家族を殺すと脅していたというストーカーの男フランク・アンドリュー・フーバーが、実刑を免れたものの、10年間という長期の保護観察処分になったことが明らかになった。E!NewsやTMZなどの海外メディアが伝えた。

これまでに何人ものストーカーに悩まされてきたテイラーは2016年10月、フーバーにストーキングされて接近禁止命令を取得。フーバーは接近禁止命令を無視したため、同年11月に逮捕された。E!Newsが入手した裁判所の書類によると、フーバーはテイラーの父親であるスコット・スウィフトにもしつこくメールを送っていたという。

フーバーはテイラーと彼女の家族に殺害予告していたとされている。テイラーたちを「悪魔の極悪家族」と呼び、「いつかテイラー家の全員を葬り去ってやる。なぜならお前の娘がまき散らすくそウイルスに我慢ならないからだ」といった内容のメールを送っていたとのことだ。

裁判でフーバーは接近禁止命令違反の容疑に対し有罪を認めて、10年間の保護観察処分を課せられた。さらに最低でも最初の1年はGPS装置で、居場所を監視されるとのことだ。テイラーと彼女の家族から少なくとも1マイル(約1600メートル)の距離を保つ必要があり、精神鑑定や薬物乱用防止クラスの受講、所有する銃器の引き渡しや薬物検査に応じる義務があるという。これらの規則に違反すると、直ちに投獄される可能性があるそうだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here